リクルートカードの海外旅行保険と国内旅行保険の利用付帯条件を解説

松本 博樹の画像

リクルートカードは、ポイント還元率の高さばかりがクローズアップされがちです。
ポイント還元率が1.2%もありますからね!

そんなリクルートカードには、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険も付帯しています。

もしメインでリクルートカードを使っていくのであれば、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険のこともおさえておきたいところ。

このページでは、リクルートカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の利用条件などについて紹介していきますね。

リクルートカードの海外・国内旅行保険の利用付帯条件

リクルートカードの保険は利用付帯

リクルートカードの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険はどちらも「利用付帯」となっています。

カードを持っているだけで自動的に保険適用になる自動付帯ではなく、旅行時にリクルートカードを使わないと保険が適用されません。

そのため、リクルートカードの保険はややこしくなっています。

ちなみに、JCB・VISA・MasterCardのリクルートカードのいずれも利用付帯です。

海外旅行傷害保険の適用条件と金額

リクルートカードの海外旅行傷害保険を適用させるためには条件があります。

まずはJCBのリクルートカードの海外旅行傷害保険から紹介していきますね。

気になる保険の金額は以下の通りです。

JCBリクルートカードの海外旅行傷害保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用100万円限度
疾病治療費用100万円限度
賠償責任2,000万円限度
携行品損害
(自己負担額1事故3,000円)
20万円限度
救援者費用等100万円限度

これが適用になるのは、リクルートカードで日本を出国する前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を支払った場合です。

わかりやすいところでいうと、航空券の支払いをリクルートカードでしておくと適用になるということですね。

この中で使う機会があるとしたら、傷害治療費用・疾病治療費用・携行品損害でしょうか。

最高の金額を見るのではなく、何かあったときに対処が必要になるところを見るのが大切ですね。

ちなみに、VISA・MasterCardの海外旅行傷害保険も金額はJCBとほぼ同じです。

参考:MUFGカードの海外旅行傷害保険

国内旅行傷害保険の適用条件と金額

リクルートカードは海外旅行傷害保険だけでなく、国内旅行傷害保険も利用付帯で対応しています。

海外旅行傷害保険よりも保険内容は薄く、そもそも使う機会もそんなに起こらないのではないでしょうか。

適用条件は、リクルートカードで「搭乗する公共交通乗用具」「旅館、ホテル等の宿泊施設」「参加する宿泊を伴う募集型企画旅行」の料金を支払った場合になります。

例えば新幹線の料金を支払ったり、ホテルの予約をリクルートカードで支払ったなどが条件になりますね。

別に自動付帯のクレジットカードを持っておくのが無難でおすすめ

リクルートカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は、利用付帯になっているため、条件のとおりに使ったと思っていても適用外になってしまう可能性もなくはないです。

そのため、リクルートカードとは別に海外旅行傷害保険が自動付帯になっているクレジットカードを持っておくのが無難ですよ。

エポスカードレックスカードだと年会費無料で持てるのに、海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。

リクルートカードプラスは海外・国内ともに自動付帯

今はもう申込できないのですが、過去は申込できていたリクルートカードプラスだと、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険ともに自動付帯になっていました。

もし今もリクルートカードプラスを持っているのであれば、引き続き使っていきましょう。

リクルートカードプラスの海外旅行傷害保険の金額は以下の通りです。

死亡・後遺障害最高3,000万円
治療費用100万円程度
賠償責任2,000万円程度
携行品損害20万円程度
救援者費用100万円程度

もちろん携行品損害は、1件あたり自己負担額3,000円が必要になります。あまり大した金額でなければ、保険を使う方が損になる可能性もありますので、気をつけましょう。

国内旅行傷害保険は、死亡・後遺障害だけが対象になっています。
その代わり、これが自動付帯になっていますよ。

一応、自動付帯にはなっているものの、使う状況にはなりたくないと思います。
そのため、気休め程度に考えておくのがいいかもしれません。

むしろ知っておくべきなのは、使っている本人ではなく、使っている人の家族でしょう。
何かあった時に保険の適用をするために使う可能性があるからです。

さいごに

ここでは、リクルートカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について紹介してきましたが、基本的にはリクルートカードで保険を使おうとすることをおすすめはしません。

他のクレジットカードで代用するほうが安心だと思います。

リクルートカードはポイントを貯めることに特化したクレジットカードとして使うのが一番いい使い方だと思いますよ。