Gmailの利用に必要なものは?Googleアカウントの作成方法・手順を解説します

NANAの画像

Gmail(ジーメール)は、Googleが提供している無料のメールサービスです。

そんなGmailに届いたメールは、パソコンやスマホ、タブレットなどいろいろな端末から閲覧することができるので、とても便利ですよ!

Gmailは、13歳以上でGoogleアカウントをもっている人なら誰でも利用可能です。

とはいえ、はじめてGoogleアカウントを作成するとなると、「本名や電話番号の登録は必要?」「手続きはむずかしいの?」など、気になることもあるかと思います。

そこで、このページではGmailを利用するために必要なGoogleアカウントを作成する手順を画像つきで解説していきますよ。

Googleアカウントを開設するときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Googleの利用に必要なGoogleアカウントの作成方法・手順を解説

GoogleアカウントとGmailについて

Googleアカウントを開設するまえに、GoogleアカウントとGmailについて紹介します。

Googleアカウントとは

Googleアカウントは、Googleが提供しているサービスを利用するときに必要なユーザーアカウントのことです。

イメージとしては、IDや会員証みたいな感じですね。
Googleアカウントをつかって利用できるサービスは次の通り。

  • Gmail:メールの送受信
  • Googleマップ:地図や目的地までの行き方などを検索
  • Googleカレンダー:予定の管理
  • Googleフォト:写真や動画をクラウドに保存
  • Googleドキュメント:文書などを共有
  • Google pay:携帯電話をつかったモバイル決済
  • YouTube:動画へのコメント投稿や、お気に入り登録などが可能

紹介したサービスは一部なので、サービス内容をもっと詳しく知りたい場合は、Googleの公式サイトを参照してみてくださいね。

参考:Googleのサービス紹介ページ

Googleアカウントを作成して、いろいろなサービスが使いこなせるようになると、仕事や勉強にも役立ちますよ。

もし、Googleアカウントをまだもっていないのなら、これを機にアカウント作成を検討してみるのもおすすめです!

Gmailとは

Gmailは、Googleが提供している無料のメールサービス。
Googleアカウントを作成すれば、利用できるサービスのひとつです。

主な特徴は次の通り。

  • アカウントの作成・利用は無料
  • アカウントは13歳以上なら作成可能
  • メールアドレスは「○○@gmail.com」と表記される
  • 携帯のキャリアを変えてもメールアドレスが変わる心配がない
  • Gmailに届いたメールはパソコンやスマホ、タブレットから閲覧することができる
  • メールの保存容量は15GBまで
  • アカウントは複数作成することも可能

インターネットで買い物をするときや、SNSのアカウントを開設するときに、メールアドレスを入力する欄がありますよね。

そこに携帯のメールアドレスを入力するときに、「大量の広告メールが来たらこまる」「携帯アドレスでSNSのアカウントを開設すると友だちにバレるから、いやだなぁ」と思うことってありませんか?

実はそういうときに、フリーメールアドレスを1つもっておくと便利なんです。

実際に、わたしも買い物をしたり、友だちにバレたくないTwitterのアカウントを開設したりするときには、Gmailをつかっています。

大量の広告メールも、いちいち開封せずにそのまま放置しているので、「広告メールにうんざりしている」というときにもおすすめ。

また、携帯のキャリアを、たとえばソフトバンクからdocomoに変えるときには、メールアドレスが「○○@softbank.ne.jp」から「○○@docomo.ne.jp」に変わりますよね。

一方、Gmailのメールアドレスは一度決めたら変わることがないので、「メールアドレスを変更しました」という連絡をする必要もありません。

このようにGmailはとにかく便利です!

ただし、Gmailを利用するには、まずGoogleアカウントの作成が必要なので、その手順をいまから紹介していきますね。

Googleアカウント作成に必要なもの

Googleアカウントを作成するときに、必要なものは以下の3点です。

  • 氏名:ニックネームでもOK
  • アカウント名:メールアドレスの@前になる部分。半角英字、数字、ピリオドが使える
  • パスワード:半角英字、数字、記号を組み合わせて8文字以上にする

氏名を入力する欄もありますが、ニックネームでもアカウントはつくれます

アカウント名は、ほかのユーザーと同じものはつかえないので、半角英字と数字、ピリオドをうまく組み合わせて考えてみてくださいね。

Googleアカウントの作成方法・手順

では、つづいてGoogleアカウントの作成方法・手順を画像つきで解説していきますね。

▼まず、Googleのアカウント作成ページにアクセスします。

Googleアカウント作成手順画像

▼「氏名」「ユーザー名(メールアドレスの@より前になる部分)」「パスワード」を記入して、「次へ」ボタンを押してください。

Googleアカウント作成手順画像

▼こちらの画面に切り替わると、Googleアカウントの発行は完了です。
つづいて、そのままセキュリティ保護などの設定をしていきましょう。

Googleアカウント作成手順画像

▼Googleでは不正ログインなどがあったときに備えて、電話番号や再設定用のメールアドレスの登録を求められることがあります。

電話番号やほかのメールアドレスを登録したくない場合は記入しなくても大丈夫ですが、生年月日と性別は入力しないと次のページに進めないので、入力してくださいね。

生年月日と性別を入力したら「次へ」ボタンを押しましょう。

Googleアカウント作成手順画像

▼Googleのプライバシーポリシーと利用規約に目を通します。

Googleアカウント作成手順画像

▼読みおえて問題なければ、「同意する」ボタンを押しましょう。

Googleアカウント作成手順画像

▼つづいて、Gmailを起動する場合は、GmailページにアクセスすればOKです。

Googleアカウント作成手順画像

▼ちなみに、はじめてアクセスするときには、以下の画像が表示されます。
携帯やタブレットからGmailをチェックしたいのなら、Gmailアプリをダウンロードしておくのもおすすめですよ。

Googleアカウント作成手順画像

参考:iPhone専用のGmailアプリはこちら
参考:Android専用のGmailアプリはこちら

さいごに

Gmailはパソコンからも、スマホからもチェックできるので、外出先でメールを確認したいときにも役立つサービスです。

Googleアカウントの作成も、とてもかんたんですし、ひとつアカウントをもっているとGoogleが提供しているさまざまなサービスも利用できるようになります。

「Googleアカウントを作成したい」と思ったら、ぜひ今回紹介した作成手順を参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

NANAのプロフィール