車のバッテリーが上がったときの対処方法、今後の対策などを紹介

スポンサーリンク

突然、車のバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなると困ってしまいますよね。

頭の中では、「車のエンジンは、かかるのが普通」と思っているので、相当焦るかと思います。

現に、バッテリー上がりでエンジンがかからなかったとき、車の構造や事情にうとい僕は、軽いパニック状態でした…。

このページでは、車のバッテリーが上がったときの実際の対処法、必ず入っている自動車保険のロードサービスを使ってみた感想、今後の対策などをあわせて紹介します。

車のバッテリーが上がったときの対処方法

予期せずバッテリーが上がってしまった!

いつバッテリーが上がるか、誰にもわかりませんよね。

僕の場合は子供たちを保育園に送り届けて、「さぁて、帰ろうかな」と思っていたときでした。

車のエンジンが、「キュッ……!キュッ……!」変な音がしてかからなくなってしまったんです。

……このままじゃ、自宅に帰れない。
すごく焦りましたよ。

ついさきほどまで、普通に車に乗れていたのに、不思議で仕方がありませんでした。

実際に試した対処法は自動車保険のロードサービス

車の構造の知識がない僕は、どうしてバッテリーが上がったのか見当がつきません。
そして、その対処法も具体的にどうすればいいのかも、さっぱりです。

とりあえず、そのとき僕がとった対処法は、「車保険のロードサービス」を頼ることです。

たしか、「何か困ったときは、ここに連絡して」とカード書いてあったぞ!

【車のバッテリーが上がる】自動車保険のカード

何が起こるかわからないので、常に財布の中に入れていたんです。

連絡してからエンジンがかかるまでの、おおまかな手順は以下のとおり。

  1. サポートセンターに電話する
  2. バッテリーが上がったことや、状況、現在地などを伝える
  3. サポートセンターが近くの業者を手配してくれる
  4. 業者が来て対応してくれる

見た目は、とても単純ですね。

すぐに終わりそうなイメージがあるかもしれませんが、例えばサポートセンターが混雑している場合は、電話がつながるまで時間がかかります。

また近くに業者がいない場合や、作業が立て込んでいる場合も時間がかかりますよね。

▼僕の場合は、こんな感じでした。

出来事時間
バッテリーが上がる8:50ごろ
サポートセンターに電話9:00すぎ
業者到着9:20ごろ
エンジンがかかる9:25ごろ

30分ほどで直ってよかったです…。

▼行われた作業はこんな感じで、ボンネットを開けてバッテリーを調べていましたよ。

【車のバッテリーが上がる】業者による復旧

プランによって料金などが違うかと思いますが、僕の場合は「年間で1回だけ無料」でした。

バッテリーが上がったのは夏の暑さが原因

車のバッテリーが上がってしまうのは、さまざまな原因があります。
実際僕が体験したバッテリー上がりは、夏場の暑さのせいでした。

夏って車の中がものすごく暑くなりますよね。
だからエアコンをフル稼働することが多かったんです。

また車の普段の運転は、保育園の送り迎えなど「一度に乗る距離が短い」と、それほど長距離を乗ることがありません。

エアコンをフル稼働すると、バッテリー内に蓄電されている電気を使用します。
あわせて、短距離運転ばかりだと、車の走行中にしっかりとバッテリーへ充電できません。

【車のバッテリーが上がる】エンジンルームの発電機
エンジンルーム内の発電機

これらの原因が積もり積もって、バッテリーが上がってしまった、ということでした。

実は車のバッテリーが上がったのは2度目で、1度目の原因は「バッテリーが古かった」ためです。

本当にいろいろな理由があります…。

同じ原因で再度バッテリーが上がらないための対策

一度経験したバッテリー上がりを、再度経験したくないですよね。
そのためには、対策をとることが重要!

▼対策として考えられるのは、以下のようなことです。

  • 定期的に車を走らせる
  • 充電器で定期的に充電する
  • 充電しても回復しない場合は、バッテリーを新しいものに交換する

「定期的に車を走らせる」といっても、雨天時しか車を使用しない場合や、たまにしか車を運転せず走行する距離が短い場合などは、あまり意味がありません。
どちらかといえば、バッテリーの寿命を短くしてしまいますよ。

また車を使っていないとき(停車中)にも、コンピュータ、カーナビ、オーディオなどのバックアップ電源として、バッテリーから電気を常に取り出しています。

何日も何日も車を使わなければ、バッテリーが上がってしまいますよ。

適度に車を利用するのが良いということですね。

バッテリーが上がった時のことを考え普段から準備しよう

先ほどの対策は、日々できることでした。
ここからは、万が一バッテリーが上がったときのための、備えを考えますよ!

▼考えられる備えは、以下のとおりです。

  • 自動車保険の連絡先を携帯電話などに登録しておく
  • JAFや、クレジットカード付帯のロードサービスを把握しておく

僕の場合は、自動車保険のロードサービスを利用しましたが、JAFに入会しているのであれば、JAFのロードサービスでもかまいません。

また、クレジットカードにはロードサービスの付帯サービスがあることも!
まったく知らなかったら、いざってときに役立ちませんよね。

▼ロードサービスがついているクレジットカードには、たとえば以下のようなものがあります。

さいごに

バッテリーが上がったときは、まずは落ち着きましょう。

自分で対処できる場合は自分でおこない、僕のように知識がさっぱりない場合は、ロードサービスを頼るのがいいですね。

また普段からの点検も重要です。
車の主治医のような、お店、町の修理工場など、普段からよく利用しておくに越したことはありません。

そして、素敵なカーライフをおくりましょう!

おまけ

もう車のことがさっぱりわからなくて、どうしようもない…。
そんなときは、JAFに入会しておくと便利ですよね。

以下のページで、ロードサービスや優待割引まで詳しく紹介しているので、よければ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!