Twitterの始め方・アカウント作成の流れ・プライバシー設定方法のやり方について徹底解説

スポンサーリンク

Twitter(ツイッター)は、国内で4,500万人、世界で3億3,000万人が利用するSNSです。

ニュースを見ていると、Twitterでの情報が取り上げられていたり、友人との会話のなかで「Twitterで~」なんて話題がでたりすることがあると、Twitterの仕組みはなんとなくつかめているかもしれませんね。

そんなTwitterですが、「いまから始めてみたい」というときに、どうやってアカウントを作成すればいいかわからない場合もあると思います。

そこで、このページではTwitterのアカウント作成方法・手順を画像つきで解説していきます。
家族や友人にアカウントがバレない設定方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Twitterの始め方・アカウント作成の流れ・プライバシー設定を解説

Twitterとは?

Twitterは、140字までのテキストや画像、動画を投稿できるSNSのことです。
長文が投稿できるブログとちがって、「140字以内の短文テキスト」というところが特徴のひとつ。

ちなみにSNSは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)もSNSに含まれますよ。

Twitterでは自分が興味をもっている人とつながったり、知りたい情報を探したりすることもできるなど、使い方もさまざまです。

もちろんTwitterをはじめたからといって、必ずしも自分から情報発信する必要はなく、ほかのユーザーの投稿を見るだけという使い方もできますよ。

Twitterのアカウント作成方法・手順について

つぎに、Twitterのアカウント作成方法の流れを画像つきで解説していきますね。

▼まずは、Twitterのトップページにアクセスします。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼アカウント名と、電話番号かメールアドレスを入力して、「次へ」ボタンを押します。
アカウント名はニックネーム、メールアドレスはGmailなどのフリーメールで大丈夫ですよ!

ツイッターアカウント解説手順画像

▼つづいて、環境のカスタマイズ画面にかわります。

自分の興味のある広告が表示されるのですが、「個人情報を知られているようで、ちょっと嫌だなぁ」と思うときはチェックをはずしておくことをおすすめしますよ。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼アカウント名と、登録したメールアドレス(もしくは電話番号)に不備がなければ、「登録する」ボタンを押しましょう。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼つぎに、登録したメールアドレス(もしくは電話番号のSMS宛て)に認証コードが送られるので確認してみてください。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼今回は、メールアドレスで登録したので、認証コードがメールで届きました。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼認証コードを入力したら、「次へ」ボタンを押します。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼さいごに、Twitterにログインするときのパスワードを入力して、「次へ」ボタンを押せば登録完了です!

ツイッターアカウント解説手順画像

▼そのままTwitterのプロフィール画像や自己紹介欄の登録にすすんでいきます。
あとで登録する場合は、「今はしない」ボタンを押しましょう。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼自己紹介欄は、自分の年代や職業、趣味などを記載しておくと、同じ属性の人からフォローされる可能性がアップしますよ。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼興味のあるトピックにチェックを入れておくと、関連したツイートやアカウントが表示されるようになります。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼おすすめアカウントの表示もあるので、興味があるアカウントがあればフォローしてみましょう。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼アプリのダウンロードをするかどうかの確認ページもあります。
必要なければ、「今はしない」で大丈夫ですよ。

ツイッターアカウント解説手順画像

▼ここまで入力がおわれば、Twitterのホーム画面が表示されます。
さっそくツイートしたり、フォローするアカウントを探したりして、Twitterを楽しんでくださいね!

ツイッターアカウント解説手順画像

アカウント名やユーザー名は変更できます

Twitterを使っていく中で、アカウント名やユーザー名を変更したくなることもあるかもしれません。

アカウント名やユーザー名は、あとで変更することも可能ですよ!

まず、アカウント名に使える文字は以下の通り。

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 漢字
  • 英数字 など

ユーザー名に使える文字は以下の通り。

  • 英数字
  • アンダーバー

ユーザー名は、ほかのユーザーと同じ名前は使えないので注意しましょう。
名前がかぶらないようにしつつも、覚えやすいユーザー名にしておくと使いやすいですよ。

Twitterのアカウント名やユーザー名を変更する方法については、以下で詳しく紹介していますよ。

Twitterのアカウントを知人にバレないように設定する方法

Twitterのアカウントを発行するときに、「リアルな知人にはバレたくない」という場合もあると思います。

友だちや家族にバレないよう、ひっそり使いたいこともありますよね。

Twitterのアカウント作成時には、電話番号やメールアドレスを登録する必要があります。
最初にきちんと設定をしておかないと、「知らない間に友だちにバレていた」なんてことがあるので気をつけましょう。

Twitterをはじめるときは、プライバシー設定をしておくと安心ですよ。
設定方法は次の通りです。

▼ホーム画面のとなりにあるプロフィール画像ボタンを押します。

ツイッターのプライバシー設定手順画像

▼つぎに「設定とプライバシー」ボタンを押してください。

ツイッターのプライバシー設定手順画像

▼つづいて、「プライバシーと安全」ボタンを押しましょう。

ツイッターのプライバシー設定手順画像

▼つぎは、「発見可能性と連絡先」ボタンを押してください。

ツイッターのプライバシー設定手順画像

▼発見可能性欄のところにある、2つのチェック項目にチェックをはずしましょう。
これでメールアドレスや電話番号で、ほかのひとに探される心配はなくなりますよ。

ツイッターのプライバシー設定手順画像

Twitterのアカウントは複数作れる?

Twitterを使うときに、「仕事用」「趣味用」などアカウントを使い分けたいと考えることもあるかと思います。

結論からいえば、Twitterでアカウントを複数作成することは可能です!

ただし、登録するときには別々のメールアドレスが必要になるため、以前登録したメールアドレスとは別のものを用意しておいてくださいね。

先ほど紹介した手順で、同じように新しいアカウントが作れるので、「もう1個アカウントがほしい」という場合は試してみてください。

ちなみにメールアドレスさえあれば、アカウント数の制限ありません。

とはいえ、アカウントを作りすぎると管理が大変になるので、そのあたりのことも考えて数を決めるといいですよ。

さいごに

Twitterは自分と同じ趣味をもつ人と知り合いになれたり、世間の関心が高いものを調べられたりと、さまざまな使い方があります。

お店や企業もアカウントつくって情報発信をするなど、広報活動の一環として利用しているところもありますよね。

Twitterはメールアドレスか電話番号の登録ができれば、かんたんに始められるSNSです。
興味があるのなら、まずは登録して気軽に始めてみましょう!

参考:iPhone版のTwitterアプリはこちら
参考:Android版のTwitterアプリはこちら

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る