FXで初めて10万円以上の損失したときの気持ち、原因、対策は?【パンダでもできるFX成績記録 #3】

パパンダの画像

FXの取引を始めて、3か月のパパンダ(@papanda_life)です!

「初心者だけど、100万円を元手にFX取引をしてみよう!」と思って始めたパンダでもできるFXの連載。

少しずつですが、FX取引にも慣れてきました。
最初は100通貨単位で始めた取引も、取引が3か月目になると10,000通貨単位に!

だんだんと行動も大胆になるものですね。
相場の読みがあたれば大きな利益になるけど、逆に損はとてつもないことになります。

だいたい外れることが、多いけど…。

普通に取引をするだけではなく、自動売買にも興味がでてきたので、少しだけやってみましたよ。

相場を読めるようになりたい!
そしてどうせなら、もっともっと成長する過程を見てもらいたいと思っています!

だからパンダでもできるFX成績記録のページを1か月ごとに作ってみることにましたよ。

このページは、毎週土曜日にその週の記録をつけていきますね。

FX取引を始めたころの基本情報について

まずは、FX取引を始めたころの基本情報を紹介します。

開始純資産1,000,000円
初取引日2019年5月9日
利用FX口座マネーパートナーズ
取引通貨単位100通貨

7月から1,000通貨

8月から10,000通貨に変更
レバレッジ1倍

元手の100万円が、どんどん増えてほしい…。

第8回:2019年8月3日時点のレポート

純資産992,711円
資産の損益-7,289円
先週からの損益-11,145円
取引経過日数77日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
TRY/JPY(トルコリラ/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
CAD/JPY(カナダドル/日本円)
GBP/USD(イギリスポンド/アメリカドル)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
AUD/ZND(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事自動売買をしてみる
全通貨単位に手を出してしまう

前回(2019年7月の終わり)の取引から取り入れたテクニカル指標の「ボリンジャーバンド」。

▼なんとなく見方がわかってきて、利益も出せるようになってきました。

【FX】USD/JPY

▼でもそんなときには、調子に乗ってしまうので、大損もします…。

【FX】AUD/JPY

▼なお、ボリンジャーバンドのことは、こちらのページで詳しく紹介しています。

利益が出ているときって、チャートを見るのも楽しいもの。
その反対で、損が出ているときは見たくない…。

ということは、ついついチャートを見てしまっているんですよね。
チャートを見ながら細かい取引をして、利益を出すものいいですが、どうせなら何もしていないときでも、利益が出てほしい!

そんなときのために、自動売買をしてみることにしました。

ASモード注文」を使用し、取引開始です。

▼調子に乗って、あれこれと通貨ペアを触ると、以下のように大変なことになりました…。

【FX】自動売買

原因としては、チャートが読み切れていないせいと、「損切り」の設定をしていなかったためです。

▼だから、「利食い」「損切り」ともに「30pips」に設定してみましたよ。

【FX】自動売買

その後、「20pips」に変えてみたり、設定せず購入したり、迷走…。
結局のところ、先週からの損益は-11,145円となってしまいました。

ASモード注文ってなに?

ASモードの「AS」とは、Auto Select(オートセレクト)の略です。

自動売買システムなので、「買い注文」を出したときは、設定した値段で「売り注文」も自動で設定してくれます。

プラスを出したいときの「利食い」と、マイナスを防ぐための「損切り」のことですね。

▼ASモードにチェックを入れてから注文を出します。

【FX】ASモード

pips(ピップス)ってなに?

pips(ピップス)は損益の単位で、50pipsに設定して10,000通貨で取引すると、プラスとマイナスは以下のようになります。

  • プラスの時:+5,000円
  • マイナスの時:-5,000円

つまり、pips(ピップス)の設定と取引通貨単位で、変わってくる感じですね。
たとえば、20,000通貨で取引すると、プラスマイナスは10,000円となります。

▼この画面では、30pipsに設定されていますね。

【FX】pips

自分の好きな数値に設定できるんですよ。

第9回:2019年8月10日時点のレポート

純資産1,006,156円
資産の損益+6,156円
先週からの損益+13,445円
取引経過日数84日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
行った取引や出来事取引通貨単位を1,000通貨から10,000通貨へ変更
「ボリンジャーバンド」と「一目均衡表」を併用

2019年7月の取引から、通貨単位を100通から1,000通貨に換えました
そこからまだ1ヶ月ほどしか経たないのに、2019年8月からは10,000通貨に!

大きく出ると、利益も大きくなりますよね。
損も大きくなるけど…。

そして、取引する通貨単位をアレコレと増やすと、わけもわからなくなってしまいます。
「USD/JPY(アメリカドル/日本円)に1本化!」にしてみることに。

また「ボリンジャーバンド」だけで取引をしていましたが、どうもうまくいかないので、「一目均衡表」も再度取り入れました。

▼やってきました「三役逆転」。

FX:三役逆転

▼完全にとらえることはできず、利益があったり損があったりといった取引状態です。

FX:三役逆転をうまくとらえられず

▼気持ちとしては、こんな感じ…。

▼でも、時々はうまくいきます!

一目均衡表ってなに?

▼一目均衡表とは、売買の均衡バランスをみるチャートのことで、以下のような画面のもの。

【FX】一目均衡表

為替相場の均衡バランスを、ひと目で確認できます。

すごく単純な指標としては、雲の上側でチャートが動いていると「上昇トレンド」、反対に雲の下側でチャートが動いていると「下降トレンド」というもの。

▼「雲」は、この表の「ボヤァ~」としている部分のことです。

【FX】一目均衡表の雲

▼このチャートは、雲の上側で動いているので、上昇トレンドと考えれますね。

【FX】雲の上にチャートがあるので、上昇トレンド

とてもわかりやすいんですよ。

三役逆転ってなに?

一目均衡表においての強力なサインのことです。

以下の3つの条件を満たしたときに、強力な「売り」のサインとなります。

  1. 転換線が基準線を下抜く
  2. ローソク足が雲を下抜く
  3. 遅行スパンがローソク足を下抜く

【FX】三役逆転

条件を覚えていないと発見できませんが、もし発見したときは「売り注文」を出してみてもいいかもしれませんね。

第10回:2019年8月17日時点のレポート

純資産888,571円
資産の損益-111,429円
先週からの損益-117,585円
取引経過日数91日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)
行った取引や出来事「一目均衡表」をメインに使用
取引を始めて大きな損を経験

この週は、FX取引を始めて、一番大打撃を受けています。
もう本当に泣きそうでした…。

雇用統計など、着目されている重要な経済指標はなかったのですが、米中貿易摩擦の影響で急展開!

このときはチャートを見ておらず、しかも「売り」のポジションを入れていたため、あれよあれよというまに、マイナスになっていきました。

「いや、これくら跳ね上がったんだから、きっと落ちるのも早いに違いない。もう少し待ってみるぞ」

そんなことを思ったりしますよね。
でも、だいたいはハズレてしまうので、さっさと損切りをしたほうがいいです。

マイナスをなんとか取り戻したくて、USD/JPYの通貨ペアだけでなく、あれこれとやってみましたが、あまりいい影響がありませんでした。

失うのは、本当にあっという間です……。

第11回:2019年8月24日時点のレポート

純資産896,643円
資産の損益-103,357円
先週からの損益+8,072円
取引経過日数98日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事その時の気分で取引

先週に大きな損を体験してしまったため、「また同じようなことが起こるのでは…」と思い、へっぴり腰になりました。

完璧なテクニックはありませんが、参考になる取引をやり方を本で読み、試してもみましたよ。

ただ、FXは何で動くかわからないところ。

またまた米中貿易摩擦の影響を受けました。
なぜだか、逆のポジションを持っていることが多く、「相場が読めてないな」と強く思う次第です。

その後も、パウエルFRB議長の発言でさらに下がる、下がる…。

こんなときは、マイナスをじっと眺めていても、どんどん膨らむだけなので、いさぎよく損切りをします。

そして、「売り」ポジションを入れ、相場に合わせた取引を行いました。

なので結果的には、先週より純資産は微増なわけなのです。

FRB議長ってすごいひとなの?

アメリカの雇用統計が、為替相場に影響をおよぼすのは、なんとなくわかる気がします。

でも、FRB議長の発言がどうして影響するのでしょうか。
アメリカ大統領でもないのに…。

FRBは、アメリカの中央銀行の役目を果たしています。
公定歩合・支払準備率・公開市場操作などの金融政策を行っているんですよ。

中央銀行と聞くと、大事な感じがしますよね。
日本でいうなら、日本銀行総裁が何か発言しているようなものですね!

このように、各国の中央銀行や金融政策当局などの要人発言は、為替相場に大きな影響力をもっているんです。

▼このひとが、パウエルさんです。

第12回:2019年8月31日時点のレポート

純資産886,127円
資産の損益-113,873円
先週からの損益-10,516円
取引経過日数105日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事その時の気分で取引

FX取引を始めて、100日以上が経過しました。

先々週に大損をした120,000円は、2週間やそこらで回復するわけもなく、じりじりと資金が減っております…。

気分次第で取引って、難しいなぁ。

▼そんななか、すごいひとを発見!

わずか半年で1,200円を100万円に増やしたとのこと。
す、すごい…。

僕もこうなりたいな、と思った8月終わりでした。

2019年8月の1ヶ月間取引した感想

2019年8月の取引は、とにかく初めて大損をしたので、正直心が苦しかったです。

「また、同じような取引をしてしまうのでは…」という、恐怖感もでてきて、なかなかチャートを見られませんでしたよ。

ただ、そんななかでも、ちょっとでも利益で出るとうれしくなってしまいます。
そして取引再開!

FX取引は、この繰り返しなんだということに気づけた1ヶ月だったと思います。

10万円以上の損失がでた原因と対策

10万円以上の損失がでた原因と対策を、考えてみましたよ。

▼原因としては、以下が考えられます。

  • 思い切った損切りができていない
  • 自動売買で損切りラインを設定していなかった
  • 世の中の流れ=「ファンダメンタルズ分析」ができていない

▼対策としては、以下のとおり。

  • 取引をのびのびにしないで、損切りをする
  • ファンダメンタルズ分析を行う

基本的なことばかりですね…。

さいごに

FX取引は、積極的に行わない限り、元手の金額が増えることはありません。
楽に稼げるのなら、誰でもやっていますよね…。

毎日取引をやっていくなかで、試行錯誤を繰り返します。
資金が増えたり減ったりしてしまいますが、ちょっとずつでもいいので、元手の金額増やしていきたいものです!

そして、心が砕けない程度に取引を楽しみたいと思っています。

おまけ:FXに関連した記事

このページでは、FXの成績記録について紹介してきました。

取引やFXの買い方について詳しく知りたい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。

参考:パンダでもできるFXの記事一覧はこちらから

この記事を書いた人

岡山県在住の主夫Webライター。お金の使い方は「ドケチ」、一方で奥様が「散財系」なので、困っています…。それでも僕としては「お金に愛されている」と思っていますよ。社会保険系・給与系でのお金のこと、福祉的なことをわかりやすく丁寧にお伝えします。あらゆる「手順系」も得意です!

パパンダのプロフィール