浴室クリーニングのおすすめ7社を徹底比較!メリット・デメリットについても紹介

NANAの画像

「浴室クリーニング」と聞くと、「それってやった方がいいの?」と思うこともあるかもしれません。

私自身も、これまでに浴室クリーニングの必要性を感じたことはなかったのですが、一度エプロン内部をそうじしようと思ってカバーを開けてみると、カビや髪の毛などの汚れが溜まっているのを見て驚愕…!

正直、汚すぎて「自分でそうじするのは、かなり抵抗がある…」と思ったので、プロにお願いしてみたところ、想像以上にキレイになり、友だちにはことあるごとに「エプロン内部のそうじ、した方がいいよ!」とおすすめしています。

「エプロン内部を今までそうじをしたことがない」という場合は、一度浴室クリーニングを検討してみるのがおすすめ。

とはいえ、はじめて浴室クリーニングをお願いするときに、どこに頼めばいいのか迷ってしまうこともあると思います。

そこで、このページでは浴室クリーニングサービスを提供している会社の特徴や料金についてまとめてみました。

実際に浴室クリーニングを利用してみてわかったメリット・デメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

浴室クリーニングのおすすめ会社を徹底比較

浴室クリーニングについて

浴室クリーニングとは、専門知識をもったスタッフが専門の道具をつかって浴室をそうじするハウスクリーニングサービスです。

家事代行でも浴室そうじはしてくれますが、家事代行はあくまでも日常的なそうじを行うもの。

エプロン内部などは専門の道具をつかってそうじをするため、家事代行のサービス範囲外というケースがほとんどです。

日常的なそうじではなく、「浴室をがっつりキレイにしてもらいたい」というときは、浴室クリーニングを利用するのがおすすめですよ。

所要時間は1.5時間~3時間ほど

浴室クリーニングの所要時間は1.5時間~3時間ほど。

エプロン内部や追い炊き配管内部クリーニングなどのオプションも利用する場合は、3時間以上かかるケースもあります。

場合によっては、予定していた所要時間をオーバーすることもあるので、浴室クリーニングをお願いするときは時間に余裕があるときに頼むようにしましょう

そうじ道具を用意する必要はありません

家事代行で浴室そうじをお願いするときには、スポンジや洗剤などを自分で用意する必要があります。

一方、浴室クリーニングはスタッフさんが専用の洗剤やそうじ道具を持参してくれるので、わざわざ道具を用意しなくても大丈夫ですよ。

浴室クリーニングのメリット・デメリットについて

浴室写真

まず、浴室クリーニングを実際に利用してみて感じたメリット、デメリットを紹介していきますね。

プロの手で浴室がキレイになる

浴室クリーニングを実際に利用してみて、一番に感じたメリットはやはり「プロの手で浴室がピカピカになる」という点です。

我が家では毎日お風呂に入るため、バスタブのそうじは毎日しているのですが、浴室の壁や床、蛇口などはたまにそうじする程度。

床や壁の隅には赤カビが発生していることもあります。
それがプロの手にかかれば、あっという間にキレイになるところは、利用してみてよかったと大いに感じたポイントです。

▼髪の毛やゴミが溜まりやすい排水溝も、この通りピカピカになりました!

カジタク浴室クリーニング後写真

おすすめはエプロン内部の高圧洗浄クリーニング

浴室クリーニングをお願いするときに、私が一番おすすめしたいのが「エプロン内部の高圧洗浄クリーニング」です。

正直なところ日常的な汚れであれば家事代行で浴室のそうじを頼むだけでも十分キレイになります。

私も何度か利用してみましたが、家事代行のスタッフさんも浴室をピカピカに仕上げてくださいますよ。

そこをあえて専門知識をもったプロが行う浴室クリーニングを頼むのであれば、ぜひやってみてほしいのがエプロン内部のそうじです!!

▼エプロン内部はエプロンカバーを外した中のことです。

カジタク浴室クリーニング前写真

写真でもわかると思うのですが、我が家は9年間エプロン内部を放置していたので、かなり汚れていますよね…。

スタッフさんに中の様子を見せてもらうと、髪の毛などのゴミも溜まっていて「うわ~…」という声が出てしまいました。

もちろんエプロン内部を自分でそうじすることも可能です。
でも、私は「奥までそうじするのは難しいな」「虫が出てきたら、どうしよう…」と思い、自分でそうじをするのは断念。

9年間の汚れですから、最終的には「これはプロにお任せしたほうがいい」と判断して、浴室クリーニングをお願いすることにしたんです。

▼ちなみに、ビフォーアフターはこちら。

カジタク浴室クリーニング前後写真

今回はカジタクの浴室クリーニングをお願いしたのですが、高圧洗浄機をつかってエプロン内部の奥までキレイにそうじをしてくださり、とてもキレイになりました!

個人的には、「浴室クリーニングをお願いするならエプロン内部のそうじがマストだよ!」と全力でおすすめしたいほど、エプロン内部のそうじ効果は感じています。

エプロン内部のそうじは、通常料金に含まれている会社もあるのですが、高圧洗浄機をつかったクリーニングとなると、オプションで追加料金を払う必要があります。

もし「長年の汚れが溜まっている」などの場合は、高圧洗浄クリーニングをお願いするのがおすすめですよ。

ちなみに「エプロン内部はまだキレイ」「エプロン内部は自分でそうじをするから大丈夫」という場合のときは、浴室クリーニングでなくても大丈夫です。

「排水溝をキレイにしてほしい」「赤カビをなんとかしたい」というのであれば、家事代行サービスを検討するのがおすすめですよ。

時間の節約になります

浴室クリーニングの2つ目のメリットは、「時間の節約になる」ということです。

我が家は共働きなので、お互い「休日はゆっくりしたい」という気持ちもあり、なかなか浴室を丁寧にそうじする時間がもてませんでした。

毎日お風呂に入りながら「そうじをしなくちゃ…」と考えるものの、それができていない状況というのは、小さなストレスだったんですよね。

その点、浴室クリーニングを利用すれば仕事をしたり、子どもと遊んだりと自分の時間をもつことができます。

特に、私のように働けば、働くだけ収入が増えるというような仕事のスタイルだと、かえってプロにお願いしたほうが効率がいいケースもありますからね。

もし「忙しくて家のことが、きちんとできない」という悩みをもっているなら、プロの手を借りるというのも一つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

デメリットはお金がかかることだけ

浴室クリーニングのデメリットといえば、やっぱりお金がかかることです。
相場は15,000円~20,000円ほどなので、気軽にお願いできる料金ではないですよね。

仮に自分でそうじをすれば、その分のお金を節約したことになりますから、正直「お金を節約したい」と考えているのなら、あまりおすすめはできません

プロにお願いするのは、どちらかというと「時間を節約したい」という場合におすすめのサービスだと思います。

とはいえ、「お金はかけられないけど、プロにそうじを頼みたい」というときも、あるかもしれませんね。
その場合は、浴室クリーニングを数年に1度のスパンで頼むと考えて、毎月(もしくは毎年)修繕費を積み立てていくのもおすすめ。

たとえば、カジタクで浴室クリーニング+エプロン内部の高圧洗浄クリーニングを2年おきにする場合、月約792円、年9,500円を積み立てておけばオーケーです。

3年おきなら月約528円と、さらに月々の負担は軽くなりますよね。

また、自分でそうじが難しいエプロン内部の高圧洗浄クリーニングのみを単品でお願いすると、より安く利用できますよ。

このように「やりたい」と思ったものがあるときに、「どうやったらできるか」に視点を当てて考えてみることも大切です。

我が家もさすがに毎年お願いするのはむずかしいので、数年スパンで修繕費として積み立てていこうと思っています!

浴室クリーニングサービスを提供している会社の一覧

実際に浴室クリーニングサービスを頼んでみようと思ったとき、どんな会社があるのか気になりますよね。

ここからは、浴室クリーニングサービスを提供している会社について紹介していきます。

おそうじ本舗

おそうじ本舗トップページ画像

おそうじ本舗の主な特徴は次の通り。

  • 対応エリア:全国
  • 料金:13,500円~17,000円(税抜)
  • 支払い方法:現金、クレジットカード払い、楽天ペイ
  • オプション:防カビコート、追い炊き配管内部クリーニング、浴室乾燥機クリーニングなど
  • 特徴:業界店舗数ナンバーワン

おそうじ本舗は、全国に1,412店あり、店舗数は業界ナンバーワンです。(2019年5月現在)

予約や支払いがネットで完結しないところは少し不便でしたが、浴室クリーニングのそうじ内容にエプロン内部のそうじが含まれています。

おそうじ本舗の浴室クリーニングのそうじ場所は次の通り。

  • 浴槽
  • エプロン内部
  • 天井
  • 照明
  • 窓(室内窓のみ)
  • 蛇口
  • シャワー
  • 壁面
  • 排水口
  • 換気扇(簡易清掃) など

もし、エプロン内部の高圧洗浄クリーニングだけの場合は8,000円(税抜)でお願いすることもできますよ。
そのほか、追い炊き配管内部クリーニングは23,000円(税抜)、浴室乾燥機クリーニングは10,000円(税抜)。

上記のサービスは、浴室クリーニングとセットにすると少し安くなるので、「汚れが溜まっていて、一気にキレイにしてもらいたい」というときは、数ヶ所をまとめてお願いするのもおすすめです。

ちなみに、おそうじ本舗でエアコンクリーニングを利用してみた感想は、こちらで詳しく紹介しています。

ベアーズ

ベアーズトップページ画像

ベアーズの主な特徴は次の通りです。

  • 対応エリア:1都1道2府19県
  • 料金:18,100円~23,100円(税抜)
  • 支払い方法:コンビニ・郵便局・銀行支払い、NP後払い
  • オプション:鏡・ミラーの機械洗浄、風呂釜配管洗浄など
  • 特徴:支払いはサービス終了後の後払い、LINE Pay請求書払いが可能

ベアーズの浴室クリーニングのそうじ範囲は、以下の通り。

  • 天井
  • 換気扇
  • 壁4面
  • シャワー掛け
  • シャワー本体
  • 蛇口
  • 鏡(手作業)
  • エプロンカバー
  • エプロン内部
  • 浴槽内
  • 温度調節機
  • 排水口
  • 洗面器
  • イス
  • 窓(内側)
  • 照明
  • 浴槽
  • ふた

ベアーズでは、洗面器やイスのそうじも含まれています。

支払い方法の特徴としては、NP後払いを選択すればLINE Pay請求書払いも可能というところですね。

LINE Pay請求書払いは、請求書のバーコードを読み取るだけで支払いが完了するので便利ですよ。

ただ、ベアーズは予約の際に電話で確認があるなど、すべてのサービスがネットで完結しないところは少し面倒な部分もあります。

対応エリアも全国ではないので、エリア外に住んでいる場合はそのほかの会社を検討してくださいね。

ちなみに、ベアーズの浴室クリーニングサービス提供エリアは次の通りです。

  • 北海道
  • 宮城県
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県

これらのうち一部の市区町村はサービス対象外なので、自分のエリアが対象かどうかは公式サイトで確認してみてくださいね。

なお、ベアーズの家事代行やハウスクリーニングを利用した感想はこちらで詳しく紹介しています。

カジタク

カジタクトップページ画像

カジタクは、イオングループが運営する大手家事代行サービス会社です。

主な特徴は次の通り。

  • 対応エリア:全国
  • 料金:13,500円(税抜)
  • 支払い方法:現金、NP後払い、クレジットカード、Amazon Pay
  • オプション:浴室床防カビコート、浴室乾燥機、浴室備品3点クリーニングなど
  • 特徴:サービスの予約から支払いまでがネットで完結、花王と厳選した人にやさしい洗剤を使用

カジタクはサービスの予約から支払いまでがネットで完結するため、「予約から支払いまでスムーズにおわらせたい」という場合におすすめです。

また、料金も簡潔でわかりやすく、使い勝手がいいところはカジタクのおすすめポイントの一つ。

支払いは基本的には事前決済で、クレジットカードかAmazon Payで決済します。
ただし、電話で申し込んだときはNP後払いにすることも可能です。

NP後払いにすれば、ベアーズと同じくLINE Pay請求書払いもできますよ。
現金払いにしたいときも、電話での申し込みをしてNP後払いを選択すれば大丈夫です。

なお、カジタクの浴室クリーニングの範囲は、次の通り。

  • 浴槽
  • 蛇口
  • シャワー
  • 排水口
  • 鏡(ウロコ取りは除く)
  • 天井

サービスの利便性はとてもいいのですが、残念ながらエプロン内部のそうじも浴室クリーニングに含まれていません。

エプロン内部をそうじしてもらいたいときは、オプションで浴槽エプロン内洗浄(6,000円)を追加で選択するといいですよ。

カジタクの公式サイトでサービス内容を確認する

料金的に見れば、他社よりも高く感じるかもしれませんが、実際に私が利用してみたときには「頼んでよかった!」と叫びたくなるほど、めちゃくちゃキレイにしていただき、大満足でした。

体験談はこちらを参考にしてみてくださいね。

CaSy

CaSyトップページ画像

CaSyは、業界最安値水準の家事代行サービスを提供している会社です。

主な特徴は次の通り。

  • 対応エリア:1都1府4県
  • 料金:15,000円(税抜)、乾燥機能付き浴室換気扇の場合は18,000円(税抜)
  • 支払い方法:クレジットカード払いのみ
  • オプション:なし
  • 特徴:サービスの予約から支払いまでがネットで完結

CaSyは、カジタクと同じく、サービスの予約から支払いまでがネットで完結します。

料金体系も簡潔でわかりやすく、サービスの利便性がいいところはメリットなのですが、そうじ範囲が少ないところは気になるポイントです。

CaSyの浴室クリーニングのそうじ範囲は、次の通り。

  • 浴室乾燥機
  • 鏡のウロコ取り
  • エプロン内部

浴槽や床のそうじなどもないため、浴室全体をキレイにしてほしいというときには、少し物足りない感じがしますね。
また、対応エリアも少ないので、利用できる人が限られそうです。

CaSyの対応エリアは、次の通りです。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 兵庫県

これらのうち一部の市区町村はサービス対象外なので、自分のエリアが対象かどうかは公式サイトで確認してみてくださいね。

私は以前、CaSyを利用したことがあるのですが、お掃除代行では浴室をピカピカにしていただきました。

エプロン内部など専門的なそうじはできないものの、浴槽や床、天井など日常的な汚れで落とせる範囲であれば、料金が安いお掃除代行を検討してみるのもおすすめですよ。

ダスキン

ダスキンの主な特徴は次の通りです。

  • 対応エリア:全国
  • 料金:18,000円(税抜)
  • 支払い方法:現金、クレジットカード、銀行振込
  • オプション:エプロン内部、浴室暖房乾燥機(換気扇)内部クリーニング、カビ防止コート、追い炊き配管内除菌クリーニング
  • 特徴:清掃事業に携わっているダスキンが運営

ダスキンの浴室クリーニングは、他社と比べると少し高めですね。

ダスキンの浴室クリーニングのそうじ範囲は、次の通り。

  • 照明器具
  • 換気口表面
  • 蛇口などの金属部分
  • 洗面器・シャンプーボトルなどの小物
  • 窓(内側)
  • 浴槽
  • 浴槽のふた
  • 排水口
  • 天井
  • 壁面
  • ドア

また、エプロン内部のそうじは料金に含まれていないため、必要であればエプロン内部のオプションつき(22,200円・税抜)を選ぶ必要がありますよ。

料金の安さを重視するならあまりおすすめはできませんが、ダスキンは清掃事業に携わっている老舗ということもあり、安心感はあるかもしれませんね。

また、全国に1,000店舗あるため、ほかの会社で対応エリア外に住んでいるのでサービスが受けられなかったときは、ダスキンでお願いできるかどうか探してみるといいですよ。

参考:ダスキンの公式サイトでサービス提供エリアを確認する

くらしのマーケット

くらしのマーケットのトップページ

くらしのマーケットの主な特徴は次の通りです。

  • 対応エリア:全国
  • 料金:業者によって異なる
  • 支払い方法:業者によって異なる
  • オプション:業者によって異なる
  • 特徴:最安値や口コミ評価が高い業者の検索がしやすい

くらしのマーケットは、登録している業者から自分の希望に合った会社が選べます。
スタッフさんの顔写真や口コミ評価も掲載しているため、「事前にどんな人が来るのかわかる」という安心感もありますよ。

また、絞込み検索では料金の安い順や口コミ評価が高い順で探すことも可能!
サイトの操作性が便利なところもおすすめポイントです。

「できるだけ安いところを探している」というときには、対応エリア内に安く請け負ってくれる業者がないか探してみてはいかがでしょうか。

なお、くらしのマーケットを利用した感想は、こちらを参考にしてみてくださいね。

生活手帖

生活手帖の主な特徴は次の通りです。

  • 対応エリア:全国
  • 料金:業者によって異なる
  • 支払い方法:業者によって異なる
  • オプション:業者によって異なる
  • 特徴:さまざまな業者を探して比較できるサイト、希望日時の空き状況から検索ができる

生活手帖は、くらしのマーケットと同様、さまざまな業者のなかから自分の希望条件に合った業者を探すことができる会社です。

実際に利用した人からの口コミも豊富なので、いろんな業者を比較検討したいときにとても参考になりますよ。

くらしのマーケットとの違いは、希望日時の空き状況から利用できる業者を絞り込み検索できるところです。
また、生活手帖では電話予約の必要もなく、依頼予約から支払いまでがネットで完結する点も便利ですよ。

「サービスの利便性を重視する」「最安値でお願いできるところを探している」のなら、生活手帖も候補にしてみてはいかがでしょうか。

参考:生活手帖の公式サイトを見てみる

浴室クリーニング各社の料金・サービス提供エリア数の比較

浴室クリーニングサービス各社の料金と、サービスを提供しているエリア数を比較してみました。

浴室クリーニングの各社の比較について
会社名浴室クリーニングエプロン内部の高圧洗浄提供エリア
おそうじ本舗13,500円~17,000円8,000円全国
ベアーズ18,100円~23,100円8,000円1都1道2府19県
カジタク13,000円6,000円全国
CaSy15,000円料金に含む1都1府4県
ダスキン18,000円11,000円全国
くらしのマーケット業者による業者による全国
生活手帖業者による業者による全国

※料金はすべて税抜。
※エプロン内部の高圧洗浄は、単品で注文した場合の料金。

一覧にしてみると、料金や提供エリアに違いがあることがわかりますね。

安さで選ぶならがくらしのマーケットがおすすめ

安さで選ぶなら、くらしのマーケットがおすすめです。

業者によってサービスのクオリティ面ではばらつきがあるかもしれませんが、安い業者を探すなら、やっぱり比較サイトで調べるのが一番。

なかには、浴室クリーニング+エプロン内部の高圧洗浄クリーニングのセット料金が9,800円と格安の業者もあるので、「とにかく料金が安い業者を探している」というときはチェックしてみてくださいね。

生活手帖もくらしのマーケットと同じく、登録している個人業者を一括比較できるサイトですが、最安値や口コミ評価順に検索することができないため、検索のしやすさでいえばくらしのマーケットのほうが便利です。

ただ、くらしのマーケットは現地支払いとなるので、サービスの予約から支払いまですべてネットで完結させたい場合は生活手帖で探してみるといいですよ。

参考:くらしのマーケットで浴室クリーニング業者を探してみる
参考:生活手帖でエアコンクリーニング業者を探してみる

一番おすすめはカジタク

総合的にみて、一番おすすめはカジタクです。
エプロン内部の高圧洗浄クリーニングのオプションをつけても19,000円。

料金面で考えると、くらしのマーケットや生活手帖のほうが安く利用できる場合もありますが、自分の住んでいる地域に安い業者がない場合は、対応エリアが全国のカジタクで探してみるのがおすすめですよ。

また、カジタクは予約から支払いまではネットで完結するため、使い勝手がいいところもイチオシポイントです。

参考:カジタクで浴室クリーニング業者を探してみる

さいごに

ベアーズそうじ代行アフター写真

浴室は毎日つかう場所だからこそ、キレイにしておきたいところですよね。

日常的な汚れであれば、家事代行の掃除代行でも対応できますが、エプロン内部など専門的な技術が必要なところをそうじしてもらいたいときには、浴室クリーニングを利用するのがおすすめですよ。

料金やサービスの利便性、対応エリアなど、どこに重点をおくかによって、選ぶ会社は変わってくると思います。
利用を検討しているときには、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

おまけ:家事の手間を減らすのに役立つ記事

家事の手間を減らすために役立つ情報を知りたいなら、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。