ふとんリネットの口コミ・評判は?申し込みの流れや実際に利用した感想まとめ

スポンサーリンク

「この羽毛布団、きっとダニとか汗まみれなんだろうなぁ…」と思いながらも、なかなか布団の洗濯ができずにいました。

自宅の洗濯機で洗ってみようかとも検討してみたものの、下手に自分でやってみて洗濯機が壊れたり、羽毛布団がダメになってしまうのも心配だったんですよね。

しかし、以前エアコンクリーニングをお願いしたときに、ほこりや黒カビだらけのエアコン内部を見て、「こんな状態じゃ、家族の健康にもよくないかも…」と思うようになり、思い切って布団クリーニングも頼んでみることにしました。

宅配クリーニングを利用するのが初めての場合、「どのくらいの期間で受け取りできるの?」「クリーニングの質はどうなの?」など、いろいろ気になることもあると思います。

そこで、このページでは、今回私がお願いした「ふとんリネット」について紹介していきます。
どんなサービスか興味があると思っているのなら、ぜひ利用するときの参考にしてみてくださいね!

ふとんリネットの口コミ・評判は?申し込みの流れ

ふとんリネットのサービスの特徴について

ふとんリネットは、ネット宅配クリーニングサービスやハウスクリーニングサービスを提供している株式会社ホワイトプラスの布団クリーニングに特化したサービスです。

ふとんリネットのサービスの特徴は次の通り。

  • 全国どこでネットから注文できる
  • 掛け布団、敷き布団、こたつ布団、肌掛け布団、寝袋、毛布の洗濯が可能
  • 料金は1枚8,800円~(税別)
  • 最短10日後にお届け
  • タンパク質分解酵素を使ってシミや汚れを落とす
  • 抗菌・防臭効果のある洗剤を使用
  • 布団専用乾燥室とタンブラーで仕上がりがふかふかになる
  • 布団保管サービスはなし

基本的なサービス内容は、他社とおおきく変わるところはありません。

料金も平均的ですが、ふとんリネットでは初回注文時は1,000円割引クーポンを利用することが可能。
また、LINE@で友達追加をすれば、1,200円割引になるクーポンがもらえます

クーポンを活用すれば、よりお得に布団クリーニングが利用できますよ!

ただし、ふとんリネットでは布団の保管サービスはありません

もし「収納場所がなくて、布団を使わない間は預かっていてほしい」という場合は、リナビスがおすすめ。
9ヶ月間無料で布団を預かってくれるサービスもありますよ。

布団を保管してもらいたいと考えているのであれば、リナビスを検討してみるのもいいですね。

利用料金について

ふとんリネットの宅配クリーニングの利用料金は、次の通りです。(※すべて税別料金)

【布団クリーニング】

  • 1枚:8,800円
  • 2枚:11,800円
  • 3枚:12,800円
  • 4枚:14,800円

5枚目以降は、上記の料金に対して1枚につき3,000円が加算されていきます。

また、クイーンサイズの布団の場合は+500円、キングサイズの布団は+1,000円が別途必要です。

【毛布クリーニング】

  • 毛布1枚:1,500円
  • ひざかけ毛布1枚:1,429円
  • タオルケット:2,040円

毛布クリーニングを利用できるのは、こたつ毛布やかいまき、キャメル毛布、ウール、化繊、綿などの毛布です。

こちらも、布団クリーニングと同様に、クイーンサイズの毛布の場合は+500円、キングサイズの毛布は+1,000円が別途かかりますよ。

【そのほかのクリーニング】

  • ベビー布団:2,500円
  • 枕、クッション(縦横高さの合計100cm未満):2,000円
  • 枕、クッション(縦横高さの合計100cm以上):4,000円
  • シーツ:シングル・セミダブル・ダブル1,220円、クイーン1,630円、キング2,040円
  • 枕カバー:870円
  • 座布団カバー:1,220円
  • 敷きパット:シングル・セミダブル・ダブル2,990円、クイーン3,490円、キング3,990円

ふとんリネットでは、ベビー布団のクリーニングもできるので、赤ちゃんがいるファミリーにもおすすめです。
送料は6,000円以上で無料。

料金についてもっと詳しく知りたい場合は、公式サイトの料金シミレーションを利用してみてくださいね。

参考:ふとんリネットの公式サイトで料金シミレーションをしてみる

集荷日からお届け日までの日数

ふとんリネットでは、集荷日からお届け日まで最短10日です。
たとえば、集荷日が10月1日なら10月10日には、クリーニングに出した品物が返ってくるということです。

最長で20日までなので、お届け日は集荷日から20日以内に設定するようにしましょう。

ふとんリネットには長期の保管サービスがないため、どちらかというとクリーニングに出したらすぐに使いたいというときに利用するのがいいと思います。

ふとんリネットに申し込みする流れ

ここからは、ふとんリネットの布団クリーニングに申し込みする流れを画像つきで紹介しますね。

▼まず、ふとんリネットのトップページにアクセスします。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼そのまま画面を下にスクロールさせて、「ふとんリネットを申込む」ボタンを押します。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼専用バッグの個数やクリーニングに出す品物の種類など、申し込み内容を入力していきます。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼氏名や住所、電話番号なども、もれなく記入していきましょう。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼支払い方法は、クレジットカードか代金引換から選べます。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼@LINEで友達追加をしたときのクーポンコードなどを入力すれば、割引価格で利用できますよ。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼入力内容に不備がないか確認します。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼問題なければ、「注文を確定する」ボタンを押しましょう。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼こちらの画面に切り替われば、申し込みは完了です!つぎに布団クリーニングの発送キットが届くまで待ちましょう。

ふとんリネットの布団クリーニング申し込み手順画像

▼布団発送キットは自分で指定した日に届きます。

ふとんリネットの郵送キット写真

▼布団発送キットのなかには、専用バッグ、キット用圧縮袋、結束バンド、説明書が入っていました。

ふとんリネットの郵送キット中身写真

▼発送の流れや圧縮袋の利用方法は、説明書に写真つきで詳しく解説しています。

ふとんリネット発送キット説明書写真

▼今回は、羽毛布団を2枚クリーニングに出すことにしました。

ふとんリネットでクリーニングに出した羽毛布団写真

▼圧縮袋には、布団を1枚ずつ入れます。

ふとんリネットでクリーニングに出した羽毛布団を圧縮した写真

▼布団を入れたら隙間のないよう、しっかりと封をしていきましょう。

ふとんリネットでクリーニングに出した羽毛布団を圧縮した写真

▼封をしたら、専用の穴にそうじ機も当てて圧縮していきます。

ふとんリネットでクリーニングに出した羽毛布団を圧縮した写真

▼圧縮して小さくなった布団を専用バッグに入れます。

ふとんリネットでクリーニングに出した羽毛布団を圧縮して専用バッグに入れた写真

▼発送キットに同封されている結束バンドで、ファスナーをしっかりと留めれば梱包はこれでオッケー。
あとは、宅配業者に荷物を取りにきてもらえば、発送作業はおわりです。

ふとんリネットでクリーニング結束バンドで留めている写真

▼後日、指定日にクリーニングされた布団が届きました!

ふとんリネットでクリーニング後写真

▼布団はキレイに圧縮された状態で届きましたよ。

ふとんリネットの布団クリーニング後写真

▼袋から取り出した布団は、いやな匂いなどもなく、キレイになって返ってきましたよ。

ふとんリネットでクリーニングした布団写真

今回、ふとんリネットの布団クリーニングに申し込みをした流れは、以下の通りです。

  • 申込日:7月27日(土)
  • 集荷日:8月5日(月)
  • お届け日:8月28日(水)
  • 申し込みからお届け日までは、約1ヶ月でした。

    実際にふとんリネットの布団クリーニングを利用してみた感想

    ふとんリネットの布団クリーニングを利用してみた感想をまとめました。

    仕上がりには満足です

    ふとんリネットでクリーニングした布団写真

    布団クリーニングは初めて利用しましたが、その仕上がりには満足しています。
    包装も丁寧でしたし、クリーニングの布団はいやな匂いなどもなく、キレイな状態で返ってきました。

    布団は圧縮された状態で届いたので、袋から取り出してすぐのときはなかなかふかふか感が戻らず、「ぺちゃんこのまま、元に戻らなかったどうしよう…」という不安もありましたが、しばらく放置していると膨らんできたのでホッとしましたね。

    正直、ダニやホコリは目に見えないので、どれだけキレイになったかはわかりにくいですが、やはり「自分で洗濯してだめになるかも」と心配するより、プロにお任せしたほうが安心感も違います。

    自分で洗濯する手間と労力も省けたので、時間の節約にもなりました!

    クリーニング店に持っていかなくてもいいので楽でした

    今回は、ネットから注文できる宅配クリーニングを利用したので、わざわざクリーニング店に布団を持ちこむ必要がなくて楽でした。

    私が普段利用している最寄りのクリーニング店では、布団クリーニングを受けつけていません。

    そのため、布団をクリーニングに出そうと思ったら、車に乗って少し離れた場所までいく必要があるんですが、運転するのは夫です。

    となると、クリーニング店に行くのは夫の休日になるものの、休みの日は食材の買い出しなど、いろいろとやることがあって、結局クリーニング店に行けなかった…ということに。

    布団クリーニングをしようと思っても、なかなか重い腰があがらなかったのは、こういった理由もあるんですよね。

    ところが、今回は宅配クリーニングで、布団は宅配業者が自宅まで取りにきてくれるため、外出する必要は一切なし!

    自宅にいながらにして、布団クリーニングに出せるのでとても便利です。

    洋服とちがって布団は荷物にもなりますから、「布団をクリーニング店へ持ちこむのは面倒」「近くに布団クリーニングをやっているお店がない」という場合は、宅配クリーニングを活用するもありだなと思いました。

    収納スペースが確保できてよかったです

    我が家では羽毛布団を使わない時期になると、圧縮袋に入れて、クローゼットのなかに収納していました。

    ただ、自分でやるとどうしても形が悪かったり、きちんと圧縮できていないことがあったりして、見た目があまりよくないなぁ…と思っていたんですよね。

    ▼ですが、今回ふとんリネットでクリーニングをお願いした後に自宅に届いた布団は、キレイに圧縮された状態で届きました。

    ふとんリネットの布団クリーニング後写真

    正直、自分ではこんなにキレイに布団の圧縮ができません…。

    ▼クローゼットに入れると、見た目もかなりすっきりしていて気持ちいいです!

    クローゼットに収納した布団写真

    布団は使う時期になるまで、このまま押し入れやクローゼットなどに入れておけばいいので、収納スペースも確保できますね。

    ▼ちなみに、圧縮包装の場合は最大6ヶ月ほど収納可能です。

    ふとんリネットの注意書き写真

    開封後は、3~4時間ほど風通しのいい日陰で干してから利用するのがいいみたいですよ。

    デメリットはお金がかかることだけ

    利用してみて、いいことだらけだったふとんリネットの布団クリーニングですが、唯一デメリットをあげるとしたら、やはりお金がかかることですね。

    たとえば、近くのクリーニング店に布団を持ちこむ場合だと、1枚3,000円~4,000円でできるところもありますし、自分で洗濯するならもっと料金はおさえられます。

    今回、羽毛布団2枚の布団クリーニングをするのにかかったお金は、1,200円オフのクーポンを利用して11,544円(税込・消費税8%時)。

    持ちこみや自分で洗濯する場合と比べると、どうしても割高になってしまいますよね。

    ただ、自宅にいながらにしてすべてのサービスが完結したところは、かなり時間の節約になりました。

    休日に夫に頼んでクリーニング店に連れていってもらい、後日また仕上がった布団を取りにいく時間と労力、ガソリン代のことを考えれば、料金は少し高くなりますが、ふとんリネットをお願いしてよかったなと思います。

    宅配クリーニングは「お金を節約したい」というよりも、「時間の節約をしたい」と思っているときに「ぜひやってみてください!」と推したいサービスですね。

    ふとんリネットを利用するときの注意点

    ふとんリネットを利用するときの注意点をまとめました。

    取り扱いができないものもあります

    ふとんリネットでは、対象になっているものでも、場合によってはクリーニングができないものもあります。
    取り扱い対象外の品は以下の通りです。

    • マットレス(ベビー用含む)
    • 破れがあったり、穴があいている品物
    • 汚れ、臭いがあまりにも酷いもの
    • 嘔吐・排泄物が付いている品物
    • ペットの毛が大量についたもの
    • 濡れている品物
    • ムートン素材の寝具類
    • 電気毛布や電気毛布等の機械が付属されている品物
    • ビーズを使用したもの(クッション・枕など)
    • カーテン
    • カーペット(一部こたつ布団を含む)
    • 生地や中綿にシルクが含まれている布団
    • 低反発マットレス 、枕
    • 色が濃い柄物、色落ちの可能性のある品物
    • ソファーカバー
    • 玄関マット
    • ノンキルト(糸の縫い付けではなく接着剤でとめられている)品物
    • 磁気毛布
    • 本革使用の布団寝具類
    • そばがら枕
    • ファートン
    • ムアツ布団
    • ぬいぐるみ  …など

    上記の品はクリーニングに出せないので覚えておいてくださいね。

    汚れは落ちないこともあるので注意

    クリーニングを利用するときに、黄ばみなどのシミや汚れがきちんと落ちるかどうか気になることもあるかと思います。

    ただし、クリーニングに出したからといって、かならずしもシミや汚れが落ちるとは限りません

    ふとんリネットでは、専用の洗浄機で布団などを丸洗いしてクリーニングをしますが、汚れてから時間が経ってしまったものは、どうしてもキレイに汚れが落ちないこともあります。

    もし汚れに気づいたときは、クリーニングに出す前に、自分でできる範囲で汚れを落としてから出すのがおすすめです。

    支払い方法はクレジットカードか代金引換のみ

    ふとんリネットの支払い方法は、クレジットカードか代金引換の2種類です。
    代金引換の場合は、別途300円がかかるので気をつけてくださいね。

    なお、クレジットカードで支払いをすると、カード払い分のポイントがもらえます。
    よりお得に利用したいのなら、還元率の高いクレジットカードを活用するのがおすすめですよ。

    参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
    参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

    「布団発送キット」発送後はキャンセル料が発生します

    ふとんリネットでは、注文後のキャンセルも可能です。
    ただし、キャンセル料がかからないのは「布団発送キット」の発送前のときのみ

    「布団発送キット」の発送後に、キャンセルする場合は、元払いで「布団発送キット」を送り返す必要があるので気をつけてくださいね。

    また、集荷依頼日から1ヶ月以内に集荷が完了しない場合は、キャンセル料980円(税抜)と、注文した圧縮袋代金400円(税抜)がかかります。

    余分なお金を払うのはもったいないので、手続きはきちんと済ませておきましょう。

    さいごに

    忙しいときは、クリーニング店にいこうと思っていても、「ああ、また忘れてた…!」となかなか行けないことってありませんか?

    宅配クリーニングはネットで注文できますし、品物の受け渡しも自宅でできるので、忙しい人にはとてもぴったりなサービスです。

    私も今回、宅配クリーニングを初めて利用してみましたが、自宅にいながらにしてすべてのサービスが完結するところは本当によかったと思いました。

    ただ、料金が高いところだけが唯一のデメリット。

    場合によっては、「新しく布団を買い換えたほうが安い」ということもあるので、布団クリーニングは「高価な布団を長く使い続けたい」というときに利用するのがいいなと思います。

    「布団クリーニングってどうなのかな?」と考えているなら、布団を買い換えたときのコスト面も考えて検討するのがおすすめ。

    なお、ふとんリネットでは、初めての注文時なら1,000円の割引が、LINE@のお友達追加で1,200円の割引が受けられます。

    布団クリーニングをお願いするなら、割引サービスをぜひ活用してくださいね!

    おまけ:そのほかの宅配クリーニングについて

    そのほかの宅配クリーニングについて知りたいときは、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

    スポンサーリンク

    このページをシェアする!

    ノマド的節約術の裏話

    ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

    この記事を書いた人

    NANA

    1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

    執筆メンバの一覧を見る