秋雨とは何?時期はいつごろ?意味や特徴、台風との関係、おすすめの過ごし方について徹底解説

スポンサーリンク

秋雨(あきさめ)という言葉は聞いたことがありますか?
ふだんの生活では、聞き慣れない言葉ですよね。

しかし、天気予報などで出てくる「秋雨前線(あきさめ ぜんせん)」はなんとなく聞いたことがないでしょうか。

秋雨は、秋雨前線の元になった言葉で、古くから日本で使われている気候を表す言葉なんですよ。

秋雨は、夏の終わりごろから秋にかけて雨が続く時期を指します。
ちなみに俳句では、秋を表す季語にもなっていますよ。

しかし、梅雨はよく知られているのに対して、秋雨について具体的にどんなものかわからないですよね。

そこで、このページでは秋雨の時期や意味・特徴、台風との関係、おすすめの過ごし方について紹介していきますね。

秋雨とは何?時期はいつ?特徴や台風との関係・おすすめの過ごし方

秋雨とは?8月終わりから10月にかけて長雨が続く時期のこと

まず、秋雨とはどんなものかについて紹介しますね。

秋雨は、名前の通り秋に雨がよく降る時期のことです。
読み方は「あきさめ」。

別名「秋雨(しゅうう)」「秋霖(しゅうりん)」などとも呼ばれます。

秋雨の場合の秋は、暦の上での秋を指しますが、実際の生活上での季節である秋とは時期が少しずれていますよ。

秋雨の時期は、8月終わり頃から10月中頃までです。
この時期になると、日本各地で長雨が続きます。

長雨が続く理由は、梅雨と同じような気圧配置になるためです。

そのため天気予報では、梅雨の時期の「梅雨前線(ばいうぜんせん)」に対して、秋雨の時期の前線を「秋雨前線」と呼んでいます。

秋雨前線が日本列島上に停滞するので、雨が多くなるんですよ。

なお、秋雨は日本海側から南に進み、東へと移動していきます。
そのため、西日本より東日本のほうが雨が多くなる傾向がありますよ。

鬼怒川が決壊して、栃木県・茨城県などに大きな被害をもたらした「平成27年9月関東・東北豪雨」は、秋雨前線の影響によるものでした。

ちなみに秋雨は、梅雨のときの梅雨入り梅雨明けのように、秋雨の始まりや終わりは意識されることは少ないですよ。

秋雨の時期は台風シーズンとも重なるので災害に注意する

秋雨の時期や特徴について紹介しました。
秋雨の時期を聞いて「台風シーズンと重なるのでは?」という疑問がありませんか?

台風シーズンは、台風が日本列島に接近、または上陸する回数が多くなる時期のこと。
だいたい7月から10月です。

なかでも8月から9月に、台風がたくさん日本列島に接近・上陸しますよ。

つまり、秋雨前線と台風シーズンは、大部分で重なります

台風は日本列島の南から向かってきますが、台風によって秋雨前線が刺激されて、活発化。
そして、激しい雨を発生させます。

「平成27年9月関東・東北豪雨」も、台風によって秋雨前線が刺激されたのが原因でした。

秋雨前線は停滞しやすいので、そのぶん被害も大きくなる可能性があります。
もちろん、台風にも注意が必要です。

秋雨の時期は、雨による災害に気をつけましょう。

秋雨のときに台風が来た場合、以下も参考にしてみてください

秋雨の時期のおすすめの過ごし方

梅雨のときはアジサイを見学したり、雨の風景を見たりする楽しみ方があります。

しかし、秋雨は梅雨の時期よりもたくさんの雨が降り、ときに激しく降ることも。
また台風シーズンでもあります。

そのため、外出は危険を伴うので控えましょう
雨が激しい場合は、最寄りの店や施設へ向かうのもやめたほうがいいこともありますよ。

秋は「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」「スポーツの秋」とも呼ばれますよね。
そこで、秋雨で雨がふっているときは、なるべく室内にいて過ごすのがおすすめですよ。

もちろん、スポーツなどは屋内でできることをやりましょう。

▼たとえば、以下のようなものはいかがでしょう。

  • 読書
  • 映画・音楽・絵画などの芸術活動
  • 料理・飲食
  • スポーツ観戦・屋内スポーツ
  • ゲーム

もちろん、自宅でできるものを選んでくださいね。

ひとつずつ紹介していきましょう。

読書をする

「読書の秋」と呼ばれるように、秋は読書に最適な季節ですよね。

雨で外に出られなくても、自宅で自宅で本が読めるので、おすすめです。

読みたい本を買っていないときでも、現在はKindle(キンドル)や楽天Kobo(コボ)などの電子書籍サービスを利用すれば、本を買うために外出する必要がありません。

本を買いに外出するのは控えたいので、助かりますね。

映画・音楽・絵画を楽しむ

秋は「芸術の秋」とも呼ばれます。
そこで、屋内で楽しめる芸術活動もおすすめです。

映画を観たり、音楽を聴いたりするのが手軽でいいのではないでしょうか。
インターネットを利用して映画鑑賞や音楽鑑賞をすれば、外出の必要がありません。

さらに、音楽は演奏したり、歌を歌ったりして楽しめます。

演奏は楽器がないとできませんが、歌はいつでもどこでも歌えるのが利点。
ストレス解消にも最適です。

ただし、外出はしないほうがいいので、カラオケ店へ行くのは控えてくださいね。

また、家で歌ったり演奏したりするときも、近所迷惑にならない程度にしましょう。
特に演奏や歌が下手だった場合、トラブルに発展することがあるので、気をつけてください。

ほかにも、絵画や写真撮影などの芸術活動も自宅でできるのでおすすめです。
パソコンやスマホ・タブレットを使って絵を描けば、材料を買いに行く必要もありませんよ。

料理・飲食を楽しむ

秋は「食欲の秋」でもあります。

そこで、家で料理をしたり、おいしいものを食べてみるのはいかがでしょうか。

秋雨のときは外出を控えたほうがいいので、家にある余り物を使って、アイデア料理を考えてみるのもおすすめ。

いつもは作らない料理に挑戦してみるのも、楽しいかもしれません。

また、ふだん料理をあまりしない場合は、料理に挑戦してみるいい機会でもありますよ。

クックパッドのような、スマホのレシピアプリやインターネットのレシピサイトなどを利用するのも手です。

スポーツ観戦・屋内スポーツを楽しむ

秋といえば「スポーツの秋」もありますよね。

でも、雨のときは当然、外でやるスポーツはできません。
だから屋内スポーツになりますが、移動のために外出するのも危険です。

そのため自宅でできるスポーツがおすすめ。

卓球台があれば卓球ができますが、なかなか卓球台を持っている家は少ないかもしれませんね。

ある程度広いスペースがあれば、相撲ができますが、物や壁に当たってケガをしないように気をつけましょう。

腕相撲や尻相撲なら、広くなくてもできますよ。

また、一人しかいない場合は、体操やエアロビクス・ストレッチ・フラフープ・シャドーボクシングなどがおすすめです。

さらに、自分がスポーツをするのではなく、スポーツを観戦するのもストレス解消になって楽しいですよ。

テレビ番組やインターネットサービスなどで、いろいろなスポーツ中継があります。

好きなスポーツを観戦するのもいいですが、ふだんはあまり見ないスポーツを観戦してみるのもいいのではないでしょうか。

ゲームをする

現代で、家の中で楽しめるものの代表といえば、ゲームではないでしょうか。

テレビゲームやスマホ・パソコンのゲームなどがいろいろありますが、家族で楽しめるようなものがおすすめです。

また。テレビゲームやスマホ・パソコンのゲーム以外にも、以下のようなゲームもおすすめです。

  • 将棋
  • 囲碁
  • 花札
  • マージャン
  • カルタ
  • 百人一首
  • トランプ
  • ルービックキューブ
  • パズル
  • あや取り
  • お手玉
  • 剣玉
  • メンコ

ただし、テーブルゲームやボードゲームなどは一人ではできません。
また、道具がないとできないものもあります。

その場合は、テレビゲームやスマホ・パソコンのゲームに、同じ題材のゲームがあったりしますよ。

子供がいれば、剣玉やメンコなどの昔遊びも楽しいかもしれませんね。

さいごに

秋は過ごしやすい季節の印象ですが、前半は雨の多い秋雨の時期でもあります。

そして、台風もやってくるので、外出を控えて災害には気をつけましょう。

秋雨で天気が悪い日には、リラックスしながら楽しめることがおすすめです。

せっかく家にいる時間が増えるのですから、今までやりたかったことや、やったことのないことに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

おまけ

秋雨の時期は、台風の時期とも重なります。

ノマド的節約術では、台風のときの過ごし方も紹介しているページがあるので、よければあわせて見てくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る