BIC SIM(ビックシム)でスマホが月1,000円代に!購入方法と使い方の注意点まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!『あしたはもっと遠くへいこう』の前原(まえちゃん)です。

前回は「そもそも格安SIMって何?」、「格安SIMを使うために使うスマホって何がいいの?」というわかりづらいポイントを確認してみました。

今回は、10社以上も乱立している格安会社のSIM選びについてです。多数会社があってわかりにくいですが、ぼくが格安SIMを選ぶ際に絶対に外してほしくないポイントをまとめました。

BIC SIMの購入方法と使い方

2タイプに分かれる格安SIMの種類

SIMカード01

格安SIMは大きく分けて、2種類あります。
データ通信に上限があるタイプか、無制限の使い放題のタイプです。

データ通信に上限があるタイプ

IIJ mio料金表

例えば、IIJmioが提供している格安SIMのみおふぉんはデータ通信の上限が3GB5GB10GBの3段階に分かれています。

上限がある格安SIMを使って、データ容量の大きい動画などを見すぎると、途中で契約している通信料金を上回り、月の通信制限が遅くなります。

動画を見ると通信制限がかかる一方で、Wi-Fiの使えない外出先でインターネットを見たり、SNSをチェックするくらいの使い方なら3GB〜5GBで月の通信量が収まるでしょう。

その場合は、月の通信料金が3GBだと900円(税抜)、5GBだと1,520円(税抜)なので、大幅に通信費を削ることが可能です。

ドコモ回線を使うSIMは以下のサービスが有名です。

au回線を使う格安SIMでは、UQ mobilemineoがあります。

データ通信無制限のタイプ

ぷららLTE料金表

もう1つはデータ通信の無制限のタイプがあります。これを一言で表すならパケ放題サービスです。いくらでもデータ通信を上限を気にすることがなく使えるのは、大きなメリットですね。

このサービスのデメリットは通信速度が遅いことで、データ上限制限のあるLTE対応の格安SIMの1/6から1/10のスピードです。

なぜ、1/6から1/10のスピードかというと、ぼくが使っているBIC SIMのスピードが、19〜30Mbpsほどでした。その経験から、ぷららモバイルはBIC SIMより1/6から1/10のスピードという説明になっています。
BICSIMのスピード

とはいえ、ぷららモバイルの税込2,980円のデータ通信無制限タイプは動画も観れるし、データ通信速度もストレスなくできるとぼくの周りでは評判です。

もう1つのサービスである「U-mobile」のデータ通信無制限格安SIMは、通信速度が遅くて、2015年1月現在ではすぐに解約する人が後をたちません。

知り合いが使っているのを見た時は1Mbpsも出ていなかったです。

1Mbps以下という数字は、延々とデータ受信待たなきゃいけないほどの低速になります。
今は遅いですが、今後は改善されるかもしれません。

U-mobileの設備増強次第ですが、購入する前に直近の評判や使っている人の感想を確かめた方がいいでしょう。

数ある格安SIM会社の中からBIC SIMを選んだ理由

SIMロックフリースマートフォンか、ドコモやauで使っていたスマホを手に入れたら、いよいよ格安SIM会社を選んで契約です。

格安SIMが使えるスマートフォンについては、前回の「格安SIMとは?」で説明していますので、まだの方は参考にしてくださいね。

10社以上ある格安SIMの中で、ビックカメラが出しているBIC SIMを選びました。

現在、SIMロックフリーのNexus 5に差し込んで使っています。
ぼくがBIC SIMを選んだのは3つの理由があります。

  1. 通信できるエリアが広範囲
  2. データ通信のプランを変更できる
  3. Wi2のWi-Fiを使える権利が今なら無料でついてくる

もし、スマートフォンを持っていなければ、SIMフリーか、DoCoMoの白ロムを手に入れましょう。

1. 高速通信できるエリアが広範囲

通信エリア地図

BIC SIMは、ビックカメラがIIJmioというMVNOの通信会社と組んで販売しているSIMです。

実際に使っている仲間から、IIJmioの電波の入りが非常に良いという評判を聞いたのが一番の決め手でした。

格安SIMがいくらドコモやauの電波を使っているといっても、格安SIM通信会社によって出るスピードが様々です。

中でもぼくの友達は九州の宮崎県の田舎に住んで3社の格安SIMを契約していました。

彼の持っている3つのうち2つの格安SIMカード「ぷららモバイル」と「U-mobile」は全然速度が出ないのに、IIJmioのSIMカードはきちんと電波が入って高速通信できたと聞いたことが、IIJmioの格安SIMを選ぶのに大きく心を動かされました。

生の声がいかに大事かが分かりますよね。

同じドコモの電波を使っているのに、格安SIM会社次第で全然スピードが違うのは、格安SIMを使う上で非常にリスクがあります。

とはいえ、まだ不安があったので、IIJmioを使っている人の4人くらいに確かめて、最終的に購入を決断するに至りました。

2.データ通信のプランを変更できる

BIC SIM料金表

BIC SIMを選んだ2つ目のポイント、データ通信のプランを変更できるのが他社に比べるとやりやすいです。BIC SIMでは、3GB・5GB・10GBのプランが用意されています。

家でWi-Fiを使い、外でFacebook・Twitter・Webサイトのチェックという使い方をしていると、ギリギリ3GBの制限に引っかかるかどうかの利用量になります。

もし容量が足りなくなれば、BIC SIMの電波を運営しているIIJmioのサイトで、5GBか10GBのプランに月々変更できます

逆に、多いと思ったら3GBのプランにも変えられます。
他社では料金プランを変えることができないところもあるので、料金プランを変更できるのはとっても助かりますよ!

3.Wi2のWi-Fiを使える権利が今なら無料でついてくる

Wi2無料

BIC SIMを選ぶダメ押しになったのが、Wi2のWi-Fiサービスを無料で使えるようになる点です。
BIC SIMはIIJmioに委託して同じ電波を使っているので、IIJmioが発売しているみおふぉんと電波の質に差がありません。

BIC SIMを契約すると、Wi2の無料Wi-Fiサービスが使えるようになるのです。その特典がついていたのが魅力的でした。

このサービスは、月360円の契約でスターバックスマクドナルドでWi-Fiが使えるようになります。それをBIC SIMと契約することで無料で使えるようになるので、ぼくは非常に惹かれました。

ぼくはよく出先でカフェに入ってパソコンを使います。
BIC SIMを差し込んだスマホだけでなく、パソコンからでもWi2のWi-Fiをつなげられるようになるのは、通信容量を節約する意味でとってもお得です。

以上3点の理由でぼくはBIC SIMとの契約を決めました。

お店に行くのが面倒なら、IIJmioを使おう

ぼくは、BIC SIMに決めましたが、もしWi2が要らなかったり、ビックカメラにわざわざ出向くのが面倒という方は、ネットだけで手続きを完結できるIIJmioにしましょう。

上でも説明したように、BIC SIMとIIJmioは同じようなものなので、通信に関しての差はありません。

格安SIMの中では、昔からサービスを提供しているところで、信頼性も高いですよ。

BIC SIMを契約するにはどうすればいいのか?

BIC SIMの説明

BIC SIMと契約しようと決めたら、次にやることはBIC SIMカードの購入です。

BIC SIMは実店舗とオンラインの両方で販売されています。

お店で直接購入する

実店舗ではビックカメラ全店(池袋東口カメラ館、BIC PHOTOを除く)をはじめ、ソフマップ、コジマの各対象店舗で扱っています。詳しくはホームページから直接確認ができます

専用のスタッフ付きのカウンターで購入する

BIM SIMカウンター一覧

実店舗だと、BIC SIMカウンターがあり、ここで音声通話機能付きのBIC SIMの即日開通をスタッフの人に頼むとやってもらえます。BIC SIMカウンターがある場所は以下の通りです。

  • 東京
  • 川崎
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌

有料サービスにはなりますが、設定から使い方もサポートしてもらえるので、不安な方は直接店員さんに質問するといいでしょう。

ネットのAmazonや楽天で購入する

オンラインでは、Amazon楽天からSIMカードを購入できます。ぼくはこちらで購入しました。

注意!購入時はSIMのサイズとプランを要チェック

SIMカードの大きさ

購入する際に気をつけなくてはいけないのが、手持ちのSIMロックフリーで使えるSIMカードのサイズです。以下の3種類があります。

  • 普通サイズ
  • マイクロSIMカードサイズ
  • ナノSIMカード

もし、わからなければ事前に手持ちの端末の公式ホームページをチェックするなどして確かめましょう。

もちろん、iPhoneにも対応していますので、安心してくださいね。

上の写真のようにSIMカードを差し込むので、大きさが違うと入りません。

BIC SIM料金表

また、BIC SIMも契約するタイプが3種類あります。

  • データ通信専用タイプ
  • データ通信専用SMS機能付きタイプ
  • 音声通話機能付きタイプ

データ通信専用タイプは、電話もショートメッセージ(SMS)も打てない、インターネットだけを使い人向けのサービスです。

データ通信専用SMS機能付きタイプは、電話はできないけど、ショートメッセージ(SMS)使うことができます。

このタイプのメリットはLINEの新しいアカウントや楽天でんわなどのアカウント作成ができる点です。

新しく格安SIMを入れて使う予定のSIMロックフリースマートフォンに、LINEや楽天でんわなどのサービスを使おうと登録すると、数字のコードがショートメッセージ(SMS)で送られてきます。

このコードを受信できるのはSMSメッセージを使えるこのタイプと、音声通話できるタイプのみですので、新しいアカウントでLINEや楽天でんわなどのサービスを使いたい人はこちらを選んでおいた方がいいです。

3つ目の音声通話機能付きタイプは電話ができるタイプです。

ただ、国内通話料が30秒20円と大手通信会社の2倍はするので、使うときは楽天でんわG-Callなどのアプリを使った方がいいでしょう。

自分の目的に合わせて3種類の格安SIMのプランと、使うSIMロックフリースマートフォンに合った3種類の大きさのSIMを選んでみてください。

ぼくはSMS(ショートメッセージ)もなく、音声通話もしないので、BIC SIMのデータ通信専用のプランを選びました。

BIC SIMの違約金(解約手数料)は?

BIC SIMを使い始めたけど、いずれはやめる時がきますよね。

その時に解約手数料がかからないのかどうかはとっても気になるところだと思います。

ぼくが選んだデータ通信専用タイプだと、いつ解約しても違約金はかかりません。

電話ができる音声通話機能付きタイプだと、1年以内の解約だと違約金がかかります。
これはIIJmioと全く同じ違約金の仕組みなので、詳しくは以下のページをチェックしてください。

BIC SIMに限らず、格安SIMのサービスは、大手キャリアと比べると違約金に対する縛りが緩くなっています。

その点でも格安SIMはおすすめですよ。

まとめ

それでは今回の要点を振り返ると以下の通りになります。

  1. 格安SIMはデータ通信量制限があるSIMと、データ通信量制限のないパケ放題のSIMがあります。
  2. データ通信量制限があるSIMは値段が1,000円代で収まるくらい安く、通信速度もLTEに対応して高速です。
  3. データ通信量制限のないSIMは値段が3,000円代で比較的高く、スピードも1/6から1/10くらい遅くなります。
  4. BIC SIMは日本の地方でも電波が通ると評判のIIJmioと手を組んで作られた格安SIMです。
  5. 格安SIMはデータ通信専用データ通信専用SMS付き音声通話機能付きの3つのタイプがあります。
  6. SIMカードは普通、Micro、nanoの3つの大きさがあります。格安SIMを購入する際は使うスマホのSIMのサイズを必ず確認しましょう。

次は、ぼくが購入したBIC SIMを手持ちのスマホに差し込み、オンラインで開通の申し込みをする手続きを解説します。

続きは以下のページで。

月額972円でスマホを運用するまであと一息ですよ!

おまけ:他の格安SIMと比較したい方へ

他の格安SIMも知りたい方は以下のページも参考に。

料金比較のページもあります。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

前原 和裕

主に海外に住みながらブログを更新するブロガーです。『あしたはもっと遠くへいこう』というブログを運営してます。海外系のお役立ち情報を提供させていただきます。

執筆メンバの一覧を見る