写屋の買取価格は評判・口コミ通り?査定申込から振込までの流れと使った感想まとめ

スポンサーリンク

カメラを手放すときは、さまざまな理由があると思います。

カメラが大好きで1台・2台とそろえ、レンズもたくさんあるけど、だんだんと使わなくなってきた…。
または、新しいカメラを買いたいけど、今持っているカメラをどうにかしたい!

そんなときには、カメラ買取を利用して現金に換えてみましょう。

カメラ買取のなかで、候補のひとつになるのが写屋です。

写屋で買い取ってもらうと、どのような流れになるのかや、買取が価格がどのくらいになるのか気になると思います。

このページでは、実際に写屋を使う流れや、使ってみてどうだったのか、写屋の買取の特徴について詳しく紹介していきますね。

写屋の買取価格は評判・口コミ通り?

写屋の特徴について

まずは、写屋がどんなサービスなのかを詳しく紹介していきます。

▼写屋の買取方法は、以下の3つです。

  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取

宅配買取はインターネットから24時間申し込みができるし、自宅にダンボールがない場合、宅配キットも送ってもらえるので便利ですよね。

しかも買取にかかる料金は、すべて無料!

▼具体的な項目は以下のとおり。

  • 宅配キット
  • 手数料や送料
  • 査定
  • キャンセル料
  • 振込手数料

無料である点は、利用する側にとってはありがたいですよね。

写屋で買取できる商品

写屋では、どんな種類のカメラを買い取ってもらえるのか気になるところ。

▼写屋での買取対象商品は以下のとおりです。

  • デジタル一眼レフ
  • ミラーレス一眼
  • デジタルカメラ
  • フィルムカメラ
  • レンジファインダーカメラ
  • 交換レンズ
  • ビデオカメラ
  • 三脚・一脚・雲台
  • カメラ用品

写屋で高く買い取ってもらうコツは?

カメラを写屋で売るのであれば、少しでも高い値段で買い取ってもらいたいですよね。

高額買取するコツがないんだろうかと気になるかと思います。

▼少しでも高く買い取ってもらうコツは、以下のとおりです。

  • 状態がきれいであること
  • 充電器や取扱説明書など、欠品がないこと
  • 保管状態がよいこと
  • 動作確認ができること(電池切れには注意!)
  • 1点ではなく複数点数で売る

他ジャンルの買取でも、商品の状態がキレイであると、買取価格が高くなります。
その点は、写屋でも同じですね。

写屋の宅配買取のおおまかな流れ

24時間いつでも、自分の好きな時間に利用できる写屋の宅配買取。
僕も宅配買取で利用してみることにしました。

実際に利用する前には、宅配買取がどんな流れで行われるのか、気になりますよね。

▼おおまなか流れは、以下のとおり。

  1. 宅配買取を申し込む
  2. 宅配キットが届く
  3. 買取希望商品を梱包する
  4. 集荷
  5. 査定
  6. 入金

流れはとても単純です。

宅配買取の場合、ダンボールを用意するのが手間ですよね。
その点写屋では、宅配キットを用意してくれるので助かります!

もちろんダンボールを自分で用意しても、問題ありません。

写屋で買取する手順について

ここからは、写屋からカメラ買取を申し込みする方法を紹介していきますね。

▼まずは写屋のページを開き、ちょっと見づらいですが右上にあるメニューを押します。

【写屋】トップページ

▼すると、メニューが右側からニョキッと出てくるので「お申込み・ご相談フォーム」を押しましょう。

【写屋】お申し込み・ご相談フォーム

▼自動的に、ページの下のほうにある「お問い合わせ・査定依頼フォーム」に移動します。
まずは、「プライバシーポリシー」を確認し「同意する」にチェックを入れましょう。

【写屋】プライバシーポリシー

▼「お見積り物品」には、査定してほしいカメラの種類をチェックします。

【写屋】お見積り物品

▼「買取希望商品」は任意となっていますが、何も書かないと査定のしようがないので、できるだけ詳しく書きましょう。

【写屋】買取希望商品

▼ほか、必要事項を入力していきます。

【写屋】入力内容

▼宅配買取を選んだのですが、「ご希望日時」と「ご希望時間帯」が任意入力で、なんのことがさっぱりわからなかったので、未入力にしました。

よくある質問を見たところ、どうやら「出張買取」の場合の希望日時でしたよ。

【写屋】希望日時のフォームは、出張買取用

▼入力が終わったら、「入力内容の確認へ」を押しましょう。

【写屋】入力内容の確認へ

▼なぜだか、またトップページに戻ってしまうので、今度は手動で画面を下のほうへ移動させます。

【写屋】トップページ

▼すると、さきほど入力した内容が出てくるので、問題がないかどうか確認し、OKであれば「送信」を押しましょう。

【写屋】送信

▼これで査定依頼の完了です。

【写屋】申込完了

▼査定依頼完了のメールも届きますよ。

【写屋】申込完了メール

僕は、多ジャンルの買取依頼をたくさん経験しているのですが、写屋の買取申込みはとてもあっさりした印象です。

仮の査定金額メールが届く

写屋に申し込みをしたあとには、メールで仮の査定連絡が届きました。

▼届いたメールは、こちら。

【写屋】仮の査定金額メール

買取サービスでよくある、「お世話になっております」だとか、「申込みいただきまして、ありがとうございます」などがメールの出だしに書いていないですね…。
ちょっと、マイナスイメージです。

ただメールを読むと、金額がなんとなく想像できますよね。
でも、この金額は「上限金額」なので、カメラの状態によって下回る可能性もあります。

実際に買取希望のカメラを送ってみないとわかりませんね。

本査定の依頼をお願いするメールを送る

先ほどの仮査定メールは、「これくらいの金額ですが、どうですか?」と聞かれている状態です。

問題がなければ、「本査定」をお願いするメールを返信しましょう。

僕の場合、仮査定メールが届いた8月9日にすぐ返信しましたが、お盆を挟んだせいなのか、一向に連絡をもらえませんでした…。

そのため、ずいぶん経過した8月26日に再度メールをしましたよ。

【写屋】再メール

メールチェックが、きちんとできていない点もマイナスイメージです。

その後、反応はありましたが、謝罪のことばもなく、さらにさらにマイナスイメージ…。

【写屋】謝罪なしメール

買取依頼に少し不安がよぎります。

郵便局から「本人限定受取(特例型)郵便物等の到着のお知らせ」が届く

宅配キットが届く前に、郵便局から「本人限定受取(特例型)郵便物等の到着のお知らせ」の封書が届きました。

【写屋】本人限定受取(特例型)郵便物等の到着のお知らせ

指定の電話番号へ連絡し、希望の配達時間を伝えます。

なお受け取りのときは、以下いずれかの本人確認書類が必要です。

  • 旅券(パスポート)
  • 運転免許証
  • 外国人登録証明書
  • 官公庁および特殊法人の身分証明書で写真付のもの
  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳・身体障害者手帳等)

本人確認書類を郵便局のひとが確認するときは、証明書の種類や番号等を記録します。

「え、いきなり、何やってんの…」と思わないためにも、覚えておくといいですね。

写屋から送られてきた宅配キットの中身は?

写屋から宅配キットが送られてきたのであれば、中身にどんなものが入っているのか気になりますよね。

▼こちらが、送られてきた宅配キットです。
ダンボールが組み立てられた状態で届きました。

【写屋】宅配キット

▼なぜ組み立てられた状態だったのかという理由が、こちら。
たくさんの緩衝材が入っていました。

【写屋】宅配キット

▼箱の中身には、以下のものが入っています。

  • ご発送前のご注意
  • お客様の個人情報のお取り扱いについて
  • お買取ご依頼者様情報シート
  • お買取ご依頼者様情報シート(記入例)
  • 発送伝票について
  • クロネコヤマトの着払い伝票(宅急便)
  • クロネコヤマトの着払い伝票(ヤマト便)
  • 天地無用のシール:2枚
  • 精密機器につき取扱注意のシール:4枚

着払い伝票が2枚入っていると、最初は「どっちを使うの?」と悩んでしまいますよね。

▼宅急便の着払い伝票は、箱の「縦・横・高さ」の合計が160cmで25kgまでのときに使用します。

【写屋】着払い伝票(宅急便)

▼ヤマト便の着払い伝票は、宅急便で発送できない大きさや重さのときに使用しましょう。

【写屋】着払い伝票(ヤマト便)

お買取りご依頼者様情報シートの記入例

写屋へ買取依頼するためには、「お買取りご依頼者様情報シート」に記入をしなくてはいけません。

でも、初めて利用するときは、どうやって記入すればいいのか、わからないこともありますよね。

▼僕が実際に記入したものを紹介するので、参考にしてくださいね。

【写屋】買取申込書

シートの下側に、本人確認書類の貼り付け欄があるので、忘れないように貼り付けます。

カメラを配送する準備や梱包のやり方

カメラはきれいな状態で査定をしてほしいので、配送をするときにしっかり梱包をしましょう。
また、壊れないように緩衝材(プチプチ)で厳重にくるむほうがいいですよ。

買い取ってもらうのですから、配送で壊れてしまっては意味がありませんよね…。

▼買取希望のカメラは、以下の4点です。

【写屋】買取希望のカメラ:PENTAX K-01
PENTAX K-01(元箱なし・ボディのみ・付属あり)
【写屋】買取希望のカメラ:Panasonic DMC-GX8
Panasonic DMC-GX8(元箱なし・ボディのみ・付属あり)
【写屋】買取希望のカメラ:Cannon EOS M3
Cannon EOS M3(元箱なし・ボディのみ・付属あり)
【写屋】買取希望のカメラ:Nikon D5200
Nikon D5200(元箱あり)

ちなみにNikonのカメラ以外は、外箱やレンズがなかったりします。

▼Nikonのカメラには、いろいろとそろっていますよ。

【写屋】買取希望のカメラ:Nikon D5200 ダブルズームキット
Nikon D5200 ダブルズームキット

▼カメラを緩衝材(プチプチ)で梱包します。

【写屋】カメラを梱包

▼隙間には、カメラが動かないようにプチプチや新聞紙などで埋めましょう。

【写屋】カメラを梱包

荷造りで一生懸命になって、「お買取りご依頼者様情報シート」を入れ忘れないように注意しましょう!

クロネコヤマトが集荷にくる

写屋のページから買取依頼をしたとき、集荷依頼は行いませんでした。
集荷は、自分でクロネコヤマトに依頼しましょう。

▼集荷の方法は、こちらのページに詳しく紹介しています。

希望した日時には段ボールが出せるように、準備をしましょう。

▼集荷のあとは、「荷物はいつ届くんだろう?」と気になりますよね。
そんなときは、追跡をするといいですよ。

集荷から2日後に査定結果メールが届いた

集荷が終わったあとは、査定連絡が待ち遠しいですね。

▼2日後にメールが届きましたよ。

【写屋】査定結果メール

買取価格は45,000円です。

▼内訳は、以下のとおりです。

【写屋】査定結果内訳

商品名買取価格
Nikon D5200 ダブルズームキット18,000円
Canon EOS M35,000円
Panasonic DMC-GX817,000円
PENTAX K-015000円

あとは振り込みを待つだけです。

写屋から実際に振り込まれた証拠

写屋から査定連絡があったあとは、実際に振り込まれるのが気になりますよね。

▼振り込まれた証拠は、こちらです。

【写屋】振り込まれた証拠

振込名は「写屋」ではなく、運営会社名も入り「カ)リサイクルマスターウツシヤ」となります。

申込から振り込みされるまでの経緯

写屋に買取申込をしたあと、振込までどのくらい時間がかかるのか、気になりますよね。

▼実際に買取をしてみた結果は、以下のとおりです。

出来事日時
買取申込2019年8月8日 10:52
仮査定の連絡(メール)2019年8月8日 17:30
本査定依頼をメール送信2019年8月9日 17:59
本査定依頼メールを再度送信2019年8月26日
郵便局から「本人限定受取郵便物等の到着のお知らせ」が届く2019年8月31日
宅配キット到着2019年9月2日
宅配荷物の準備2019年9月24日
集荷2019年9月24日 夕方
査定結果の連絡(メール)2019年9月26日 9:52
振込2019年9月27日

申込から振込まで、だいたい約2ヶ月ほどかかっています。

ずいぶん時間がかかっているのは、申込後にお盆を挟み連絡が途絶えたことと、忙しく梱包がなかなかできなかった点があげられます…。

でも遅くなったとしても、「まだですか?」などと催促はないので、安心してくださいね。

査定額確定から振込までの時間は、2日と対応が速かったですよ。

僕の買取体験が役立てば、うれしいです!

さいごに

写屋のカメラ買取は、メールの文面やメール対応に関して、あまりいい印象を持ちませんでした。

その点、宅配キットは充実していると思いましたよ。
箱の中には、これでもか!というくらい、緩衝材が入っていました。

買取希望のカメラを傷つけず、できるだけの金額で買い取りたい。
そんな気持ちの表れなのかなと思いました。

よくない点もあれば、よい点もありますよね。

僕の買取経験が少しでも役に立てばうれしいです!

おまけ:他にも買取したいものがある場合

ノマド的節約術では、カメラ買取に限らず、いろいろなジャンルの買取を試しています。
もし、気になるジャンルがあればチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る