市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーの料金や場所を写真付きで紹介。スーツケースにも対応

スポンサーリンク

旅行や出張などで、市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーを使うことがあるかもしれません。

そんなときに、重い荷物やスーツケースがあると、移動するときに不便ですよね。

重い荷物は預けて、身軽になって出かけるのがおすすめですよ。

調べてみると、市営地下鉄さっぽろ駅にはコインロッカーが4ヶ所ありました。

そこでこのページでは、市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーの料金や、利用時間などを写真付きで詳しく紹介していきますね。

市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーの配置場所

市営地下鉄さっぽろ駅 改札口
まずは、市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーの設置場所を紹介しますね。

調べてみると、さっぽろ駅にはコインロッカーの設置場所が4ヶ所ありました。

▼さっぽろ駅のコインロッカー配置図です。

さっぽろ駅コインロッカー 配置図

  • 南北線改札出入口付近:2ヶ所
  • 東豊線改札出入口付近:2ヶ所

いずれの場所も改札出入口に近いので、地下鉄を降りてすぐに預けたいという場合は便利ですね。

市営地下鉄さっぽろ駅コインロッカー4ヶ所の一覧とサイズ・利用料金、それぞれの特徴

コインロッカーを利用するのであれば、料金がどのくらいかかるのが気になるところ。

設置場所によって、サイズや利用料金・支払い方法が異なりますよ。

市営地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーの料金は、1回ごとに300円700円です。

「1回ごと」とは12時間以内、または数分でも「1回」の利用となりますよ。

もしも12時間以上預けた場合は、追加料金が必要になります。

12時間ごとに料金は追加され、72時間(3日間)使用する場合は、3日分の料金が必要になるので注意してくださいね。

コインロッカー利用料金ポスター

また全て現金(100円硬貨)のみの支払いで、交通系電子マネーでの支払いには対応していませんでした。

コインロッカーを利用するときには、事前に100円硬貨の準備が必要です。

両替機は南北線の5番出口付近の、コインロッカーにしかありませんでした。

両替機は1,000円札しか使えませんので、1,000円札もない場合は他のお店で買い物するか、コンビニATMなどで1,000円をおろしてくるようにしましょう。

利用する時間は、だいたい地下鉄の始発から終電の時間帯まで預けることができますよ。

では、市営地下鉄さっぽろ駅にある5ヶ所のコインロッカーを紹介していきます。

【南北線】5番出口付近コインロッカー

荷物を預けるなら、南北線の5番出口付近に設置されているコインロッカーがおすすめ。
なぜなら、設置数が多いからです。

▼コインロッカーのすぐ横にはダイコクドラックがあるので、コインロッカーを探すときの目印になると思います。

さっぽろ駅コインロッカー 南北線01

▼コインロッカーの裏側には、アイヌ文化を発信する空間「ミナパ」がありますよ。

ミナパ

▼さっぽろ駅のコインロッカー4ヶ所の中で、唯一ここだけ両替機がありました。

さっぽろ駅コインロッカー 両替機

▼荷物の預け入れと取り出しは、タッチパネルで操作するようになっています。

現金(100円硬貨)のみで、電子マネーは使えませんでした。

さっぽろ駅コインロッカー 南北線03

▼料金と設置数は以下の通り。

サイズ 個数 利用料金
46 300円
14 500円
特大 7 700円

市営地下鉄さっぽろ駅から、地下歩行空間へ向かうときに利用したいという場合は便利ですね。

地下歩行空間で、すすきのまで歩いて行きたいという場合も、ここで荷物を預けることができますよ。

【南北線】札幌駅前通地下歩行空間側コインロッカー

5番出口付近コインロッカーを少し歩くと、地下歩行空間入口手前にもコインロッカーがあります。

こちらは設置数が少なく、ぽつんとあるので場所はわかりやすいと思います。

さっぽろ駅 コインロッカー 地下歩行空間近く

▼料金と設置数は以下の通り。

サイズ 個数 利用料金
8 300円
2 500円

ここも支払いは、現金支払い(100円硬貨)です。

【東豊線】19番出口付近コインロッカー

東豊線の改札出入口から、すぐの場所に設置されています。

改札から見えている場所に設置されているので、迷うことなく見つけられると思いますよ。

さっぽろ駅コインロッカー 東豊線01

▼料金と設置数は以下の通り。

サイズ 個数 利用料金
12 300円
4 500円

▼コインロッカーの空き状況が、一目でわかるようになっていましたよ。

青いランプが点灯している場所が、利用できますね。

さっぽろ駅コインロッカー 東豊線 詳細

【東豊線】21番出口付近コインロッカー

東豊線のコインロッカーのもうひとつの場所は、改札から出るとちょうど柱の影になっている場所にありました。

ちょっとわかりにくいのですが、自動販売機が目印ですよ。

さっぽろ駅コインロッカー 東豊線02

▼料金と設置数は以下の通り。

サイズ 個数 利用料金
8 300円
2 500円

スーツケースも入る大型のコインロッカーも2つありました。

さっぽろ駅コインロッカー 東豊線03

さいごに

市営地下鉄さっぽろ駅の利用者は多いのですが、設置しているコインロッカーは意外に少ないと感じました。

いずれの場所もコインロッカーの数が少なく、大型については取り扱いが少ない場所もあったので、荷物が大きい場合は注意しましょう。

もしも地下鉄さっぽろ駅のコインロッカーに預けることができなくても、JR札幌駅やJRタワースクエア内の商業施設にもコインロッカーはたくさんあるので、そちらでも預けることはできますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

玉村 あけみ

札幌でイラストレーター&Webライターをしています。2008年に離婚し中学生の息子を育てるシングルマザー。 昔からお金の使い方が下手で失敗は数知れず… ですがシングルマザーになったことをきっかけにお金について勉強するようになりました。 今は少額でできる運用や投資をコツコツとして、お金について考える日々。 ブログではゆるい日常系4コマ絵日記を描いています。

執筆メンバの一覧を見る