2019徳島阿波おどりの日程・時間はいつ?最寄り駅からのアクセスや有料チケットの買い方も紹介

スポンサーリンク

阿波おどりは、毎年8月12日~15日の4日間に徳島市で開催されるお祭りです。

阿波おどりといえば編み笠をかぶったり、うちわを持ったりして、踊る姿が印象的ですよね。

「右手と右足、左手と左足を同時に前に出して踊る」という決まり以外は、自由に踊っていいので、徳島県に観光にいくと「一緒に踊りましょう」と観客を巻き込むイベントも見かけましたよ。

来場者数は100万人以上と、徳島でも人気イベントの一つの阿波おどり。

そんな阿波おどりへ行こうと検討しているときに、開催日程やアクセス方法などについて気になりますよね。

そこで、このページでは、阿波おどりの基本情報や有料席について紹介していきます。
阿波おどりに行く予定があるなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

徳島阿波おどりの日程は?駅からのアクセスや有料チケットについて紹介

徳島阿波おどりの基本情報(2019年)

まずは、阿波おどりの基本情報を確認していきましょう。
日程は次の通りです。

【総踊り】

  • 日にち:2019年8月11日(日)~8月15日(木)
  • 時間:18:00~
  • 場所:市役所前演舞場、藍場浜演舞場、紺屋町演舞場、南内町演舞場、 両国本町演舞場、新町橋演舞場、元町演舞場、 新町橋東おどり広場、両国広場、両国橋南おどり広場、両国橋南詰おどりロード、秋田町おどりロード

場所は、いろいろなところで行われますが、上記は有料演舞場と無料演舞場があるので注意が必要です。
有料演舞場は次の通り。

  • 市役所前演舞場
  • 藍場浜演舞場
  • 紺屋町演舞場
  • 南内町演舞場

この4つの演舞場での踊りは、有料チケットを購入すれば見れますよ。

また、総踊り以外にも屋内のホールで鑑賞できる「選抜阿波おどり」も同時に開催されます。

【選抜阿波おどり前夜祭】

  • 日にち:2019年8月11日(月)
  • 時間:11:00~、15:00~、19:00~(上演時間80分、休憩あり)
  • 場所:あわぎんホール

【選抜阿波おどり】

  • 日にち:2019年8月12日(火)~8月15日(木)
  • 時間:11:00~、13:30~15:00~(上演時間70分、休憩あり)
  • 場所:あわぎんホール

どちらも有料ですが、阿波おどりが開催されるのは夏真っ只中の8月です。

熱中症にかかるかもしれないことを思うと、「屋内で見る」という選択肢もありだと思いますよ。

徳島阿波おどりってどんなお祭り?

阿波おどりは、徳島県徳島市で毎年8月に開催されるお祭り。
はじまりは徳島城下の盆踊りという説もありますが、いろいろな説があるようです。

江戸時代には熱狂的な踊りが一揆につながると懸念されて、禁止令が出されることもあったほど庶民にも人気があるイベントでした。

戦争によって中止になることはあったものの、その人気が衰えることはなく、徳島の伝統芸能として、いまもなお受け継がれています。

そんな歴史もある阿波踊りは、うちわや提灯などを持ってダイナミックに踊る「男踊り」や、編み笠をかぶり上品に踊る「女踊り」がありますよ。

また、阿波おどりではそれぞれが列をなして踊る「総踊り」が有名です。

阿波踊りでは、グループのまとまりを「」と呼び、その連ごとの一体感を見て楽しむのも見どころの一つ!

また、当日は「にわか連」といって、飛び入りで参加できる連もあります。
どうせ行くなら、その輪の中に入ってお祭りを思うぞんぶん楽しんでみてはいかがでしょうか。

徳島阿波おどりの場所・最寄駅・アクセス方法

阿波おどりの会場はJR徳島駅前です。

電車で行く場合

JR徳島駅から各演舞場へのアクセス方法は次の通り。

【総踊り会場】

  • 市役所前演舞場:徒歩10分
  • 藍場浜演舞場:徒歩5分
  • 紺屋町演舞場:徒歩15分
  • 南内町演舞場:徒歩10分
  • 両国本町演舞場:徒歩6分
  • 新町橋演舞場:徒歩7分
  • 元町演舞場:徒歩4分

【選抜阿波踊り会場】

  • あわぎんホール:徒歩7分

所要時間はあくまでも目安程度に覚えておいてくださいね。

どの会場へもだいたい徒歩10分くらいで行けますが、当日の混雑状況によっては、これよりも時間がかかる場合もあります。

当日は時間に余裕をもって、早めに会場に到着するよう心がけておくと安心ですね。

車で行く場合

JR徳島駅へ車で行く場合は、「鳴門IC」が最寄りのインターチェンジです。
鳴門ICからJR徳島駅までは、およそ20分で到着します。

阿波おどりの開催期間中は、JR徳島駅周辺に交通規制がかかるので、近隣の駐車場や臨時駐車場を利用するようにしましょう。

駐車場情報は次の通りです。

【一般車両臨時駐車場】

  • 新町小学校(250台)…10:00~22:00
  • 内町小学校(350台)…8:30~23:00
  • 富田小学校(350台)…10:00~23:00
  • 徳島中学校(350台)…11:00~23:00
  • 富田中央公園(100台)…11:00~23:00
  • 東冨田公園(100台)…9:00~23:00
  • 西冨田公園(60台)…9:00~23:00
  • 徳島県庁駐車場(210台)…平日18:00~23:00、土日10:00~23:00※普通自動車以下の県外ナンバー車専用

駐車料金は普通自動車1台1回1,500円、自動二輪車は100円です。

なお、徳島県庁駐車場の料金は無料ですが、利用できるのは県外ナンバーの車のみなので、気をつけてくださいね。

【一般車両公営駐車場など】

  • 市営新町地下駐車場(133台)※:最初の1時間300円、以後20分ごとに100円。入庫後12時間最大料金800円
  • 市営紺屋町地下駐車場(287台)※:20分ごとに100円、7:00~18:00の最大料金500円、20:00~翌日3:00の最大料金900円
  • 市営駅前西地下駐車場(154台):最初の1時間300円、以後30分ごとに150円。19:00~23:00の間で3時間を超えての駐車の場合、最大料金1,000円
  • 県営藍場町地下駐車場(295台):1時間ごとに300円
  • 県営富田浜第一駐車場(71台):20分ごとに100円
  • 県営富田浜第二駐車場(40台):20分ごとに100円
  • 県営幸町駐車場(40台)※:7:00~19::00は1回700円、19:00~翌朝7:00は1回300円
  • アスティとくしま駐車場(534台):1日1台200円

「※印」がついている駐車場は、交通規制区内にあります。
規制がかかる18:00~23:00は車を移動することができないので、気をつけましょう。

【シャトルバス運行付き駐車場】

  • 吉野川河川敷緑地:1,000台
  • マリンターミナル駐車場(マリンピア沖洲):550台

シャトルバス運行付き駐車場は、駐車場から会場である徳島市内までシャトルバスが運行している駐車場です。

駐車料金自体は無料ですが、バスの乗車料金として1人1回200円(小学生以上)が必要です。
バスの運行時間は16:00~23:00まで。

会場からは少し離れていますが、時間に余裕があるのなら、こちらを検討してみるのもおすすめです。

ただし、小さなお子さんを連れていたり、小学生以上の乗車人数が多かったりする場合は、かえって不便かもしれません。

駐車場はいろいろあるので、料金や状況によって、どこにするか選ぶといいですね。

徳島阿波おどりの有料席について

先ほども紹介した通り、徳島の阿波おどりには有料席があるので、「イスに座ってゆっくり見たい」「見やすい場所を確保したい」というときは有料席のチケット購入を検討してみてはいかがでしょうか。

有料席のチケット情報は次の通りです。

  • 日時:2019年8月12日(月・祝)〜15日(木)
  • 開演時間:1部18:00~20:00、2部20:30~22:30※1部・2部入替制
  • 会場:市役所前演舞場、藍場浜演舞場、紺屋町演舞場、南内町演舞場

12日の市役所前演舞場は開会式があるため17:00に開場しますよ。

つづいて、購入できるチケットの料金は次の通り。

【市役所前演舞場(1部)/ 藍場浜演舞場(1部・2部) / 紺屋町演舞場(1部・2部) / 南内町演舞場(1部・2部)】

  • S席(指定席):前売券2,000円、当日券2,200円
  • A席(指定席):前売券1,800円、当日券2,000円
  • B席(指定席):前売券1,600円、当日券1,800円
  • C席(自由席):前売券800円、当日券1,000円

【市役所前演舞場(2部)】

  • S席(指定席):前売券2,600円、当日券2,800円
  • A席(指定席):前売券2,300円、当日券2,500円
  • B席(指定席):前売券2,000円、当日券2,200円
  • C席(自由席):前売券1,000円、当日券1,200円

【特別席(南内町演舞場のみ)】

  • 特別席(指定席):5,000円※グッズ付き

【車椅子席(市役所前演舞場のみ)】

  • 車椅子席(指定席・1台):前売券1,000円、当日券1,200円

※上記の料金はすべて税込価格。

チケットの購入場所は次の通りです。

紹介した有料席のチケットは、2019年7月1日(月)から販売が開始されています。
3歳未満のお子さんは、膝上鑑賞であれば無料です。

前売券のほうが少し安いので、買うことが決まっているのなら、早めの購入がおすすめですよ。

なお、阿波おどりでは8月15日(木)2部の有料演舞場の自由席全てに出入りができる「リストバンド席」もあります。

  • 発売日:2019年7月17日(木)11:00~
  • 購入場所:阿波おどりチケットセンター
  • 料金:前売券1,900円、当日券2,100円

こちらは阿波おどりチケットセンターでしか買えないので、遠方に住んでいる場合は事前の購入がむずかしそうですね。

参考:2019阿波おどり公式サイト チケット情報ページ

泊まりで徳島観光するときのホテルもチェックしてみよう

阿波おどりを見にいくときに、「せっかくだから周辺ホテルに泊まって徳島観光を楽しみたい」と考えることもあるかと思います。

阿波おどりの会場付近にあるホテルの一部は次の通りです。

  • ダイワロイネットホテル徳島駅前
  • ホテルクレメント徳島
  • ホテルさんルート徳島
  • 徳島グランヴィリオホテル
  • ホテルフォーシーズン徳島 ・・・など

予約をするときは、宿泊料金が比較できるサイトをつかえば、ホテル代の節約につながります。

検索するときに「阿波おどり ホテル」というように入力すると、近くにあるホテルが一覧表示されるので、探しやすくなりますよ。

肌の露出が気になるなら脱毛がおすすめ

阿波おどりがある夏は、肌の露出が多くなる季節です。

そうなってくると、電車やバスなどで人との距離が近くなったときに、「ムダ毛があったら、どうしよう…!」と焦ることもあるかと思います。

自己処理にも時間がかかりますし、肌も痛めてしまうので、気になっているのであれば、サロンなどに通って脱毛を始めてみるのもいいですよ。

キャンペーンで安いものを探しているのならミュゼ、なるべく痛くないのを選びたいならSHR脱毛のストラッシュラココがおすすめです。

さいごに

毎年100万人以上が訪れる「阿波おどり」は、徳島の夏の風物詩ともいえるビッグイベントです。

元気のいいかけ声とともに、楽しそうに踊る踊り子さんたちの姿を見れば、自然と踊りたくなってしまうかもしれませんね。

私も、徳島へ観光にいったときに、阿波踊りのイベントに参加したことがありますが、はじめての人でもかんたんに踊れますし、知らない人とも笑顔になって一緒に踊れる阿波踊りは、すてきなだなと思いました。

阿波踊りを楽しむのはもちろん、開催期間中は屋台も出店されるので、お祭り気分を心ゆくまで堪能してきてくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る