東京から静岡への安い行き方を新幹線・バス・電車それぞれの方法で詳しく紹介

立花 実咲の画像

こんにちは、『灯台もと暮らし』編集部の立花実咲です。

わたしは静岡県出身なのですが、今(2015年時点)は東京に住んでいます。
実家へ帰省するときは、公共交通機関を使いますが、新幹線はなにせ高い。

でも、静岡県は東海道の通る都道府県でもありますから、ローカル線を使っても十分帰ることができます。

このページでは、そんなに東京からは遠くない静岡県へ、安く手軽に行ける方法を紹介しますね。

東京から静岡へ安く行く方法

新幹線ではなく小田急線を駆使すると安くなる

JRの電車案内

冒頭でもお伝えしたとおり、静岡県は新幹線が通っていますが運賃は決して安くはありません。
そして「のぞみ」に関しては静岡県は素通りされるため、「こだま」か「ひかり」を使う必要があります。

そこで、東京と静岡を移動するのに使えるのが小田急線です。
JR東海道線ではありません。

もちろん、乗車駅によってはJR東海道線、JR湘南新宿ラインを使うほうが早い場合もあります。

ですが小田急線のスゴさは、東京ど真ん中の新宿駅と、静岡県と神奈川県の県境近くの小田原駅まで900円という格安で行けるというところです。
(SuicaやPASMOなどのICカードを使えば891円)

チケットショップなどで小田急電鉄の株主優待などの安い切符を手に入れれば、もっと安くできる可能性もあります。

小田急線乗り場

また、小田急線を強くおすすめしたいのは、始発駅から終点まで乗りっぱなしで良いため、寝過ごしたり乗り換えを間違えたりする心配がありません。

所要時間は1時間40分ほどですが、この時間を使って本を一冊読むこともできますよ。

小田原駅に到着したら、JR東海道線に乗り継ぎましょう。
たいていの電車は熱海駅まで行きますが、そのさらに西へ行きたい場合は何度か乗り継ぐ必要が出てきます。

ゆっくりした電車の旅を楽しみたいなら金券ショップヘ

新宿~小田原間は、ロマンスカーという特急電車も走っています。
乗車駅も限られていますから到着時間も短縮できますし、座席もゆったりしていますよ。

ただし、この電車を正規の値段で乗ろうとすると、乗車券900円と特急券910円を合わせて片道1,810円です。これならローカル線を乗り継いで行ったほうがいいかもしれません。

しかし、このロマンスカーを安く乗れる方法があります。
それが金券ショップに行き、小田急電鉄の株主優待乗車証(株主優待券)を手に入れる方法です。

乗車券の相場は大体650円から700円くらいで、これに特急券の910円を加えれば片道1,560~1,600円でロマンスカーに乗車することができます。正規の値段と比較すると、490円~540円ほど安く済みます。

小田急線で乗り継ぐときの注意点

電車でのスムーズな乗り継ぎができる小田急線とJR東海道線ですが、1点注意しなければならないことがあります。
それはICカードの利用可能範囲。

東京で購入できるICカードはSuicaですが、東海道沿線での利用可能範囲は熱海駅までです。
それより西へ行く場合はJR東海エリアになり、熱海駅と函南駅の間はICカードは使えません。

ですので、例えば東京駅から静岡駅まで電車を乗り継いで行った場合、熱海駅から静岡駅までの追加料金1,340円を精算しなければなりません。

途中で切符を買いなおすか、到着した駅で精算するために、お財布に少し余裕を残しておくと安心です。

高速バスと電車乗り継ぎならどちらがお得?

さて、最安値の交通手段と言えば、高速バスも負けてはいません。

どこまで行くかと、都内の住まいがどこかによっては値段は大きく変わりますが、例えばわたしが実家へ帰るときに利用したJR高速バスなら約3,000円かかります。(※曜日、シーズンによる)

高速バスは種類がたくさん有り、予約サイトや高速バスドットコムなどの値段比較サイトもあふれています。

その中でJR高速バスを利用したのは、電車から乗り継ぐ時に当日のバスチケットを買う発券機があるということと、JR系列の電車を使ってバスへ乗り換えるとき、乗り継ぎで迷うことが格段に減るからです。

しかし、同じ距離を移動するのに小田急線を使って小田原駅から東海道線に乗り継ぐ方法であれば、2,600円ほどで済みます。

つまり、一往復するのに約800円の節約になるのです。

加えて、わたしの場合はバスだと車内で車酔いをしてしまうため、寝るか音楽を聴いたりしてやり過ごすしかありません。

本を読んだり少し仕事の作業をやりたくても、バス移動だとできないのです。

東京から静岡まで新幹線で移動した場合の料金と所要時間

ぷらっとこだまで乗った新幹線

冒頭では、新幹線は高すぎるという話をしましたが、急いで帰りたい場合は新幹線が一番ですよね。

そうなると逆に気になるのが料金のことだと思います。
ということで、一覧にしてみました。

区間自由席料金こだま所要時間
東京-熱海3,740円約50分
東京-三島4,070円約55分
東京-新富士5,700円約65分
東京-静岡6,470円約70分

この料金と小田急やバスを利用した方法と比較して、どれを使うのかを決めるのがいいと思います。

もし、新幹線を使う場合は、以下のページで安くできる方法を紹介していますよ。

静岡から東京に移動するときも同じ方法で移動できます

今回は、東京から静岡への移動の方法を紹介しましたが、逆のルートである「静岡から東京」もこのページで紹介した方法で移動すれば安くできますよ。

順番が逆になるだけで、やっていることは同じです。

交通費を少しでも安くしたいのであれば、ぜひ使ってみましょう。
東京近郊にお住まいの方で、時間にも余裕があり、少しの乗り継ぎなら構わないという方は、静岡へは小田急線を活用することを強くおすすめします。

おまけ:交通費の節約をもっと知りたい方へ

電車代の節約は、知れば知るほどたくさんあるものです。以下のページでいろいろな方法をまとめています。

参考:交通費節約の一覧ページでも数多く紹介しています

この記事を書いた人

1991年生まれ、静岡県出身の編集者。これからの暮らしを考えるメディア「灯台もと暮らし」の執筆、編集を担当。いつか書道教室をひらくのが夢。