WiMAXの電波が悪くて入らない・回線速度が遅いときの原因とすぐできる対策方法まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
BroadWiMAXを2年愛用している中山(@kobutoriniki)です。

WiMAXを使っていると、通信速度が遅くなったり、電波が入らなくなったりしませんか?

私の使っているWiMAXも通信速度がたびたび遅くなって困っていました。

いざYouTubeを見ようと思っても、いつまでも動画が再生されずイライラすることもありましたね。

WiMAXの通信速度は設定を変更したり、端末を置く場所を変えるだけでも改善されます。

この記事ではWiMAXの通信速度が遅いときの改善方法と原因を説明します。

使っているWiMAXの通信速度が遅くて困っているときに、参考にしてみてくださいね。

WiMAXの通信速度が遅いときにまずやってみること

WiMAXを使っていると、通信速度が遅くなってしまうことがあります。

インターネットをよく使う場合、通信速度が遅いと読む込み時間もかかって困りますよね。

私も仕事でインターネットを使うことが多く、通信速度が遅くなると、その分仕事時間も伸びしまうので悩んでいました。

WiMAXの回線が遅いときに「すぐにできる改善方法」があります。

  • 再起動する
  • 速度制限を確認する
  • 電波を確認する

簡単にできるものなので、通信速度が遅いときにはぜひ試してみてくださいね。

再起動する

一番簡単な方法は、通信端末の再起動ですね。

端末自体の動作が不安定になっている可能性があるので、再起動して端末自体リセットするといいです。

再起動の方法は以下の2つのどちらで簡単にできますよ。

  • 「設定」→「メンテナンス」→「再起動」を選択
  • 電源ボタンを長押してシャットダウン→電源ボタンを長押しして起動

私は電源ボタン長押しの方が楽なので、そちらでいつも再起動しています。

WiMAXの端末の調子が悪くなることもあるため、通信速度が遅いときはすぐに再起動するのがおすすめですね。

速度制限を確認する

WiMAXには通信速度の制限があるので、通信速度が遅い場合は「速度制限にかかってないか?」を確認してくださいね。

もし速度制限にかかっていた場合は、制限が解除されるまで待つしかありません。

プランによっても速度制限の条件は異なりますが、私の使っているBroadWiMAXギガ放題プランの場合は、3日で10GB以上通信を行うと速度制限がかかります。

制限には時間帯があり、10GB以上通信した翌日の18〜26時ごろは通信速度が遅くなるので、夜の時間帯は急に通信速度が遅くなることが多いですね。

WiMAXの使い放題プランでも「3日で10GBまでの制限」がかかっていることが多いため、ログインページから自分の加入しているプランを見ておきましょう。

ちなみに10GBの速度制限がかかるケースは「3日で33時間以上YouTube動画を見た」や「高画質のNetflixドラマを10時間見た」などが当てはまります。

自分の使っているWiMAXの通信量は、「クイックメニュー」→「データ通信量表示」で確認できますよ。

端末によっては「設定」→「データ通信量設定」→「データ通信量表示機能」を選択すれば、ディスプレイ画面に常に通信量が表示されるので便利ですね。

電波アンテナの本数を確認する

WiMAXは電波を端末が受信して、その受信した電波をスマートフォンやパソコンに繋げています。

そもそも受信している電波が弱いと、通信速度も遅くなってしまうんですよね。

なので通信速度が遅いときは、端末の電波アンテナの本数を見て「どれだけ電波を受信しているのか?」を確認してみましょう。

WiMAXの電波アンテナは最大で4つになります。

私の使っているWX03という端末の場合、電波が2本以下になると通信が不安定になりますね。

WiMAXは屋内や地下での通信が苦手なので、もし自分が屋内や地下にいて電波が不安定なら、屋外や地上に出て通信するといいですよ。

WiMAXの通信速度を速くする方法

これまで説明した方法を使っても、通信速度が速くならない可能性もあります。

そういう場合は、これから紹介する方法を試してみてくださいね。

  • 端末を窓際に置く
  • 回線の条件を変える

ちょっと手間はかかりますが、通信速度が改善される可能性がありますよ。

端末を窓際に置く

WiMAXは壁に囲まれると、通信状態が悪くなることがあります。

もし室内でWiMAXを使っていて、通信速度が遅くなった場合は、窓際に端末を置いてみてください。

それによって通信速度が改善されるかもしません。

私は家でWiMAXを使っているのですが、普通に使っているだけでは通信速度が遅くなっていました。

そこで窓際に置いてみると、一番通信速度が速くなり、それからはずっと窓際に端末を置いていますよ。

Wi-Fiの周波数帯を変更する

WiMAXの端末には2種類の周波数帯があります。

  • 2.4Ghz
  • 5Ghz

今使っている周波数帯を変更すると、通信速度が改善されることもありますよ。

周波数は「設定」→「Wi-Fi設定」で変更できます。

私は普段2.4Ghzを使っていますが、通信速度が遅いときには5Ghzに切り替えると、速度が速くなりますね。

5Ghzは2.4Ghzに比べて、他の電波に干渉されにくいというメリットがあります。

クレードルを使う

クレードルとはスタンド型の拡張器ですね。WiMAXの端末を差し込んで使用します。

クレードルにアンテナがついているので、クレードルを使うと通信環境がよくなりますよ。

私もクレードルを使っており、クレードルを使ってないときと比較すると通信速度が速くなっています。

通信速度が速くなるだけでなく、電波を受信しやすくなるので、おすすめですね。

クレードルは単体で購入することができ、価格も3,000円程度なので、通信速度を改善したいなら購入するといいですよ。

参考:Amazonでクレードルを探すにはこちらから

実際にどこまで速度が速くなるのか?

ここまで紹介してきた方法で、どこまでWiMAXの通信速度が速くなるか気になるのではないでしょうか。

実際に試してみて、どこまで速度が速くなったのかを紹介しますね。

通常インターネットを快適に操作するなら、10Mbps以上の速度が必要だといわれています。

▼まずなにもなしで、端末だけで通信してみます。

WiMAXの端末

そもそも繋がりませんでした。
私の家の中ではWiMAXの電波受信が難しく、端末だけでは通信できません。

▼次に窓際に置いてみました。

窓際に置いたWiMAX

速度を計測してみると「600Kbps」でした。
1Mbpsが1,024Kbpsなので、600Kbpsは0.6Mbps程度になります。

インターネットの通信自体はできましたが、快適には動いてくれません。
Youtubeで動画を見ようと思ったら、途中で途切れていましたね。

▼次にクレードルに接続してみます。

wimaxのクレードル

通信速度は「4.3Mbps」で、かなり速くなりました。
動画の視聴もスムーズにでき、インターネットの利用は問題ありません。

最後にWi-Fiの周波数を2.4Ghzから5Ghzに変更してみました。

通信速度は「5.4Mbps」で、今までに比べて少しだけ速度は速くなっています。

実際にインターネットを使ってみると、「ちょっと読み込みが速くなったかな」と思うぐらいですね。

私の家では、クレードルを使用して常に窓際に置くようにしました。

ちなみに制限がかかったときの通信速度は「906kbps」と、かなり遅くなります。

ネットもギリギリ通信できるレベルで、全然使い物になりませんでしたね。

速度制限がかかったときは、インターネットの利用は極力控えています。

パラボナアンテナは効果なし

WiMAXの通信速度を上げるためにボウルを使って、簡易的にパラボナアンテナを作るという方法があります。

アンテナが電波を集めるので、通信速度が速くなるといわれています。

私も実際にやってみたのですが、効果はありませんでした…。

スポンサーリンク

WiMAXの通信速度が遅い原因

WiMAXの通信速度が遅い場合は、このような原因が考えられますね。

  • 速度制限がかかっている
  • 接続が不安定になっている
  • Wi-Fiの周波数が合っていない
  • WiMAXのエリア外
  • 電波を遮断する環境がある

速度制限がかかっている・接続が不安定になっている・Wi-Fiの周波数が合っていない場合は、これまで説明した方法を改善できます。

ただWiMAXのエリア外だと、そもそも通信ができない可能性もあります。

WiMAXは提供しているエリアが決まっており、山間部や地方に行くと提供エリアに入ってないこともありますね。

WiMAXの提供エリアは地図で確認できるので、自分の使っている場所が提供エリアなのか確認してみてください。

またWiMAXは屋内や地下での通信が苦手です。さらに家電など電波を干渉してくるものがあると、通信状態が悪くなることがあります。

私も家でWiMAXを使っており、通信状態が悪く困っていました。

再起動など行ったのですが、どうしても通信状態が改善されないため、クレードルを購入して通信状態を改善しました。

室内でWiMAXを使う場合「電波が入りにくい家」があるので、気をつけてくださいね。

それでも遅いなら固定回線がオススメ

これまで説明してきた方法を使っても、通信速度が改善されないかもしれません。

そういう場合は固定回線がおすすめですね。

固定回線であればWiMAXが入らない環境でも、通信を行うことができます。

またWiMAXのように通信制限もなく、インターネットをいくらでも使うことができるので、ネットをよく利用するなら便利です。

導入するのに工事が必要ですが、WiMAXで遅い回線を使い続けるよりは、固定回線でサクサクとネットした方が快適ですよね。

私も引っ越しをしてWiMAXの通信が遅くなってしまったので、固定回線を導入しました。

工事に1ヶ月ほどかかりましたが、その間はWiMAXがあったので問題もなかったです。

固定回線が導入されてから、WiMAXを解約して、今は高速で通信できる固定回線で快適にネットを使っていますよ。

さいごに

WiMAXの通信速度が遅くなると、ネットの読み込みに時間がかかって不便ですよね。

私も家でネットを利用することが多く、YouTubeで動画を見るのが好きなので、通信速度はとても重要です。

WiMAXの通信速度が遅くなってしまったら、今回紹介した方法を使ってみてください。

実際に私も試して効果があったものなので、ある程度は改善されると思いますよ。

ただそれでも通信速度が改善されない場合は、固定回線の導入がおすすめですね。

通信速度も安定して、WiMAXのように制限なく使えることができます。

固定回線は新規申し込みでキャッシュバックなどのキャンペーンも行っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

フリーで編集・ライターをしています。自分の体験を元にした「分かりやすい記事」を書きます。 得意なジャンルは「働き方・レビュー記事」です。

執筆メンバの一覧を見る