モデルハウス宿泊体験は諸刃の剣?宿泊時にチェックしたいポイント

スポンサーリンク

工務店・土地探しという名の放浪の旅をしていた時期の悩みを振り返る」というページで、工務店・土地探しの悩みをお伝えしました。

そんな中、モデルハウスに泊まるという体験もします。きれいなモデルハウスに泊まれるだけでもなんだか幸せな気分でしたよ。でも、これから家を建てようと思っているのであれば、浮かれ気分だけではいけません。

しっかりと調査したり、見極めをしましょう。 

1泊過ごしてみると分かる、生活感

普通にモデルハウスを見ているだけだと、非現実的で生活感をあまり感じないと思います。

お風呂に入ったり、寝てみたり、1日を通しての気温変化を感じてみたり・・・1日過ごすだけでも気付くことはかなりあるはずです。

自分がこの工務店にお願いして完成した家での生活をイメージできます。

 

取り入れたいところ、いらないところの見極め

モデルハウスの宿泊でぜひともやってもらいたいことがあります。

1泊してみることで、今の自分の家に足りないところ、モデルハウス生活で満足できたことが見えてくるはずです。

いいところばかりではなく、これはスゴイけど自分の家には必要ないこともあります。私が泊まったモデルハウスには、地下まであり、そこでホームシアターができるようになっていました。

間違いなくスゴイけど、私は熱心に映画を見るわけではないので、これは要らないと思いました。

モデルハウスでの宿泊。いいなぁ、と思うことは沢山あるはずです。それよりも大事にしてもらいたいのは、これは要らないと思うところを見つけることです。

ムダを減らせば、自分にとって本当に大切にしている価値観が浮き彫りになってきます。

 

夢が膨らむけど、すごくて当たり前

モデルハウスでの宿泊を体験すると、あまりに快適で気持ち良く過ごせるので、ひたすら満足し、夢が膨らむことでしょう。

それは当然の話で、何も悪いことではありません。むしろ、夢が膨んで当たり前です。

ただし、知っておいていただきたいことが1つあります。モデルハウスはあなたの家ではないということです。
参考:ハウスメーカー(工務店)のモデルハウス見学の際に知っておきたい3つの注意点

モデルハウスはお客様に夢を見てもらって、商売に結びつけるためにあるものです。当然最高級の家になります。

将来、自分の家が建った時も当然キレイな状態ではありますが、モデルハウスのような大きさはないし、全てが最高級の設備や素材という訳にもなかなかいかないでしょう。

その辺りをしっかり踏まえた上で、モデルハウスの宿泊体験に望むようにした方が客観的に良し悪しが分かると思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る