楽天銀行の住宅ローンフラット35について詳細解説

スポンサーリンク

楽天銀行というと、ネット銀行のイメージが強いと思います。私自身も普通に預けてお金を下ろしたり、カードの引き落としに使ったりという感じです。

そんな楽天銀行で、住宅ローンのサービスもあるのはご存知ですか?もし、今後家を買おうと思っている方がいましたら、知っておくと後々便利になるかもしれません。

このページでは、楽天銀行の住宅ローンフラット35について詳しく説明していきます。

変動金利型の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローンは、変動金利と固定金利の2種類があります。もちろん、自分の好きな方を選べます。

変動金利を選んだ場合、固定金利を選んだ時よりも金利が小さくなります。なぜかというと、文字通り金利が変動する可能性があるからです。

今のところは変動金利の方が金利が低かったとしても、経済の状況によっては金利が上がる可能性があります。変動金利を選ぶ場合は、そのリスクも理解しておきましょう。

2015年1月現在では、変動金利で年0.670%の金利でした。かなり低いですね・・・。

変動金利だけど、最初の10年間を固定金利にするというプランもあります。その場合の金利は、2015年1月現在で年1.405%です。最初の10年間は変動するリスクを抑えたい時にこれを選ぶ感じですね。

楽天銀行で変動金利を選んだ場合の手数料は以下の通りです。

  • 保証料、繰上返済手数料:0円
  • 団体信用生命保険料:0円
  • 融資事務手数料:一律324,000円

楽天銀行の住宅ローン手数料

繰上返済手数料が0円なのはいいですね。ある程度貯金が貯まってきたら、その都度少しずつ返済していくことで、トータルの支払額を抑えれます。

あと、団信の生命保険が0円になるのも見逃せないポイントです。これを使うと、他の保険が必要なくなります。

融資事務手数料は結構いい値段になります。住宅ローンをするだけで30万円の負担はキツいなぁ。

楽天銀行口座で返済で0.3%金利が低くなる

楽天銀行で変動金利の住宅ローンを借りて、返済口座を楽天銀行にすると、他行の口座と比べて0.3%低くなります。

1000万円で計算して、0.3%も低くなるとそれだけで3万円も安くなりますからね。これは相当大きいです。年々積み重なっていくものなので、数十万円、百万円単位で変わってくる可能性があります。

楽天銀行については、以下のページで徹底解説しています。

固定金利型の住宅ローン

一方の固定金利は、住宅ローンを返し終わるまでずっと同じ金利になります。仮に35年かけて返していくなら、35年間ずっと同じ金利です。

固定金利にすることで、経済状況の悪化でインフレになって金利が上がったとしても影響を受けなくなります。

変動金利のデメリットの部分が固定金利だとメリットになります。その代わり、最初の段階では変動金利よりも金利が高くなっています。

固定金利を選ぶかどうかは未来予測と自分の将来の収入と支出の設計次第になります。固定金利の方が変動金利よりも計画が立てやすいと思います。

2015年1月現在では、15年〜20年以下の場合、年0.90%です。21年〜35年以下だと年1.17%です。これでも十分低金利だと思いますが、どう感じるでしょうか。

楽天銀行で固定金利を選んだ場合の手数料は以下の通りです。

  • 保証料、繰上返済手数料:0円
  • 団体信用生命保険料:任意加入
  • 融資事務手数料:借入額の1.08%

楽天銀行住宅ローン 固定金利

固定金利の場合は、団体信用生命保険への加入が任意になります。保険が必要と思っている方は別途費用がかかります。

融資事務手数料は最低108,000円からで、借入額の1.08%になります。比例する分だけ分かりやすいですね。

Skypeで住宅ローンの相談できる

楽天銀行の住宅ローンでは、相談窓口としてSkypeでビデオ通話しながら住宅ローンの相談ができます。

年末年始を除いて毎日夜10時まで相談できます。Skypeで対面になるのが抵抗ある方は、顔を映さずに会話することもできます。

Skypeでの通話をする場合は、希望日時な名前などを入力して予約します。外に出掛ける手間も省けるのでいいですね。

さいごに

楽天銀行の住宅ローンは、ネットバンクとの楽天銀行を組み合わせることで、お得に利用できるようになっています。

住宅ローンを決める時は、慎重になると思います。ここで今すぐ決めずにいろいろと検討した上で決めていただければと思います。

もちろん、住宅ローン借り換えにも対応しています。

楽天銀行については、以下のページで徹底解説しています。

楽天銀行住宅ローンの詳細ページはこちら

私が家を建てた時の話はこちらで振り返っています。住宅ローンの話はないですが、家が欲しいと思っている方の参考になるかと思います。
参考:注文住宅ストーリー

他の銀行と住宅ローンを比較してみる方は、以下のページもチェックしてみてください。

住宅ローンで融資してもらった体験記は以下のページで読めますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る