テキストポンの買取価格は評判・口コミ通り?申込手順・送り方・振込までの流れを徹底解説

スポンサーリンク

家を掃除していると、過去の古い参考書や教科書が出てくることもあると思います。

ずっと持っていてもしょうがないですよね。
そんなときは買い取ってもらうようにして、誰かに使ってもらうようにするのがいいですよ。

そんなときの選択肢になるのが「テキストポン」という宅配買取サービスです。

実際にテキストポンを使う機会がありましたので、このページではテキストポンで買い取ってもらうときに、どんなことに気をつけておけばいいかなどについて詳しく紹介していきますね。

テキストポンの特徴・サービスについて

テキストポンは、大学や専門学校の教科書・医学書・薬学書などの専門性が高い本の買い取りに対応しているサービスです。

これらの本って、1冊1冊が重たいですし、たくさん集まると持ち運びが困難になりますよね。

そんな本を宅配買取してもらえるのはとても便利ですよ。

テキストポンで買取できる本の種類は公式サイトに書かれてあるので参考にしてくださいね。
参考:テキストポンの公式サイト

10冊以上送れば送料無料になります

テキストポンでは、買取するために大学の教科書などを送らないといけません。

そのときに送料が必要になるのかが気になると思います。

テキストポンの場合は、10冊以上送れば送料無料になりますよ!

ただし、10冊未満だった場合は、買取価格から送料を自分負担しないといけないため、0円になってしまう可能性もあります。

送るときは、ゆうパックの着払いで送りましょう。
集荷に来てもらうか、コンビニで発送するかすれば大丈夫です。

書き込みやラインマーカーがあっても大丈夫

テキストポンで買い取ってもらうときに、書き込みやラインマーカーがあった場合は大丈夫なのかが気になるかと思います。

基本的には書き込みやラインマーカーがないほうが買取価格は高くなりますよ。

ただ、少しの書き込みなどであれば、買い取ってもらえますので、一緒に送ってみるのがいいですね!

もともとの価格が安い本だと買取できないこともあるので、あまり期待はしすぎないようにしましょう。

ダンボールは自分で用意する必要がある

宅配買取サービスによっては、ダンボールを無料で届けてもらえるところもありますが、テキストポンはダンボールを自分で用意しないといけません。

自分でダンボールを用意しないといけない分だけ、テキストポン側で余計なコストを負担しなくてよくなるため、結果的に買取価格に反映される可能性が高くなりますよ。

Amazon楽天市場で買ったときのダンボールが余っていたら、それを使って送るのもいいですね。

買取申込から振込完了までが早い!

あとでテキストポン実際に使ってみた手順を紹介していきますが、買取申込から振込完了までがめちゃくちゃ早かったです!

申し込んだその日に送って、その2日後には銀行振込まで完了していましたよ。

テキストポン自体がそこまで有名ではないサービスだからか、早く確認してもらえるのだと思います。

テキストポンに買取申込する手順

ここからは、テキストポンに買取申込する流れを詳しく紹介していきますね。

▼テキストポンのページを開くと、以下のような画面になりますので、下にある「買取申込」ボタンを押しましょう。

テキストポンの買取申込手順

▼画面下まで読み進めると、テキストポンの買取のために必要な入力欄が出てきます。

名前や住所など1つ1つ入力していきましょう。

テキストポンの買取申込手順

▼入力途中に「買取査定金額の承認」という項目があります。

私はすぐに振り込んでもらうほうがうれしいので、下にある「買取の査定後、すぐにお支払い」を選びました。

テキストポンの買取申込手順

▼振込先の銀行も忘れずに入力しておきましょう。

振込先の銀行は楽天銀行がおすすめですよ!
ハッピープログラムによって、楽天スーパーポイントが1〜3ポイントもらえますからね。

テキストポンの買取申込手順

▼運転免許証などの本人確認書類のアップロードも忘れないようにしましょう。

ここでアップロードしておけば、荷物を送るときにコピーを添付しなくても大丈夫です。

テキストポンの買取申込手順

▼ひと通り入力できたら、下にある「内容を確認する」ボタンを押しましょう。

テキストポンの買取申込手順

▼確認画面に変わりますので、間違いがないかチェックしてくださいね。

テキストポンの買取申込手順

▼問題なければ「買取りを申し込む」を押しましょう。

テキストポンの買取申込手順

▼これで、テキストポンへの買取依頼ができましたね。

テキストポンの買取申込手順

テキストポンに送る商品を梱包しよう

テキストポンに申込ができれば、送るためにダンボールに商品を詰め込みましょう。

ダンボールごと申し込んだ場合は、まずは届くまで待つ感じですね。

▼ちなみに私がテキストポンに送った商品は以下の写真の通りです。
テキストポンが得意とする医学書が半分ぐらいあります。

テキストポンに送った商品

テキストポンに送った本、査定結果はどうなった?

その後、テキストポンから査定結果の連絡がありますよ!

査定結果が届いたのは、6月25日の14:58でした。
その内容は以下の通り。

松本博樹様
買取番号:648405

この度は教科書・専門書の買取りのご依頼をいただきまして誠にありがとうございます。
本日査定総額をご指定の銀行口座に振込みさせていただきました。

査定総額:1,103円

この度は、テキストポンをご利用いただきありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

査定結果は、テキストポンに送ってから2日後に届きましたよ。
そのときのメールで査定金額と振込が完了したことが書かれています。

金額は1,103円でした!
1,000円以上になっているので、悪くないように見えるかもしれませんが、医学書とかは1冊あたりの定価が3,000円以上するものも多いため、それを考えるとかなり安い印象ですね。

いい本が多かったと思いますが、テキストポンではそこまで高く買い取ってもらえなかった感じです。

振込は楽天銀行にしてもらいましたよ。
そのほうがハッピープログラムによって、楽天スーパーポイントが1〜3ポイント貯まりますからね。

▼振り込んでもらった証拠はこちら。
「カ)ファントゥ テキストポン」という名称で振り込まれますよ。

テキストポンから振り込んでもらった証拠

さいごに

実際にテキストポンで買取してみて、今回はそこまでいい金額にならなかった印象です。

テキストポンだと買取できる書き込みがある本はなく、状態がいい本が多かったのですが、そこまで高くならなかったですね。

また、1冊ごとの買取金額もまったくわからなかったのもちょっぴり残念でした。

同じように大学の教科書や医学書などを送るのであれば、専門書アカデミーというサービスもあるため、こちらのほうが高くなるかもしれませんね。私が使ったときはいい金額でした!

良いところをあげると、送ってから2日後ぐらいには振り込んでもらえるというスピード感です。

テキストポンは岡山にある会社なので、岡山に近ければ近いほど買取までのスピードが早くなると思いますよ!

参考:テキストポンで買い取ってもらうにはこちらから

おまけ:その他宅配買取サービスと比較したい場合

ノマド的節約術では、テキストポン以外にもいろいろな買取サービスを紹介していますよ。

比較してみたい場合は、それぞれのジャンルから選んでみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る