7pay(セブンペイ)とは何?お得な使い方やメリット・デメリットについて徹底解説

スポンサーリンク

7payは2019年9月30日にサービス終了しました。

残高の払い戻し方法については、以下で紹介していますよ。

* * * * *

2019年7月1日から、7pay(セブンペイ)が使えるようになりました!

セブンイレブンをよく利用するのであれば、7payを使うのがおすすめですよ。

ただ、7payを初めて使う場合、どんな仕組みの決済方法なのかわかりづらい部分もありますよね。
7payでどんな風に支払うのか、使い方も気になるところです。

このページでは、7payの特徴をふまえつつ、メリットやデメリットについて詳しく紹介していきますね。

7pay(セブンペイ)とは?お得な使い方やメリット・デメリットを解説

7payとは?

7payは、スマホ決済サービスのひとつです。

PayPayLINE Payのコード決済のように、スマートフォンにQRコードやバーコードを表示させて支払いができますよ。

セブンイレブンアプリをダウンロードしておけば、すぐにでも7payが使えるようになります。

▼アプリを開いたら「バーコード決済7pay 新規登録」を押しましょう。

7pay新規登録

▼利用規約を確認して「私は以上の内容を確認しました」にチェックをいれ、「同意する」を押してください。

7pay 利用規約に同意する

▼これで7payの利用登録は完了です!「はじめる」を押しましょう。

7pay はじめる

▼セブンイレブンアプリに「7pay支払い/チャージ」のマークが表示されました。

セブンイレブンアプリ 7payを押す

あとは7payで支払いたいときに、「7pay支払い/チャージ」を押せばOKですよ。

7payを使うためにも、まずはセブンイレブンアプリをダウンロードしておきましょう。

参考:iOS専用のセブンイレブンアプリはこちらから
参考:Android専用のセブンイレブンアプリはこちらから

7payが使えるお店について

7payを使ってみようと思ったとき、どんなお店で使えるのか気になりますよね。

主に、7payが使えるお店は以下の通り。

  • セブンイレブン

残念ですが、セブンイレブン以外のコンビニでは7payが使えません。
ローソンファミリーマートも対象外です。

ただ、2019年の10月から外部加盟店での利用も視野に入れているようなので、7payが使えるお店はこれから増えていくかもしれませんね。

ちなみに、7payはオンラインショップでは使えません。
あくまでも店頭で利用できる決済方法だと覚えておくといいですね。

お店で7payを使うときの手順

7payを使ってみたいなと思ったときに、どうやって支払えばいいのか使い方についても気になる部分ですよね。

使い方を知っておけば、いざ利用したいときもスムーズに支払えますよ。

7payを使うときの流れは以下の通り。

  1. セブンイレブンアプリを開く
  2. 「7pay 支払い/チャージ」ボタンを押す
  3. 「セブンペイで支払います」とレジの店員さんに伝える
  4. スマホ画面に表示されたバーコードを読み取ってもらう
  5. 支払い完了

▼セブンイレブンアプリを開いて、「7pay 支払い/チャージ」を押しましょう。

セブンイレブンアプリ 7payを押す

▼スマホ画面に表示されたバーコードをレジで読み取ってもらうと、7pay決済できます。

7pay バーコード

支払うときの手順はたったこれだけです。

スマートフォンひとつで決済できるので、現金やクレジットカードで支払うときより簡単ですね。

PayPayLINE Payのコード決済を使うときと同じ感覚で利用できます。

7payを使うメリットについて

7payを使ってみようか悩んでいる場合、7payを使うことでどんなメリットがあるのか気になるところですよね。

そこで、7payを使うメリットについてまとめてみました。

  • 簡単にスマホ決済ができる
  • 登録・利用手数料が無料
  • nanacoポイントが貯まる
  • 好きなチャージ方法が選べる

ここからは、それぞれのメリットごとに詳しく説明していきますね。

簡単にスマホ決済ができる

7payは、セブンイレブンアプリに対応したスマートフォンさえあれば、すぐにはじめることができます。

iPhoneでもAndroidでも使えるので便利ですね。

スマホ画面を見せるだけで支払いができるので、子どもを抱っこしながらでもスムーズに会計ができますよ!

登録・利用手数料が無料

7payを使う上で、手数料がかからないかどうかも心配なところですよね。

安心してください。
7payでは登録・利用手数料が無料です!

特別お金をかけることなく、はじめることができますよ。

アプリさえダウンロードしておけば、すぐにでも使えるので便利です。

nanacoポイントが貯まる

7payを使う一番のメリットは、nanacoポイントが貯まることですね。

もらえるポイント数は以下の通り。

  • 通常ポイント:税抜200円ごとに1ポイント
  • キャンペーンポイント:税抜200円ごとに1ポイント
  • セブンマイル:税抜200円ごとに1ポイント

それぞれ基本となる還元率は約0.5%です。

還元率としてはnanacoカードと同じですが、ほかにキャンペーンポイントやセブンマイルがつくこともあるのでお得ですね。

しかも、2019年10月31日まではキャンペーンポイントがもらえるので最大1.5%のnanacoポイントが付与されますよ。

ただ、2019年7月~8月までの間はセブンマイルがもらえないので、最大1.0%の還元率になります。
それでも、nanacoカードで支払うよりも多くのnanacoポイントがもらえますね。

セブンマイルは1マイル=1nanacoポイントとして利用可能です。
50マイル単位からnanacoポイントに交換できますよ。

nanacoポイントは、セブンイレブンアプリに紐付けてあるnanacoカードに貯まります。

セブンイレブンアプリにnanacoを登録していない場合、貯まるポイントはnanacoネットポイントになるので気をつけてくださいね。

7payでnanacoポイントを貯めるためにも、nanacoカードを用意してアプリに紐付けておくことをおすすめしますよ。

好きなチャージ方法が選べる

7payは、事前にチャージして使うタイプのスマホ決済サービスです。

選べるチャージ方法は以下の通り。

▼7payアプリで「チャージ」を押すと、チャージ方法の選択画面になりますよ。

7pay チャージ方法

お店でチャージしたいときは、セブンイレブンのレジやセブン銀行ATMでチャージ可能です。

チャージする手間を省きたい場合は、あらかじめクレジットカードでチャージしておくのがおすすめですね。
クレジットチャージ分のポイントも貯まるのでお得です。

nanacoポイントでもチャージできるので、7payでnanacoポイントを貯めつつ、貯めたポイントを7payの支払いにあてるという使い方もできますよ!

それぞれのチャージ方法は、以下のページで詳しく紹介しています。

7payを使うデメリットについて

メリットも多い7payですが、デメリットになりそうな部分もあります。

主に、デメリットに感じそうなところは以下の通り。

  • セブンイレブン以外のお店で使えない
  • ネットの支払いに使えない

今のところ、7payが使えるお店は限られているので、ほかのお店で使いたい場合はちょっと不便に思うかもしれません。
使える加盟店が増えるよう、期待したいところですね。

また、7payはオンラインショップでは使えないため、ネットでの決済方法には向いていません。

オンラインショップの支払いでnanacoポイントを貯めたい場合は、以下の方法で決済しましょう。

nanacoは使えるお店が限られていますが、セブンカード・プラスでクレジットカード払いすればnanacoポイントが貯まります。

いろんな場面でnanacoポイントを貯めたいのであれば、セブンカード・プラスを用意しておくのもいいですね。

参考:セブンカード・プラスを使ってみるにはこちらから

7payでもらえるポイントはいつ付与される?

7payを使うと、nanacoポイントが貯まります。
そんなnanacoポイントですが、支払ってすぐにポイントがつくのか気になりますよね。

もらえるポイントの種類によって、付与タイミングは異なります。

ポイント別の付与タイミングは以下の通り。

  • 通常ポイント:支払い完了後の翌々日
  • キャンペーンポイント:翌月7日まで(前月1日~末日までの支払い分が対象)

たとえば、7月1日に7pay決済した分の通常ポイントは7月3日、キャンペーンポイントは8月7日までにもらえる計算になりますよ。

キャンペーンポイントは合算ではなく、取引単位ごとに計算されて付与されます。

すぐにポイントがつくわけではないので注意しましょう。

7payが使えないときの対処法

7payを使おうと思ったのに、なぜか支払えないこともあるかもしれません。
原因になりそうなことを知っておけば、いざというとき対処しやすくなります。

主に、7payが使えない原因になりそうなものは以下の通り。

  • スマートフォンにヒビや傷がついている
  • お店が7payに対応していない
  • 7payの残高不足
  • 7payの支払い対象外の商品を買おうとしている

7payは、スマートフォンにQRコードやバーコードを表示させて支払う決済方法です。
スマートフォンの画面にヒビや傷がついていると、うまく読み込めないこともありますよ。

また、そもそもお店が7payに対応していなかったり、残高が不足していたりすると利用できません。

お店の商品やサービスによっては、7payで支払えないものもあります。

たとえば、以下のようなものは7payで支払えない可能性が高いですよ。

  • 公共料金
  • 収納代行票
  • インターネットチケットサービス
  • nanacoの発行手数料・再発行手数料
  • POSAnanacoギフトカード
  • nanacoへのチャージ
  • 7payへのチャージ
  • 交通系電子マネーのチャージ
  • 楽天Edyへのチャージ
  • セブンイレブン店頭受取(セブンネットショッピングは除く)

お得なキャンペーン中がおすすめ!

7payでは、随時お得なキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間中に7payを使うと、通常よりも多くのnanacoポイントが貯まったり、お得なクーポンがもらえたりします。

たとえば、以下のようなキャンペーンがありました。

  • アプリから7payに登録するとおにぎり1個の無料クーポンプレゼント
  • 一度に1,000円以上のチャージでさらにもう1個おにぎりの無料クーポンプレゼント
  • セブンイレブンで7pay支払いをするとnanacoポイントが2倍もらえる

7payにアプリから登録して1,000円以上のチャージをすれば、2個分のおにぎりが無料になりますよ!

食費の節約にもなるのでうれしいですね。

お得なキャンペーン期間に7payを使って、nanacoポイントを貯めてみてください!

さいごに

7payについてまとめてみました。

  • セブンイレブンアプリをダウンロードすればすぐ使える
  • チャージ方法が選べる
  • 年会費・入会費が無料
  • 7payを使うとnanacoポイントが貯まる
  • nanacoポイントを使って7payにチャージできる

よくセブンイレブンを利用するのであれば、おすすめの決済方法です。

セブンイレブンでは7payやnanaco、対応していないお店ではセブンカード・プラスでクレジットカード払いといった感じに使い分け、nanacoポイントを貯めるのもいいですね。

しかも、キャンペーン期間中はnanacoカードで支払うよりもポイントが多くもらえてお得ですよ。

7payを使って、効率よくnanacoポイントを貯めてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

長野在住のフリーライター/3児の母。時間とお金は有限なので、自分の納得できるものに注ぎたい性分。心が豊かになれる暮らしのヒントや、子育てに役立つお得情報など発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る