エポスカードで家賃保証が便利!ROOM iDを使って家賃支払でポイントを貯める方法

松本 博樹の画像

マルイでお得に使えるクレジットカードで有名な「エポスカード」がありますよね。

マルコとマルオの7日間でのセール、海外旅行傷害保険、お店での優待などの使い道がメインになりますが、もう1つあまり知られていない使い道がありますよ。

それは賃貸物件の家賃支払いや保証に使うこと。
エポスカードがあることで保証人が必要な書類を省けるため、部屋を借りるときもスムーズにできますよ。

そこでこのページでは、エポスカードで家賃支払いするときに気をつけたいことやよりお得にできる方法を詳しく紹介していきますね。

「ROOM iD」でエポスカードが保証代わりに

エポスカードを使って保証代わりにするサービスは「保証人おまかせプラン ROOM iD」といいます。

改めてROOM iDのサービスを紹介すると以下のようになりますよ。

  • エポスカードで保証代わりにできる
  • 保証人が不要になる
  • エポスカードで家賃支払いができる
  • 家賃支払いでエポスポイントも貯まる
  • 個人契約のみ

エポスカード ROOM iD

ROOM iDのメリットはエポスカードがあることで保証代わりに使えること。
しかも、エポスカードで家賃が支払えるようになるため、ポイントも貯めやすくなりますよ。

提携不動産会社の物件のみ

ただし、どこの物件でもこの方法が使える訳ではありません。
ROOM iDと提携している提携不動産会社が取り扱っている物件だけエポスカードが使えます。

取り扱っている物件はほとんどが首都圏で、他の地域はほぼ皆無といっていいぐらい。

東京・神奈川に住んでいる方であれば、対象になる物件が多く見つかりますよ。

私の住んでいる神戸でも賃貸の部屋を探しているときにクレジットカード払いに対応しているところで調べましたが、やはり少なかったです。

ただ、数少ないクレジットカード払いに対応しているところがROOM iDを使うところでしたよ。

私が見た部屋はエポスカードだけに対応していて、他のクレジットカードでの支払いには対応していませんでした。

その点でもエポスカードは貴重なクレジットカードとなりますね。

家賃の支払いもエポスカードでポイントが貯まる

先ほども紹介したように、ROOM iDと提携している物件を選ぶと、毎月の家賃支払にエポスカードが使えます。

高額になる家賃の支払いをクレジットカードにすることで、ポイントが一気に貯まっていきますよ。

エポスカードのポイント還元率は0.5%と普通ですが、普段はなかなかクレジットカード払いできない家賃の支払いに充てることで、ポイントがどんどん貯まりますね!

エポスポイントも、交換する特典によっては還元率を高くできます。

また、エポスポイントを次年度以降の保証料支払いに充てることもできますよ。
ポイントを使うことで値引きになりますね。

3,000ポイント貯まってて、次年度の保証料が8,000円だとすると、ポイントを使うことで、5,000円まで安くできます。

仮に月8万円の家賃をエポスカードで支払うことになれば、1ヶ月で400ポイント貯まりますよね。年間にすると4,800ポイントで4,800円分です。

こうやって見ると家賃をクレジットカード払いできるのってお得でしかないですよね。

しかも振込とは違って忘れないのもメリットが大きいです。

もちろん滞納しないようにだけ気をつけてくださいね。
ノマド的節約術では貯金や節約の方法をたくさん紹介していますので、それを見ればよりお金を増やせるはず。

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードだと契約で2,500ポイント

ROOM iDはエポスカードで使えるサービスということで、上位カードのエポスゴールドカードエポスプラチナカードはどうなんだろうと思いませんでしたか?

これらのカードを持っている状態で部屋の契約をした場合は2,500エポスポイントがプレゼントされるため、普通のエポスカードよりもお得ですね。

特にエポスゴールドカードは招待が届いて作れた場合は年会費無料で持てるため、どうせならエポスゴールドカードを持った状態で部屋を契約できたほうがラッキーです。

今回は難しいでしょうけど、次回以降のためにエポスカードを作って、招待が来るのを待つのもおすすめですよ。

ROOM iDを使うときの流れと審査について

ROOM iDを使うときにどんな流れで契約になるのかが気になると思います。
ざっくりとした流れは以下の通りです。

  1. 物件を申し込む
  2. エポスカードで保証審査する
  3. エポスカードから不動産会社へ審査結果の連絡
  4. 不動産会社で賃貸借契約書とROOM iD契約書を記入
  5. 契約成立
  6. エポスカードで保証料を支払い

一般的な賃貸契約の流れと同じような感じですが、保証の審査がエポスカードとなるところが違いますね。

詳しくわからなくても、不動産会社さんからいろいろ教えてもらえると思いますので、わからないことを質問しながら手続きを進めたらいいと思います。

ちなみに家賃の支払いはエポスカードの口座引き落とし日と同じ毎月27日ですよ。

さいごに

ROOM iDと提携している物件が必ずしも安いとは限らないですが、比較検討していく中で、最も安い物件がROOM iDと提携しているところだとラッキーですね!

エポスカードでの支払いでポイントも貯まっていくし、長い目で見るとポイント分だけで結構な節約になります。

運良く当てはまる場合は、ROOM iDの仕組みをうまく活用して少しでも家賃を節約していきましょう。

あらかじめエポスカードを持っておけば準備の手間を1つ減らせるし、ネットからだとキャンペーンが充実しているため、先に作っておくのがおすすめです!

▼エポスカードを使うにはこちらから▼

引っ越しが決まったら、以下のページも参考にどうぞ。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール