FXトレードの週間レポートを大公開!FX初心者が取引してみた結果は?【パンダでもできるFX成績記録 #1】

スポンサーリンク

FXの買い方を知ったばかりのFXド初心者、パパンダ(@papanda_life)です。

「初心者だけど、100万円を元手にFX取引をしてみよう!」と思って始めたパンダでもできるFXの連載。

日々の仕事の合間にひとりで黙々と取引を行っていると、なんだか寂しい…。

どうせなら、僕の成長している(もしくは全然成長しない…)姿をみてほしいと思い、パンダでもできるFX成績記録のページを作ってみました。

誰だってFXを始めた当初は、初心者ですよね。

かつて初心者だったひとは、「ふっ、まだまだだね」と思うかもしれません。
中級者くらいだと「そこは、もっと、こうしたほうがいいよ!」とアドバイスをくれるかも?

僕と同じ初心者の場合は、「一緒にがんばりましょう」と思ってくれるに違いない!
このページは、そんな妄想をいだきながら、毎週土曜日にその週の記録をつけていきます。

FX取引を始めたころの基本情報について

まずは、FX取引を始めたころの基本情報を紹介します。

開始純資産1,000,000円
初取引日2019年5月9日
利用FX口座マネーパートナーズ
取引通貨単位100通貨
レバレッジ1倍

元手の100万円が、どんどん増えてほしい…。

第1回:2019年6月8日時点のレポート

純資産999,993円
資産の動き-7円
取引経過日数28日
取引通貨ペアUSD/JPY(アメリカドル/日本円)
行った取引や出来事初めての「買い」注文
初めての「売り」から入る注文
なんちゃって「スキャルピング」

2019年6月8日時点のレポートは、記録を始めてから第1回目のレポートです。

2019年5月ごろから、ビクビクしながら始めたFX取引。
ダイナミックな動きなんて、皆無です!

少しでも純資産が減るのって、なんだか怖いですよね。
FXの勉強をして、少しずつ上手に取引ができるようになっていきたいです。

マネーパートナーズの機能「かんたんトレナビ」を試してみた

【FXレポート】かんたんトレナビの画面

マネーパートナーズの機能「かんたんトレナビ」というものを、試しに見てみました。

▼「かんたんトレナビ」は、以下のような機能です。

  • 総合判断の赤と青のバーを見るだけで、今が「買い時」か「売り時」かが一目でわかる
  • 取引のタイミングが分からずに取引できなかったひとでも、取引チャンスをつかむことができる
  • 売買シグナルが出たあと、どのように動いているか流れを確認することができる
  • 過去にさかのぼってシグナルが出たタイミングを確認することができるため、過去の取引をイメージしながら自然に取引のコツをつかめるようになる

おお!!これは勉強のツールですね。
かんたんトレナビに頼りっきりではいけませんが、まったくのFX初心者である僕にはよい教材かと思いました。

試しに30分くらいずっと、かんたんトレナビの画面を見て、「なんちゃってスキャルピング」の取引スタイル。

ちなみにスキャルピングとは、数分から数十分という短い間に、売買を行い利益をねらう方法です。

でも、正直しんどい…。

FXは値動きが常にあるので、ずっと画面に張り付いているわけにはいきませんよね。

ちなみにかんたんトレナビは、スマホアプリからも見られますが、パソコン画面のほうが断然見やすかったですよ。

第2回:2019年6月15日時点のレポート

純資産999,121円
資産の損益-879円
先週からの損益-872円
取引経過日数35日
取引通貨ペアUSD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
TRY/JPY(トルコリラ/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
CAD/JPY(カナダドル/日本円)
GBP/USD(ポンド/アメリカドル)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
行った取引や出来事ゴールデンクロスとデッドクロスを意識して売買
テクニカルチャート(RSI)を見て売買
全通貨ペアを「買い」と「売り」注文をし利益が出ているものだけ決済
週末に全取引の損失が-1,000円を超えたので決済

FX取引を始めたばかりなので、最初の通貨ペアは「USD/JPY(アメリカドル/日本円)」を選んでいました。

「でもなんだか全部に手をつけたい……」と思い、マネーパートナーズFX nanoにある、取引通貨ペア全18種類の売買をしてみましたよ。

「どれかが、うまくいくだろう」という、初心者ならではの変な目論見もあり。
でも残念ながら、うまくいかずマイナス、マイナスの日々でした。

【FXレポート】建玉照会

テクニカルチャートを見て取引をしてみた

FX取引は、自分の「勘」だけではできません。

さまざまな取引を経験し、そこから得た情報や先人の知恵をいただきつつ、上手に取引するのがよいですね。

だから、テクニカルチャートを見て取引をしてみましたよ。

FXの書籍で勉強したRSIというチャートを利用。
なぜRSIを選んだかというと、パッと見てわかりすかったから…。

でも初めてだったので、あまり分析ができず、上手に取引はできませんでした。

また、通常のチャートを見て「ゴールデンクロス!!」「デッドクロスだ!!」と心で叫びながらも取引をしましたが、こちらもうまくいかない…。

最初はこんなもんですよね。

第3回:2019年6月22日時点のレポート

純資産998,906円
資産の損益-1,094円
先週からの損益-215円
取引経過日数42日
取引通貨ペアUSD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
行った取引や出来事USD/JPY(アメリカドル/日本円)に限って取引をしようと思う
一目均衡表を使って取引をしてみる
1分足から1時間足に切り替えてみる

前の週は全通貨に手を出してしまったので、この週はUSD/JPY(アメリカドル/日本円)に絞って取引を開始しました。

なんとなく「買い」ポジションで100通貨の取引をしましたが、どんどんマイナスになっていくだけ…。

勘だけでは本当にどうしようもないので、一目均衡表を使うことに!
「僕、ちょっとだけ賢くなってきたぞ」と、勘違いパンダが誕生します。

一目均衡表で三役好転を目撃!

「一目均衡表を使いこなせばFXはラクに稼げる!」の文言に、目が奪われてしまい買ってしまった本。

最初はなんだって勉強ですよね。

たまたま読んでいたページに、「三役好転」という強力な売買サインの文章が載っていました。

  • 転換線が基準線を上に抜く
  • ローソク足が雲を上に抜く
  • 遅行スパンがローソク足を上に抜く

この3つの現象が起こると、強力な「買い」のサインだそうです。

「おお!!」と思い、すぐさま「買い」のポジションを取りました。

【FX連載】一目均衡表の三役好転

▼すると、意外にも結果がでてしまいます!

ただし調子がよかったのは、この時だけでその後の取引は負けっぱなしでした…。

第4回:2019年6月29日時点のレポート

純資産998,880円
資産の損益-1,120円
先週からの損益-26円
取引経過日数49日
取引通貨ペアUSD/JPY(アメリカドル/日本円)
行った取引や出来事一目均衡表を見ながら、1時間足でじっくり待ってみる

前の週に引き続き、一目均衡表を見ながら取引をしみました。

ただ、少しでも利益がでると「利食いしなきゃ!」と思い、焦って決済。

小刻みな利食い

反対に少しでも損がでると「損切り!」と、やはり焦って決済をしてしまいます。

損切り

なんだか、チャートから目が離せない…。

「もう少し、腰を据えた取引がしたいものだ」と思い、注文したあと待ってみることにしましたよ。

今は「損」がでているけど、きっとそのうち「利益」に転じると信じて…。
信じたい!

待ってみる場合は、「1時間足」より「日足」のほうがいい気がしてきましたよ。
次の週は、日足でチャートを見てみようっと!

さいごに

毎週土曜日にその週の成績や、どんな取引を行ったかなどを詳しく紹介していきます。

そして、心が砕けない程度に取引を楽しみたいと思っています。

おまけ:FXに関連した記事

このページでは、FXの成績記録について紹介してきました。

取引やFXの買い方について詳しく知りたい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。

参考:パンダでもできるFXの記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いた人

岡山県在住のWebライター。育児休業を1年間取得経験あり!給与事務や社会福祉事務分野が得意。妻が精神障害者&発達障害、息子も発達障害のため、社会福祉制度を利用中。給与関連でのお金のこと、福祉的なことをはじめ、わかりやすく丁寧お伝えします。パパンダの年子育児ライフを運営中です。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!