土地購入までに確認すべき重要事項説明書・抵当権・建築条件・セットバックについて

スポンサーリンク

知って損はない、土地を決めてから購入完了までの流れ」というページで、土地を仮押さえしてから購入するまでの流れをざっくりと紹介しました。

このページではもう少し具体的に説明していきます。これは私が体験したことをベースとなっています。

重要事項説明書を事前にもらう

気になった土地を抑えておきたいという意思を不動産屋さんに伝えて、売買契約を行う前に土地の契約に関する書類を受け取ります。

この重要事項説明はのちのちトラブルになりやすいことがほとんどなので、熟読して疑問に思ったことがあれば、メモなどをとっておき、後で質問できる準備をしておきましょう。

大切なことなので、しっかりやっておくことをおすすめします。私も気になることはいろいろと質問しました。

重要事項説明書の書類は不動産さんによってもらえず、当日にいきなり説明することもあるようなので、必ず事前にもらうようにしておいてください。

あらゆる状況を想定した上で、それでも自分が納得できて土地を買えるかどうか、じっくり考えましょう。

抵当権などを確認する

重要事項の確認も大事ですが、他にも見ておくべきことはあります。

これから買おうとしている土地に抵当権が設定させていないかどうかの確認です。ついているかどうかは不動産屋さんが教えてくれるとは思いますが、自分でも確認しておきましょう。

もし、抵当権が設定されていれば、ややこしいので、不動産屋さんに頼ることになります。

一番いいのは、気になった土地を見つけた時点で、抵当権が設定されているかを確認することです。不動産屋さんに聞いてみましょう。

建築条件、セットバック

もう一つ、これから買おうとしている土地に建築条件やセットバックなどの条件が設定されていないかの確認が必要です。

もしこれらの条件が設定されているのであれば、しっかり話を聞いて、自分はこの条件で納得できるのかどうかの判断が必要となります。

しっかり話を聞いて、考えておかないと、後で知らなかった・・・と後悔することになりかねませんので、注意が必要です。

これから何十年、生涯にわたって住み続けていくことになる自分の土地のこと。真剣に話を聞いて、真剣に考えてじっくり考えましょう。

相手は1人のお客さんとしてしか見ていないかもしれませんが、こっちは一生が掛かっている大切なことです。自分が納得するまでじっくり悩んで検討してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る