建物解体条件付きの土地を買う時にコストを安くする方法

スポンサーリンク

私が手に入れた土地は、少し特殊な状態でした。

それはどういうことかと言うと、もともと建物が立っていて、解体しないといけない条件での契約です。

土地を買うために、建物を解体するというのは、当然ながら初めての経験です。その時に私がとった行動は結果的に一番コストを抑えることができました。

土地なんて金額の桁が普通とは全く違うので、ほんの少し浮くだけでも数万円レベルで変わってきます。

桁があまりにも現実離れしているので、数万円安くなったところで誤差の範囲に感じるかも知れません。しかし、冷静になって考えてください。数万円も浮くって普通の生活をしていると、どれほどありがたいことか。

何はともあれ、私は建物を解体する条件が付いている土地を買う時に、最もお得な買い方をすることができました。

このページでは、最もお得に解体条件付きの土地を買う方法をお伝えします。

建物を解体せずに買うと少し割安に

解体条件付きの土地を買う時は、そのままの条件で買わずに、違う方法で買うこともできます。

それは、建物を壊した状態で土地を引き渡してもらうのではなく、建物は自分で壊すことを条件にそのままの状態で引き渡してもらうことです。これを現況渡しといいます。

わかりやすく説明するためにも、私の例を出してみましょう。

私が買った土地のもともとの値段は1,510万円でした。これを建物はそのままの現況渡しにしたところ、1,390万円で買うことができました。解体した時の手数料が120万円だろうという推測で、単純に120万割り引くことに成功しました。

不動産屋さんに払う仲介手数料が少なくなる

この時点で120万割り引くメリットは、これから説明する内容でお分かりいただけると思います。

この土地は、不動産屋さんに紹介してもらっています。そのため、不動産屋さんに紹介してくれてありがとうございます!ということで、仲介手数料を払わないといけません。

この仲介手数料の計算式は以下のとおりです。

土地の値段 × 3% + 60,000円

私の場合だと、もともとの値段である1,510万円で土地を買うとこのような計算式になります。

15,100,000 × 3% + 60,000 = 513,000円

今度は現況渡しに変更した後の値段の計算式です。

13,900,000 × 3% + 60,000 = 477,000円

いかがでしょうか?支払った仲介手数料が安くなっていることがお分かりいただけると思います。513,000から477,000を引くと36,000となります。つまり、やり方を変えただけで36,000円も得した計算になります。

不動産屋さんには申し訳ないけど、ほんの些細なことでこれだけの金額を浮かすことができます。すごいと思いませんか?

解体業者に払うお金は浮いた分よりも安くする

現況渡しで、自分で解体しないといけない条件で土地を買ったので、その後は自分で解体業者を探さないといけません。

この時のポイントは、解体費用が120万円(現況渡しに変更したことで浮いた金額)以内になる業者を選ぶことです。めちゃくちゃ重要です。

120万円以上かかってしまったら、仲介手数料をわざわざ安くした意味が全くなくなってしまいますので、注意してくださいね。

私はパートナーとしてお世話になることに決めた木材屋さんから、解体業者を紹介していただけました。

ちなみに、かかった解体費用は税込みで1,155,000円です。現況渡しにしたことでて浮いた、120万よりも安くなりましたね。

10万円近くも得しました

仲介手数料で36,000円、解体業者に頼んだことで45,000円、それぞれ支出を抑えることができました。合計で81,000円もの大金です。

ほんのちょっとやり方を変えるだけでここまで差がでるものです。解体条件が付いている土地を買う時は、ぜひこの方法を使って少しでも安くなるようにしてみるといいですよ。

土地が高ければ高いほど、この方法を使うと浮かせることのできる金額が大きくなります。

最後に手順をまとめておくと、以下のようになります。

  • 建物は解体せず、現況渡しに変更して支払額を減らす → 仲介手数料が浮く
  • 解体業者に払うお金は、現況渡しにして浮いたお金以下にする

以上です。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る