鯉のぼりの意味や由来・飾り方・いつ飾るか・片付ける時期・種類について徹底解説

スポンサーリンク

5月5日は「端午の節句(たんごのせっく)」です。

男の子の健やかな成長を願う、日本に昔からある風習ですね。
そして、端午の節句といえば鯉のぼり五月人形

鯉のぼりは端午の節句といったら、まっさきに思い浮かぶ、端午の節句の象徴的な存在ではないでしょうか。

迫力ある大きな鯉のぼりが飾られると、端午の節句の気分が高まりますね。

しかし、端午の節句は年に一度しかないので、以下のような困りごとがありませんか。

  • 飾り方がわからない
  • いつ飾ればいいのか?
  • いつ片付ければいいのか?
  • 飾る場所はどこがいいのか?
  • 鯉のぼりにはどんな意味があるのか?

そこで、このページでは鯉のぼりの種類や飾り方・飾る時期・片付ける時期などを詳しく紹介しますね。

鯉のぼりとは?江戸時代の庶民のあいだで生まれた

現代の鯉のぼり

鯉のぼりの意味や飾り方の前に、まずは鯉のぼりはいつごろできて、どんなものなのかについて紹介しますね。

鯉のぼりの起源とは?最初は吹き流しだった

鯉のぼりは、江戸時代中ごろに江戸城下の庶民のあいだで生まれました。

江戸時代の武家のあいだでは、端午の節句になると、家の中に鎧・兜や武者の人形を飾り、玄関や庭に幟(のぼり)や馬印(うまじるし)などを立てる風習があったのです。

しかし、庶民には鎧や兜などがありませんので、代わりに紙の飾りを飾るようになります。
また、幟や馬印も庶民にはありません。

そこで、五色の吹き流し(ふきながし)を立てるようになったのです。
吹き流しは、古代中国の「五行説(ごぎょうせつ)」に由来しています。

吹き流しには邪気払いの意味があって、戦国時代に戦が終わったあと、武将が戦がふたたびおこらないように願って飾っていました。
江戸の庶民も、邪気払いの意味で端午の節句に立てるようになったといわれます。

吹き流しが大きな1匹の鯉のぼりに変化

やがて、江戸の商人のあいだでさらに工夫がなされ、中国から日本に伝わった「鯉が滝を登って竜になる」という「登龍門(とうりゅうもん)」伝説にあやかって、鯉の形の幟を飾るようになったのです。

これが鯉のぼりの起源となりました。

鯉を飾ったのは、鯉が竜になるように我が子も健やかに成長し、将来立派になるよう願ったのが理由といわれていますよ。

江戸時時代の鯉のぼりは、和紙製でした。
また、現在のように複数の鯉ではなく、鯉は大きな一匹のみです。

やがて、鯉のぼりは巨大化していきました。
歌川 広重(うたがわ ひろしげ)の浮世絵『名所江戸百景(めいしょ えど ひゃっけい)』にも、大きな一匹の鯉のぼりが描かれていますよ。

明治以降に鯉の数が増えて布製に

明治時代になると、大きな黒い鯉(真鯉)と小さな赤い鯉(緋鯉)の2匹を飾るようになりました。
これは、父親と息子の親子をイメージさせています。

昭和戦後時代、高度経済成長期が訪れると、豊かになるとともに鯉のぼりも豪華に。
真鯉・緋鯉にくわえて青い子鯉も飾られるようになりました。

これは家族をイメージしていますよ。
子鯉が加わったことで、緋鯉は息子から母親に意味合いが変わりました

▼さらに江戸時代に飾られていた吹き流しも鯉のぼりに取り入れられるようになり、現在のスタンダードな鯉のぼりの形となりました。

現代の鯉のぼり

いまでは、子鯉の数がさらに増えて、色もカラフルになった鯉のぼりも登場していますよ。

また、素材も明治時代に和紙から綿が主流になり、一日じゅう屋外にたてられるようになりました。

さらに高度経済成長期のころからナイロン・ポリエステルなどの合成繊維が登場し、合成繊維製が主流に。
軽くて丈夫で保管しやすい鯉のぼりに変わりました。

さらに絵柄も手書きからプリント柄が多くなります。

現在の鯉のぼりは設置場所に応じて多様化

現在はマンションやアパート暮らしや、庭がなかったり小さかったりする家が増えました。
そのため、ベランダや玄関先に飾ることを前提とした、ミニサイズの鯉のぼりも人気ですよ。

屋内に飾る「飾り鯉」というものも登場し、鯉のぼり全体の売上の約3割を占めています。

現在、従来の屋外タイプでは、3~5メートルのものが人気です。
いっぽう、室内タイプ(飾り鯉)は、60~120センチメートルのものに人気があります。

また、端午の節句が近くなると、イベントやこどもが多く訪れる観光スポットなどで、鯉のぼりが掲げられることも。

▼長いロープにたくさんの鯉のぼりが飾られる場所もあります。

イベントで飾られたロープ状の鯉のぼり

保育所や幼稚園でも園庭に鯉のぼりを飾るところもありますよ。

端午の節句の由来について

鯉のぼりの歴史がわかったら、端午の節句がどんなものか気になりますね。

端午の節句は別名「菖蒲(ショウブ)の節句」や「重五(ちょうご)」と呼ばれ、古くから日本でおこなわれてきました。

もともと古代中国で生まれたものですが、奈良時代に日本に伝わって宮中行事として取り入れられたんですよ。

やがて、5月5日に端午の節句がおこなわれるようになります。
内容も日本独自のやり方になって、季節の変わり目に無病息災を願って邪気払いをする儀式となりました。

鎌倉時代以降の武家社会になると、武家は端午の節句を大切な日としました。
「武道や軍事を大切なものと考えること」を意味する尚武(しょうぶ)と菖蒲の語呂合わせが理由です。

武家社会とともに、端午の節句はこどもが将来出世して活躍するよう願う行事になりました。

江戸時代になると徳川幕府が「五節句」を定め、端午の節句も五節句のひとつになります。
五節句は現代の祝日にあたりますよ。

武家のあいだで、端午の節句には武具武具をまとった人形を飾ったり、馬印を飾ったりする風習が生まれました。
やがて、これが庶民に広がります。

江戸時代の端午の節句の風習が、現在に残っているんですよ。

鯉のぼりを飾るのはいつから?3月下旬から4月中旬にの天気のいい日に飾る

端午の節句がわかったら、つぎは鯉のぼりはいつ飾ればいいかが気になります。
ここからは、鯉のぼりを飾る時期について紹介しますね。

鯉のぼりを飾る時期は、明確な決まりはありません

桃の節句(上巳の節句)が終わったあとに鯉のぼりを飾るのが、一般的です。
具体的には、3月中旬頃ですよ。

春分の日を鯉のぼりを飾り始める目安とする人も多いです。

また、五月人形といっしょに飾るのもおすすめ。
準備はたいへんですが、1日ですべて終わらせてしまえば、あとが楽ですよ。

ただし遅くなりすぎると、せっかく飾った鯉のぼりを見る期間が減ってしまいます。
遅くとも4月中旬には飾るのがおすすめですよ。

また、室内用の飾り鯉でなければ、鯉のぼりは屋外に飾ります。
そのため雨の日以外、できれば晴れた日に飾るようにしましょう。

大きな鯉のぼりを雨の日に飾るのは大変です。
雨が降りそうな日も避けましょう

鯉のぼりを立てるのはいつまで?5月5日以降早めの天気がよい日に片付ける

鯉のぼりを飾る時期がわかったら、つづいて鯉のぼりを片付ける時期を紹介しますね。

鯉のぼりを片付ける時期も、飾るときと同じように決まっていません
しかし、端午の節句が終わったのにいつまでも鯉のぼりを飾っておくのは、不適切です。

鯉のぼりは五月人形と違って外に飾っているので、人目に付くため、印象がよくありません。
そのため、端午の節句が終わったら、なるべく早めに片付けましょう。

鯉のぼりを片付けるときは、飾るときと同じく天気のいい日に片付けてください。
乾いた状態で片付けないと、鯉のぼりにカビが生えたりして傷みますよ。

前日に雨が降った場合、次の日が晴れていても鯉のぼりがまだ乾いていないかもしれません。
状態をよく見て、乾いていなかったら予定を遅らせて、鯉のぼりが乾ききった日に片付けてくださいね。

また、鯉のぼりの片付けが遅くなると、梅雨入りしてしまいますので、注意しましょう。

5月下旬までに片付けるのが目安です。

鯉のぼりを飾る場所

鯉のぼりを飾る時期のつぎは、鯉のぼりを飾る場所について紹介しますよ。

屋外用の一般的な鯉のぼりは、庭先に飾ります

ただし、以下のような場合は、屋外用の一般的な鯉のぼりを飾るのは困難です。

  • すぐ近くに電線・電柱がある
  • 庭が狭い
  • 隣の家の建物が近い
  • 庭自体がない
  • マンションやアパート

近くに電線・電柱があったり、隣の家の建物が近かったりする場合、鯉のぼりが電線や建物にふれてしまい、危険です。
また、庭が狭い場合は、鯉のぼりが敷地からはみ出てしまいます。

屋外用の一般的な鯉のぼりが飾れない場合は、あらかじめ設置場所にあったタイプの鯉のぼりを購入しましょう。

鯉のぼりの種類と飾り方

ここからは、鯉のぼりの種類や飾り方について紹介しますね。

鯉のぼりの種類は?設置場所に応じていろいろな高さのものがある

まずは鯉のぼりの種類からみてきましょう。

▼鯉のぼりのおもな種類には、以下のようなものがあります。

  • 屋外用 大型(高さ 3~10メートル)
  • 屋外用 小型(高さ 2~4メートル)
  • ベランダ用スタンドタイプ(高さ 1~2メートル)
  • 室内用 飾り鯉
現代のベランダ用鯉のぼり
ベランダ用鯉のぼり

どのタイプも、構造上の違いは子鯉の数や色・デザインなどで、基本的な構造は同じです。
各種類で大きく違っているのが、大きさ・高さです。

設置可能場所に合わせた高さの鯉のぼりを購入してください。

鯉のぼりの各部の名前と意味

鯉のぼりは、いくつかの部分に分かれています。

じつは、鯉のぼりのそれぞの部分に意味があります。
ここからは、鯉のぼりの各部分について紹介しますね。

鯉のぼりの部位

▼鯉のぼりのおもな部分は、以下のとおりです。

  • 吹き流し(ふきながし)
  • 真鯉(まごい)
  • 緋鯉(ひごい)
  • 子鯉(こごい)
  • 駕籠玉(かごだま)
  • 矢車(やぐるま)

鯉のぼりの各部は、基本的にどのタイプの鯉のぼりでも同じですよ。
順にみていきますね。

吹き流し

吹き流し(ふきながし)は、筒状で、端が5つに分かれた飾りです。

基本的に五色で、古代中国の「五行説(ごぎょうせつ)」に由来しています。
五行説とは、世の中のすべてのものは木・火・土・金・水の五要素で形成されているという考えです。

▼やがて日本では、五要素を以下のような色で表現しました。

意味
青(緑)
黒(紫)

端午の節句では、鯉のぼりよりも先に、吹き流しが江戸時代の庶民のあいだで飾られるようになりました。

端午の節句で飾られるようになったのは、邪気払いの意味があるからです。

現在では五色ではなく、シンプルな色・デザインのものや、家紋が入ったものもありますよ。

真鯉

真鯉(まごい)は、一番大きな鯉です。
基本的に黒色をしています。

江戸時代に生まれた鯉のぼりは、はじめ真鯉1匹のみでした。
明治時代以降、真鯉は父親を意味するものとなっています。

また、真鯉に金太郎が描かれていることもありますよ。
これは金太郎が大きな鯉を捕まえた伝説があることに由来しています。

緋鯉

緋鯉(ひごい)は二番目に大きな鯉です。
基本的に赤色をしています。

明治時代になって、真鯉だけだった鯉のぼりは、真鯉と緋鯉の2匹になりました。
真鯉が父親なのに対し、緋鯉は息子を意味します。

やがて、高度経済成長期ごろより、真鯉・緋鯉のほかにも子鯉が飾られるようになると、緋鯉は母親を意味するように変化していきました。

子鯉

子鯉(こごい)は、鯉のぼりの中で一番小さな鯉です。
基本的に青色をしていますよ。

子鯉が生まれたのは新しく、高度経済成長期ごろです。

それまで緋鯉が息子を意味していましたが、緋鯉が母、子鯉がこどもの意味に変わりました。
真鯉・緋鯉・子鯉で、父・母・こどもの家族を意味しています。

戦後、高度経済成長期によって国民が豊かになり、家族の団らんを求めるようになった影響で、鯉のぼりも変化したといわれていますよ。

やがて、子鯉が複数飾られるタイプも生まれ、いろいろな色をしたカラフルな子鯉も誕生しています。

駕籠玉・矢車

駕籠玉(かごだま)は、鯉のぼりの柱の頂点にある球状の飾りです。
矢車(やぐるま)は駕籠玉のすぐしたにある車輪状の飾りですよ。

駕籠玉は、基本的に金色をしています。
駕籠玉の意味は、家に男の子がいることを神様に気付いてもらうための目印です。

矢車は、車輪の軸部分が矢の形になっています。

日本では、矢は邪気払いの象徴です。
また、幸せを射止めて呼び寄せる意味もあるといわれます。

そのため、矢車は男の子に邪気が来ないようにして、幸せを呼び込むために飾られているんですよ。

さらに、矢車は風に吹かれると、回転してカラカラという音が出ます。
この音で、神様に男の子の存在を気付かせるともいわれていますよ。

なお、駕籠玉や矢車が付いていないタイプもあります。

鯉のぼりの各部の飾る順番

鯉のぼりの各部の名前と意味がわかったら、飾り方が気になります。
ここからは、鯉のぼりの各部の飾る順番を紹介しますね。

まず、駕籠玉や矢車がある場合、支柱の一番上の先端に駕籠玉、そのすぐ下に矢車がきます。
矢車の下には吹き流しを飾りますよ。

吹き流しから下に、鯉を飾りますが、順番は正式には決まっていません

▼順番は決まっていませんが、以下のような順に飾ることが多いです。

  1. 真鯉
  2. 緋鯉
  3. 子鯉(青色)
  4. 子鯉(ほかの色)

この順番は、上から大きな鯉から小さな鯉という順になり、見た目のバランスがよいからといわれます。

他の理由として、もともとは真鯉のみで、その後に緋鯉が増え、さらに子鯉が増えたという、歴史的な順序もあるとされます。

子鯉が複数あるときは、緋鯉のつぎに青い子鯉を置くことが多いですよ。
子鯉は最初青い子鯉のみだったからです。

とはいっても、鯉の順序の正式な決まりはありませんので、違っていても問題ありませんよ。

さいごに

鯉のぼりを飾ると、「今年も端午の節句が来たな」と気分が高まりますね。

屋外用の大きな鯉のぼりを出すのは大変ですが、天気がいい日に鯉のぼりがそよぐようすを見ると気持ちがいいですよ。

せっかくなので、早めに鯉のぼりを飾って家族で雰囲気を楽しみましょう。

早めに鯉のぼりが飾られると、お子様も友達に自慢したくなりますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る