五月人形はいつから飾るか・種類や飾り方・片付ける時期について徹底解説

スポンサーリンク

5月5日は「端午の節句(たんごのせっく)」です。

男の子の健やかな成長を願う、日本特有の行事ですね。
そして、端午の節句といえば鯉のぼり五月人形

とくに五月人形はおうちの中に飾るので、端午の節句を間近で楽しめます。

しかし、五月人形を飾るのは年に一度だけ。
そのため、以下のような困りごとがありませんか。

  • 飾り方を忘れてしまった
  • いつ飾ればいいのか
  • いつ片付ければいいのか

そこで、このページでは五月人形の種類や飾り方・飾る時期・片付ける時期などを詳しく紹介しますね。

五月人形とは?武家でおこなわれていた風習が起源

最初に、五月人形とはどんなものかについて紹介します。

端午の節句の由来について

まず、端午の節句がどんなものか気になりますね。

端午の節句は別名「菖蒲(ショウブ)の節句」や「重五(ちょうご)」と呼ばれ、古くから日本でおこなわれてきました。

もともと古代中国で生まれたものですが、奈良時代に日本に伝わって宮中行事として取り入れられたんですよ。

やがて、5月5日に端午の節句がおこなわれるようになります。
内容も日本独自のやり方になって、季節の変わり目に無病息災を願って邪気払いをする儀式となりました。

武家の風習が五月人形の起源

鎌倉時代以降の武家社会になると、端午の節句も変化します。

「武道や軍事を大切なものと考えること」を意味する尚武(しょうぶ)と菖蒲の語呂合わせで、武家は端午の節句を大切な日としました。

武家たちは、端午の節句のときに、こどもが将来出世して活躍するよう願ったんですよ。

武家のあいだでは端午の節句になると、武家にとって大切な物である兜(かぶと)や鎧(よろい)などの武具を家の中に飾るようになっていきます。
これが、五月人形の起源なんですよ。

江戸時代に五月人形の風習が一般化

江戸時代になると徳川幕府によって「五節句」が定められ、端午の節句も五節句のひとつになりました。
五節句は現代の祝日にあたります。

江戸時代以降に、武家のあいだに武具を飾る風習が定着します。
また、武具をまとった人形を飾ることもありました。

さらに、玄関や庭に幟(のぼり)や馬印(うまじるし)・吹き流しなどを立てるようになります。
この幟・馬印・吹き流しなどは鯉のぼりの起源といわれていますよ。

やがて民衆にもその風習が広まります。
民衆のあいだでは、武具や人形のかわりに、紙で飾りをつくったり、武士の絵を飾ったりしました。

紙の飾りは、いまでも残る、兜の折紙飾りの起源ともいわれています。

そして、江戸時代の五月人形の風習が現在まで残ったんですよ。
現在のような豪華な五月人形は、戦後の高度経済成長期ごろからといわれています。

五月人形はいつから?3月下旬から4月中旬に飾る

ここからは五月人形の飾る時期について紹介をしますね。
いつから飾ればいいのか気になるところ。

じつは五月人形を飾る時期は明確に決まっていません。
雛人形とは対照的ですね。

とはいえ、5月5日ギリギリに飾ったのではバタバタしてしまいます。
なにより、せっかく五月人形を飾るのに、あまり雰囲気を味わえないので寂しいですよね。

そのため、五月人形は早めに飾るのがおすすめです。
できれば4月中旬までには飾りたいところ。

ひな祭りが過ぎて少し経った、3月下旬から4月中旬までに飾るのがベストです。

五月人形を飾る場所

飾る時期がわかったら、五月人形をどこに飾るのがいいのか気になります。
つづいて、五月人形の飾る場所について紹介しますよ。

五月人形を飾る場所は、床の間(とこのま)が最適です。
マンションやアパートだったり、床の間がない家だったりするときは、居間(リビング)に飾る場合が多いです。

五月人形は、男の子の成長を願うためのものですから、家族が集まる場所に飾るのがふさわしいですよ。

ただし、スペースがなく飾るのが困難な場合は、居間以外の室内で適切な場所に飾ってください。

基本的に室内のどこでもいいのですが、以下の場所は避けましょう。

  • 直射日光があたる場所
  • 湿気の多い場所や水気のある場所(台所・風呂場・洗面所・お手洗い)の近く
  • 人が通行する場所(廊下・玄関など)

人形が傷んだり、人が人形にあたってけがをしたりする可能性がありますので、気をつけてくださいね。

五月人形はいつまで?5月5日以降早めの天気がよい日に片付ける

五月人形を飾ったあとは、いつまで飾っておくのか、またはいつまでに片付ければいいのかが気になります。

ここでは、五月人形を片付ける時期について紹介しますよ。
五月人形は、端午の節句である5月5日が終わったら、なるべく早めに片付けましょう。

雛人形のように、「早く片付けないと結婚できない」などの話はありませんが、五月人形は早めに片付けるものとされています。

特に5月終わりごろになると、早い場合は梅雨入りしてしまうことがあります。
湿気はカビの原因になるなど、五月人形に悪影響となるので気をつけましょう。

また早めに片付ける場合でも、雨などの湿気の多い日は避け、天気のよい乾燥した日を選んで片付けてください。

五月人形を飾るとき・片付けるときの注意点

五月人形の飾り方を紹介する前に、五月人形を飾るとき・片付けるときの注意点を紹介します。

五月人形を飾ったり片付けたりするときには、薄手で柔らかい手袋を付けて作業するのをおすすめします。
指紋がつくのを防いだり、汗がついてカビの原因となるのを防いだりするためです。

また柔らかくても厚手の手袋は、作業がしにくい上に汗ばんでしまうので適当ではありません。

つぎに、五月人形は飾る場所で設置してください。
五月人形を別の場所で飾ってから、台を移動させるのはやめましょう。

もし落としたりすると、人形が壊れてしまいます。
片付けるときも同じですよ。

また、くりかえしになりますが、片付けるときは天気のよい乾燥した日にしましょう。

五月人形のおもな種類と種類別の飾り方

ここからは五月人形の飾り方を紹介しますよ。

まず、五月人形には種類があります。
おもな種類は以下の通りですよ。

  • 鎧飾り
  • 兜飾り
  • 大将(たいしょう)飾り
  • 掛け軸飾り

いずれの種類も、雛人形にくらべると比較的コンパクトで、マンションなどでも飾りやすいのがポイントです。
ただし、大将飾りなどでは、雛人形のような段飾りのタイプもあります。

また五月人形には、実在の武将の甲冑(かっちゅう)をモチーフにしたモデルもありますよ。

「三英傑(さんえいけつ)」といわれる徳川 家康(とくがわ いえやす)・豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし)・織田 信長(おだ のぶなが)らのモデルは、特に人気があります。

さらに、宮城県なら伊達 政宗(だて まさむね)、山梨県なら武田 信玄(たけだ しんげん)のように、地元にゆかりのある武将のモデルも人気です。

種類ごとに飾り方も異なりますので、種類ごとに紹介していきますね。

鎧飾り

端午の節句の五月人形

鎧飾りは、五月人形の中でもっとも一般的で、人気があるタイプです。
武士の鎧と兜をふくめた甲冑を飾りますよ。

また、刀や弓矢なども付いていることが多く、後ろに屏風を立てます。

近くで見ると、装飾がとても豪華ですよ。
同時に重厚感もあり、迫力も感じます。

鎧飾りの飾り方

鎧飾りは、基本的に一段飾りです。

鎧飾りの一式は、「櫃(ひつ)」という専用の箱形の入れ物に収納されています。
鎧飾りを取り出した後、櫃が台になるものが多いですよ。

一般的な鎧飾りの飾る手順は、以下の通り。

  1. 櫃から鎧飾り一式を取り出す
  2. 櫃を飾る場所に台として設置する
  3. 櫃の上から「佩楯(はいたて=前垂れ)」を垂らす
  4. 櫃の上に鎧を飾るための台である「芯木(しんぎ)」を置く
  5. 芯木に鎧をかぶせるように乗せる
  6. 兜に装飾を取り付ける
  7. 芯木の上に兜と「面頬(めんぽお=面)」を乗せる
  8. 櫃の前に「毛履(けぐつ=足の防具)」「脛当(すねあて=すねの防具)」を置く
  9. 鎧飾りのまわりに装飾品(刀・弓矢など)や屏風などを飾る

芯木に鎧や兜を乗せるときは、鎧・兜についている紐を、芯木に吊すように飾ります。
そのため、確実に芯木に紐をかけ、バランスよく整えましょう。

兜飾り

端午の節句:五月人形(兜飾り)

兜飾りは、兜のみの飾りです。
雛人形に比べると、コンパクトなものが多い五月人形ですが、兜飾り特にコンパクトですよ。

兜のみといっても、装飾などは鎧飾りと同じく豪華で迫力があります。
また、刀や弓矢が付くタイプもありました。

さらに屏風飾りも付いているものも多く、兜飾りも人気です。
ケースに入っているものもあるので、ホコリや汚れが気になる場合におすすめですよ。

なお、こどもが実際にかぶれるサイズの兜飾りもありますよ。

兜飾りの飾り方

兜飾りも鎧飾りと同じように、櫃という箱に収納されているタイプが多いです。

飾り方も鎧飾りと同じで、櫃を台にして、芯木に兜を飾ります。
兜飾りは兜のみなので、飾る手間がかからないのがメリットですね。

  1. 櫃から兜飾り一式を取り出す
  2. 櫃を飾る場所に台として設置する
  3. 櫃の上に芯木を立てる
  4. 芯木の上から「袱紗(ふくさ=飾りの布)」を乗せる
  5. 袱紗の一角が正面に垂れるように整える
  6. 兜に装飾を取り付ける
  7. 袱紗の上から芯木に兜を乗せる
  8. 兜飾りのまわりに装飾品(刀・弓矢など)や屏風などを飾る

鎧飾りと兜飾りで異なる点は、兜飾りの場合は芯木の上に袱紗をかぶせた上に兜を乗せること。

これは、兜だけを飾ると隙間ができて、見栄えが悪いためですよ。

大将飾り(武者人形・童人形)

端午の節句の五月人形

大将飾りは、人の形をした五月人形のことですよ。
武者人形」とも呼ばれます。

甲冑を身につけた人形を飾りますよ。
鎧飾りや兜飾りと同じように一段のシンプルなものから、雛人形のような段飾りのもの、ケース入りのものまで、豊富な種類があるのが特徴です。

また、大将飾りには、大人をモデルにしたものと、こどもをモデルにしたものとがあります。

▼こどもの大将飾りは「(わらべ)人形」ともいいますよ。

五月人形(武者飾り)

武者人形には、歴史上の人物をモデルにした人形もあって、人気があります。
よく武者人形のモデルとなっている人物は、以下の通り。

  • 神武天皇(じんむ てんのう=初代天皇)
  • 鍾馗(しょうき=昔の中国の人物)
  • 弁慶

また、童人形のモデルでは以下の人物が人気です。

  • 金太郎(坂田 金時)
  • 牛若丸(源 義経)

金太郎も牛若丸も、こどものときの話が有名ですが、大人になっても活躍した人物ですね。

なお、金太郎や牛若丸・弁慶などは、甲冑を身につけていないタイプの人形が多いですよ。

大将飾りの飾り方

大将飾りはさまざまなタイプがあるので、飾り方もさまざまです。

ケースに入ったタイプもあり、そのまま出して飾るだけのものもあったりして便利ですよ。
鎧飾りのように櫃に収納されていて、櫃を台にして、櫃の上に飾るタイプもあります。

大きさも机の上に飾れるようなコンパクトなものから、大きなものまでありますよ。
もっとも大きなタイプは、雛人形のように三段飾り五段飾りのタイプです。

段飾りタイプは、一番上に大将を飾ります。

段飾りタイプには大きめの装飾品が何種類もついていますよ。
装飾品は、大将の左右や下の段に並べます。

段飾りタイプの装飾品は、種類によってさまざま。
よくあるおもな装飾品は、以下の通りです。

  • 屏風
  • 弓矢
  • 軍扇(ぐんせん)
  • 陣太鼓(じんだいこ)
  • 陣笠(じんがさ)
  • かがり火
  • 鯉のぼり
  • ちまき
  • 柏餅
  • 花菖蒲

▼実際に飾った場合、以下のようになります。

五月人形 三段飾りの装飾品

▼このほか、地域によっては「張子のトラ」が付いていることもあります。

端午の節句:張子のトラ

なお、ちまき・柏餅・花菖蒲は模型のものが付属していますが、本物を飾るのもおすすめです。

掛け軸飾り

端午の節句:五月人形(掛け軸飾り)

掛け軸飾りは、紙や布の掛け軸に、五月人形が描かれたものです。

場所を取らないので、飾るところがないときに便利ですよ。
また、飾ったり片付けたりするのも、巻き取るだけで簡単なので、手間がかからないのもポイント。

収納時も場所を取りません。

さいごに

五月人形は、年に一度しか飾らないので、なかなか飾ったり片付けたりする手順が覚えられなくて困ります。

そこで、収納状態や飾るとき、片付けるときのようすを写真や動画で撮影しておくと、次の年以降の参考になりますよ。

五月人形は、男の子の成長を願って飾るものです。
早めに手際よく飾って、ご家族そろって五月人形を楽しみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る