立花証券ストックハウスの評判は?メリット・デメリット、e支店との違いについて解説

スポンサーリンク

こんにちは!
金融ライターの大西カツシ(@katsushio1603)です。

株式投資や投資信託の取引をする中で、立花証券という証券会社を聞いたことはないでしょうか?

立花証券は東京を中心に店舗展開している証券会社で、店舗での対面取引のほかに、電話やインターネットでも取引できますよ。

立花証券のネット取引はストックハウスe支店の2つがありますが、この2つは何が違うのか気になるかもしれませんね。

私も詳しく知らなかったので、立花証券について調べてみました。

そこでこのページでは、立花証券の特徴やメリット・デメリット、ストックハウスとe支店との違いについて説明していきますね。

立花証券ストックハウスの評判

立花証券には3つのサービスがある

立花証券で取引をする場合、以下3つのサービスから、いずれかを選んで利用することになりますよ。

  • 営業店舗(対面取引)
  • ストックハウス(ネット取引)
  • e支店(ネット取引)

営業店舗は担当者と相談しながら取引できますが、手数料が高いのでおすすめしません。

投資で利益を得るには、少しでもコストを節約することが大切なので、対面取引より手数料が安いネット取引を利用するのがおすすめですよ。

立花証券のネット取引はストックハウスとe支店の2つですが、ここからはストックハウスを中心に話を進めていきます。

ストックハウスとe支店の違いについては、あとで詳しく説明しますね。

立花証券ストックハウスを使うとどんな取引ができる?

立花証券ストックハウスを使うとどんな取引ができるのか、ざっくりとまとめました。

株取引や投資信託のほか、取引所FXのくりっく365、先物・オプション取引も取り扱っていますね。

株取引の中にIPO(新規公開株)も含まれていますが、取扱数は少なく、2018年は取り扱いがありませんでした。

立花証券はNISAを取り扱っており、国内株や投資信託はNISA口座で取引することもできますよ。

ストックハウスとe支店の違い

先ほども触れたように、立花証券のネット取引はストックハウスとe支店の2つがありますよ。

ここでは、ストックハウスとe支店の違いについて説明していきますね。

取扱商品の比較

ストックハウスでは、株取引のほかに投資信託やくりっく365、先物・オプション取引を取り扱っています。

それに対して、e支店の取扱商品は国内株の現物取引と信用取引のみで、投資信託などその他金融商品の取り扱いはありません。

国内の個別株のみを取引するならe支店でも問題ありませんが、投資信託やくりっく365なども取引したい場合はストックハウスを選びましょう。

株式手数料の比較

同じ立花証券のネット取引でも、ストックハウスe支店の株式手数料には違いがありますよ。

また、他のネット証券との違いも気になると思いますので、ストックハウスとe支店、SBI証券の手数料を比較してみました。

まずは、1約定ごとの株式手数料の比較です。

1約定ごとの株式手数料比較(税抜)
約定代金ストックハウスe支店SBI証券(スタンダードプラン)
10万円100円70円90円
20万円150円90円105円
50万円325円170円250円
100万円575円310円487円

1約定ごとの手数料体系は、e支店が最も安くなっていますね。

ストックハウスも全体的に安く設定されていますが、SBI証券に比べると少し高めです。

続いて、1日の約定代金合計ごとの株式手数料についても確認しておきましょう。

1日の約定代金合計ごとの株式手数料比較(税抜)
約定代金ストックハウスe支店SBI証券(アクティブプラン)
10万円200円90円0円
20万円200円160円191円
50万円500円238円429円
100万円900円476円762円

1日の約定代金が10万円以下なら手数料0円のSBI証券が有利ですが、その他はe支店の手数料が最も安いですね。

もし国内の個別株だけを取引するなら、立花証券e支店の手数料の安さは魅力だと思います。

ただし、e支店は国内株しか取り扱いがないので、投資信託など他の金融商品の取引も考えているなら、ストックハウスやSBI証券をはじめとするネット証券がおすすめですよ。

ストックハウスとe支店は同時に口座開設できない

立花証券のストックハウスとe支店は、同時に口座開設することができません。

立花証券に他のお取引口座を開設済のお客様は、口座管理上の理由で、同時に二つの口座を開設することはできませんので、担当営業員またはコールセンターにご相談ください。

口座開設の流れ|立花証券e支店

立花証券のネット取引を利用する場合は、ストックハウスとe支店のどちらかを選ぶ必要があります。

国内の個別株しか取引しないなら株式手数料が安いe支店、投資信託やくりっく365などの取引も考えているならストックハウスを選ぶのがおすすめですよ。

立花証券ストックハウスのメリット

ここでは、立花証券ストックハウスのメリットを2つ紹介しますね。

無料の投資情報サービスが充実している

立花証券ストックハウスは、無料の投資情報サービスが充実しています

ストックハウスで口座開設すると、東洋経済新聞社の会社四季報 最新銘柄レポート無料で読めますよ。

▼ストックハウスのログイン後画面「市況・情報」の「企業情報」タブを押し、「会社四季報」を選んで、銘柄コードまたは銘柄名の一部を入力しましょう。
検索結果が表示されたら、該当する会社のリンクを押してPDFを開きます。

立花証券1

▼会社四季報の最新銘柄レポートが表示されました。

立花証券2

個別株に投資をする場合は、貴重な情報源になりますね。

また、立花証券は立花月報という投資情報紙を有料(通常税込1部500円年間5,000円)で発行していますが、ストックハウスの口座を保有していると、最新号が無料で読めます。

▼ストックハウスのログイン後画面にある「立花証券からのお知らせ」に案内が掲載されているので、リンクを押しましょう。

立花証券3

▼別ウィンドウが表示されたら、画面右上の「お知らせはこちら」を押します。

立花証券4

▼立花月報が表示されました。

立花証券5

相場展望、参考銘柄、最新のトレンドなどについて、プロの視点から解説されているので、銘柄選びの参考になりますね。

このように、立花証券ストックハウスは無料の投資情報サービスが充実しており、株式投資の銘柄選びに活用できますよ。

信用取引の手数料が1年間無料

立花証券7

立花証券ストックハウスでは、2019年4月15日から信用手数料0円プランがスタートしました。

新たに信用取引口座を開設すると、口座開設完了日の翌営業日から約1年間(240営業日)信用取引手数料が無料になります。

プラン提供期間中は何回取引しても手数料0円なので、信用取引をする場合は、手数料を大幅に節約できますよ。

ただし、立花証券ストックハウスの信用取引では、取引手数料のほかに以下の金利・貸株料がかかります。

立花証券ストックハウス信用取引の金利・貸株料
制度信用取引(6か月期限)一般信用取引(無期限)
買方金利年2.60%年3.90%
売方金利年0.00%
貸株料年1.15%

信用取引手数料が無料になるのは魅力ですが、完全無料で取引できるわけではないので注意してくださいね。

立花証券ストックハウスのデメリット

立花証券ストックハウスのデメリットは、信託報酬が低い投資信託の取り扱いが少ないことです。

▼ファンド検索で、ストックハウスで取り扱っている投資信託を信託報酬が低い順番に並び変えてみました。
250本を超える投資信託を取り扱っていますが、信託報酬が年0.2%未満の銘柄は1本しかありません。

立花証券6

ノーロード(販売手数料無料)で購入できる銘柄は100本以上ありますが、残念ながら信託報酬が高いものが多いですね。

低コストインデックスファンドのeMAXIS Slimシリーズやニッセイシリーズ、個人投資家に人気のひふみ投信などの取り扱いがなく、つみたてNISAにも対応していません。

アクティブファンドで短期の利益を狙うなら問題ありませんが、長期投資で資産形成に取り組む場合は、SBI証券などのネット証券を利用するのがおすすめですよ。

さいごに

立花証券ストックハウスは、大手ネット証券と同水準の株式手数料と無料の投資情報サービスが充実しているのがメリットです。

特に無料で読める会社四季報 最新銘柄レポートは、株式投資で銘柄を選ぶときの貴重な情報源になると思いますよ。

ただし、投資信託は信託報酬が低い銘柄の取り扱いが少ないので、投信積立で資産形成に取り組むなら、SBI証券などのネット証券を利用するのがおすすめです。

投資スタンスに応じて、立花証券ストックハウスの口座開設を検討してみてくださいね。

参考:立花証券ストックハウスの詳細はこちらから
参考:立花証券e支店の詳細はこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

大西カツシ

1979年生まれ、千葉県在住のWebライター。元経理課長で投資歴は10年以上。経理経験と投資経験を活かして「金融ライター」として活動しています。税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)/日商簿記2級/FP2級。お金や時間に縛られないシンプルな生き方を追求しています。個人ブログ「かつにっき」も運営中。

執筆メンバの一覧を見る