育児してわかった!おしりふき代の節約方法

松本 博樹の画像

育児にかかるお金、気になりませんか?

子供のためとはいえ、定期的に出費があるとなんとかならないのかと思いますよね。
おむつ代に関しては以前書いた記事「おむつ代をできるだけ節約する方法」を利用すれば極限まで安くできることがわかりました。

おむつと同様に必要になってくるのが、”おしりふき”です。

おしりふきの買い方はおむつとは違う

実際に子供が産まれて子育てをしていくうちにわかったことですが、
おむつの買い方とおしりふきの買い方は違ってきます。

おむつの場合は子供の大きさによってサイズが変わっていきますが、
おしりふきの場合は子供の大きさは関係ありません。

これが何を意味するか、もうおわかりの方も多いと思います。

おしりふきはまとめ買いができます。

そう、まとめ買いが出来るということは1枚当たりの単価を下げることができます。
これがおむつだとできません。そこが大きな違いになります。

おしりふきは箱買いで!

おしりふきは最低1年以上は使うものになるでしょう。
それだけ長期間になることがあらかじめわかっているのだから、箱買いしちゃいましょう!
絶対その方が安くつきます。

西松屋ではおしりふきが箱で売られていました。

西松屋を利用すれば、かなり安くできますよ。

車がなくて持ち運びができない!という方にはネットショッピングをおすすめします。
Amazon楽天市場で箱買いできるおしりふきを探してみてください。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール