節約を極めるために必要なたった一つのこと

松本 博樹の画像

このサイトを作って実際に節約を実践してきていますが、
本当に節約を実行することができる方法がようやくわかりました。
気付いてみるとやっぱりね、仕方ないよね。と思いますが、人間そういう生き物なのでしょうね。

節約を極めるために必要なことは?

身も蓋もないことを言ってしまいます。

節約を極めるために必要なのは、

「節約せざるを得ない状況になること」

です。
実際、仕事による安定収入がないことで節約せざるを得なくなりました。
今までも私自身は節約家だと思っていましたが、今の自分から言わせれば「甘い」です。

節約はしようと思えばどこまででも出来てしまうことに気付きました。
変な欲を出すから生活コストがかかってくるんですよね。その変な欲の部分は生活する上で必要のない部分ばかりです。

いざとなると余計な支出はダメなので無駄なコストは真っ先に削られます。
コストを削ると同時に自分にとってそれが本当に必要かどうかをもう一度考えてみてください。

必要かどうかを見極めることで生活コスト・水準を下げても精神的にへこたれることがなくなります。

支出の見直しって安定した収入があると気にならなくなってしまいます。
仕事をしなくなったことでよくわかりました。いくら節約を心がけていても置かれている状況によって気持ちが大きく変わってきます。

節約と資産形成の関連について

相撲の世界に例えると、
今は入門したてで体を絞っている(無駄を削る)段階だと思います。
力士も入門して猛稽古すると最初は痩せるといいます。

そして無駄な肉をそぎ落とした後に食べて、稽古して体を大きくしていきます。
それは資産形成でも同じことです。まず無駄を減らしてから収入を増やしていくのが、一番の近道です。

収入がなくても生活できるという安心感があれば最強です。
そこまでは難しくとも、ローコストでの生活ができればそれだけでかなり安心できるようになります。