CaSy(カジー)料理代行のメリット・デメリットは?使った感想と申込から当日までの流れのまとめ

スポンサーリンク

以前、家事代行サービスでプロにそうじを頼んで以来、すっかりその便利さにハマってしまいました。

家事代行サービスには、「お掃除代行」「料理代行」「キッズシッター」など、さまざまなサービスがあるのですが、「ほかのサービスはどんなものなんだろう?」と気になりませんか?

そこで今回は、CaSyの料理代行サービスを利用してみました。

サービスの特徴や申込・当日の流れ、実際に利用してみた感想などをまとめているので、利用するときの参考にしてみてくださいね!

料理代行Casy(カジー)の特徴・申込方法・感想まとめ

なぜ料理代行を利用してみようと思ったのか

料理代行を利用してみようと思ったのは、以前CaSyでそうじ代行をお願いしたことが、きっかけです。

私はフリーランスライターとして働いているのですが、仕事量が増えると同時に、家事がおろそかになることも増えてきました…。

「やらなくちゃいけないのは、わかっているけど、それができない」という状況は、とてもストレスになりますよね。

そんなときに、お掃除代行をお願いして「時間の節約になる」「『そうじをしなくちゃ』という気持ちから解放される」など、思った以上にメリットが多くて、「家事代行サービスってアリだな」と思ったんです。

子どもいるので、毎日料理は作っていますが、もともと私は料理が得意なタイプではありません。

仕事をしながら、「今日はなに作ろう」と、いつも考えるのも大変ですよね。

お掃除代行をお願いしたときのように、「『ご飯作らなくちゃ』から解放されるかも」という期待もあって、今回料理代行サービスを利用してみることにしました。

CaSy(カジー)の特徴について

つづいて、今回利用したCaSyのの特徴について紹介します。
主な特徴は次の通りです。

  • 利用料金は1時間2,190円から
  • スマホから申込が可能。当日3時間前の直前予約もできる
  • 訪問前にキャストの自己紹介や評価がチェックできる

では、それぞれの内容について、くわしく説明していきますね。

利用料金は1時間2,190円から

利用料金は、1番安いプランで1時間2,190円(税抜)からです。
利用時間や利用頻度によって、料金が変わる仕組みになっていますよ。

料金については、のちほど詳しく紹介しますね。

申込はスマホからもOK。当日3時間前の直前予約も可能

CaSyの予約はWEBで行うので、スマホからの予約もできます。
予約画面もとてもシンプルで見やすく、手続きもかんたんでした。

また、1回きりのスポット利用であれば、当日の3時間前の直前予約もできるので、「急に予定が空いたから、いまから来てほしい」というときにも便利です。

訪問前にキャストの自己紹介や評価がチェックできる

CaSyでは予約が確定すると、マイページで利用日時や支払い料金、依頼内容、訪問予定キャストの自己紹介が確認できます。

訪問予定キャストの自己紹介のなかには、家事歴やお客様へのメッセージ、顔写真もあるので、どんな人が来るのかある程度事前に分かるようになっていますよ。

また、そのキャストがいままで担当した案件のお客様評価もチェック可能です。

サービス利用日前々日の正午までならキャスト変更もできるようなので、こちらも合わせて確認してみてくださいね。

CaSy(カジー)の料理代行の料金について

CaSyのお料理代行を利用するときにかかる費用は、次の通りです。

  • 利用料金(最低3時間から):6,570円(税別)~
  • 交通費:一律700円
  • 食材費:実費

つづいて、お料理代行の回数別利用料金は次の通りです。

1時間あたりの料金(税別)1ヶ月あたりの料金(税別)割引額
1週間に1回2,190円26,280円3,720円
2週間に1回2,290円13,740円1,260円
月に1回2,390円7,170円330円
スポット2,500円

上記の1ヶ月あたりの料金は、1回につき3時間利用したと想定しています。

この金額に、さらに交通費(700円)と食材費が別途必要です。

そのほか、キャストの指名は1時間あたり400円、買い物代行は1時間あたり1,500円で頼むこともできますよ。

買い物代行については、徒歩15分以内にあるスーパーでの買い物になるので、覚えておいてくださいね。

CaSy(カジー)の料理代行の申し込み流れ

つづいて、CaSyに申込する流れを画像つきで紹介しますね。

CaSyのページを開いたら、会員登録ボタンを選択します。

CaSy申込手順画像

▼アカウント作成に必要な情報を記入して、「新規登録」ボタンを選択しましょう。

CaSy申込手順画像

▼すると、こちらの画面に切り替わります。
そのまま家事代行を依頼する場合は、「マイページへ」ボタンを選択。

CaSy申込手順画像

▼今回は料理代行をお願いするので、「お料理代行を依頼」を選びました。

CaSy料理代行申込手順画像

▼家事代行を依頼するにあたって、お客様事項を入力します。

CaSy申込手順画像

今回入力した内容は、次の通りです。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 性別
  • 生年月日
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 住所
  • 最寄駅からの所要時間
  • 電話番号
  • ペット情報

項目は多いですが、一部は選択形式になっているので、かんたんに入力ができますよ。

ちなみに、お客様情報の記入は初回のみです。
次回からは、手続きがもっとスムーズになります。

▼入力が完了したら、「上記内容で登録し次へ」を押しましょう。

CaSy申込手順画像

▼つづいて、依頼内容を入力します。

食事人数や希望のジャンルなどを選択していきましょう。

CaSy料理代行申込手順画像

▼つぎに、利用時間を選択します。

利用したときの品数の目安が表示されるので、そちらを参考にしながら選んでみてくださいね。

CaSy料理代行申込手順画像

▼キッチンや調理器具などの写真をアップロードすることもできます。

CaSy料理代行申込手順画像

▼ほかにも、立ち入り禁止エリアや注意事項などの記入欄もありますよ。

CaSy料理代行申込手順画像

▼つづいて、利用回数を選択します。
利用回数によって1時間あたりの料金が変わる仕組みです。

今回は「1回だけ利用」を選びました。

CaSy申込手順画像

▼つぎに、訪問希望日時を選びます。
マッチングのしやすさが「◎」「○」「△」で表示されるので、とてもわかりやすいですね。

希望日時にチェックを入れたら、「ご依頼内容の確認」を押しましょう。

CaSy料理代行申込手順画像

▼つぎのページで、見積もり金額や依頼内容を確認できます。CaSy料理代行申込手順画像

▼そのまま画面をスクロールさせて、「カード情報を入力する」ボタンを選択します。

CaSy申込手順画像

▼カード情報は一度登録すると、次回からは入力不要になるので、手続きが楽になりますよ。

CaSy申込手順画像

▼依頼内容の確認とカード情報の入力がおわったら、「上記内容で依頼する」を押しましょう。

CaSy申込手順画像

▼「依頼完了」のページに切り替わると、登録しているメールアドレス宛にも「ご依頼を受け付けました!」というメールが届きます。

この時点ではまだ予約は確定していないので、予約確定メールが届くまで待ちましょう。

CaSy料理代行申込手順画像

▼今回は、なかなかキャストが決まらず、依頼してから3日後に「キャストを確保できていません」という連絡がきました。

CaSy料理代行申込手順画像

同日にキャストの方から「○日か○日であれば、訪問可能なのですが」というメッセージが届いたので、提示していただいた日のなかで、私の都合がいい日程でお願いすることに。

▼キャストの方とのやりとりのあと、CaSyから予約確定の連絡が届きました。

CaSy料理代行申込手順画像

前回、お掃除代行をお願いしたときは依頼から5時間後に予約が確定したのですが、今回、予約が確定したのは依頼から3日後です。

サービスや利用地域によっては、すぐにキャストの手配ができない場合もあるので、予約は早めにしておくと安心ですよ。

申込みから家に来るまでのやり取り

CaSyに申込が完了すると、予約内容を公式サイトのマイページで確認できます。

訪問キャストの顔写真入りの自己紹介を見られたり、キャストと直接チャットでやりとりしたりすることも可能です。

今回は、料理代行だったので、キャストの方から次のような質問をいただきました。

  • どんな料理を食べたいか
  • 家族の好きな食べ物、苦手な食べ物
  • 買い物代行は必要か

こちらの要望を伝えたあとに、キャストの方がメニューを考えてくださります。

メニュー決定後は、キャストの方から買い出ししておいてほしいものを送ってくださるので、当日までに買い出しをすませておきましたよ。

CaSy料理代行食材写真

何度かチャットのやり取りをするので、忙しいときは、これが少し面倒に思うかもしれませんが、利用してみて「この事前打ち合わせこそが一番大事」と実感したので、きちんとこちらの要望は伝えておくことをおすすめします!

CaSy(カジー)料理代行の当日の流れ

Casyキャスト名刺写真

当日は、5分前くらいにキャストが訪問してくれました。

当日の流れは次の通り。

  1. キャストから簡単な自己紹介
  2. キッチンと調理道具、食材、調味料の場所説明
  3. 料理開始
  4. 料理終了(キャストは帰宅)
  5. WEBでキャストの評価をする

最初にかんたんな自己紹介がありました。

それから、キッチンや食材、調味料などの説明と、道具の用意を行い、あとはお任せすることに。

何か質問があるときは声をかけられることもありますが、基本的には料理に集中してくださっていたので、私はリビングで仕事をしていました。

ときどきいい匂いにつられては、キッチンへ行き、作り置き料理のポイントや料理のコツを教えていただいたので、料理の勉強にもなりましたよ。

▼完成した料理はこちら。

CaSy料理代行調理後写真

今回、4時間で作ってくださった料理は次の通り。

  • 豆腐ハンバーグ
  • たれ付きチキン
  • 鶏肉の煮物
  • サーモンサラダ
  • オニオンサラダ
  • 冷しゃぶサラダ
  • 豆腐ステーキ(下ごしらえ)
  • オクラと鶏肉の和え物
  • 豚汁
  • バナナケーキ
  • プリン
  • みかんゼリー

これだけの料理がテーブルのうえに並ぶと、「おお!」とテンションがあがります!

自分ではこれだけ作ることはないので、ちょっと感動しちゃいました。

終了時間になると、作ってくださった料理の食べ方や消費期限を説明してくださり、道具の片付けが終わったあとに帰宅されました。

▼調理後のキッチンもきれいです!

CaSy料理代行調理後キッチン写真

ここで金銭のやり取りやアンケートの記入などはなく、サクッと終えられるところはよかったですね。

業務が終わったら、CaSyからキャスト評価のお願いメールが届くので、そちらを記入すれば完了です。

評価項目は5段階評価で、よかった点や改善点、要望などを記入する欄もありましたよ。

CaSy(カジー)を利用して実際に料理代行をお願いした感想

CaSy料理代行で作ってもらった料理写真

今回、実際にCaSyの料理代行を利用してみた感想をまとめてみました。

メリットもデメリットも、正直な感想を紹介していますので、利用するときの参考にしてみてくださいね。

時間の節約になります

実際にCaSyで料理代行をお願いして思ったのは、やはり「時間の節約になるところがよかった」ということです。

プロの方が手際よく料理をするだけあって、できあがった品数も多く、自分ではつくらないようなメニューが食卓に並びます。

今回は作り置きメニューもお願いしていたので、食べるときに「温めるだけ」「器に盛りつけるだけ」というのは、とても楽でした。

また、料理をする時間を節約できたおかげで、仕事や子どもと遊ぶ時間にあてられたのは、大きなメリットだと思います。

私のように自営業で、「働いたら働いた分だけ収入が増える」という場合も、おすすめですよ。

料理の味はスタッフによるかも

気になる料理の味については、メニューによって評価がわかれました。

味が濃すぎたり、甘すぎたりするものがあり、「おいしい」と感じるものもあれば、正直なところ「う~ん…」と感じるものもありましたね。

ただ、これは事前に打ち合わせをしたときに、私が「味についての希望は特に出していなかった」という点も反省材料のひとつかなと思っています。

私は長年、家族の料理を作っているので、それぞれの味の好みや好き嫌いを把握していますが、はじめて来るスタッフが、それを理解して、料理に反映させるのは多分、むずかしいことですよね。

同じスタッフの方に何度か来てもらって、その都度フィードバックをしていけば、これは解消されるポイントなのかもしれません。

料金が高いのは気になります

デメリットとしては、やはり「料金が高い」という点です。

用意してくださった料理は全部で12点ありりましたが、3日で食べきりました。
今回、4時間利用して11,500円(税込)。

これに別途、食材費が実費でかかっていることを考えれば、「なかなか気軽には利用できない」というのが正直な感想です。

もう少し基本料金が安いと、うれしいですね。

事前の打ち合わせが一番大事です

今回、料理代行を利用して思ったのは、「事前打ち合わせが大事!」ということです。

私は事前に、「子どものお菓子を作ってほしい」と伝えたので3品デザートを作ってくださったのですが、その分、作り置きのメニューが少なかったように思います。

こちらとしては、メイン2~3日分と副菜が5日分くらいあれば、5日間は料理の準備が楽になるだろうと考えていたので、結局すべてを3日で食べきってしまったときには、少しもったいなかったなと感じてしまいました。

あと、「食材費はできるだけ抑えてほしい」と伝えるのも忘れていたので、自分で買い物をするときよりも、食材費にお金がかかってしまったところも家計には痛手です。

もし、利用を検討しているのなら、品数や食材費の予算など、事前打ち合わせはしっかり行うといいですよ。

必要な食材や調味料がなくても臨機応変に対応してくれます

事前に打ち合わせをしていたものの、「こちらが思っていたものと、キャストの方が思っていたものがちがった」ということもありました。

そのときは、いまある食材や調味料をみながら、別のメニューを考えるなど、臨機応変な対応をしてくださいます。

調味料もいくつか持参されるようなので、そのあたりは特に心配しなくても大丈夫だと思いますよ。

プロの料理方法を勉強できます

基本的にスタッフの方が料理をしている間は、リビングで仕事をしていたのですが、休憩時間は、料理を作ってくださる様子を見学していました。

そのときに作り置きメニューや料理のポイントについて、いろいろと質問すると、「こうすると、いいですよ」という方法を教えてくださるので、とてもいい勉強になります。

自分が普段作らないようなメニューや、料理のコツを知れたので、「自分が料理を作るときにも取り入れてみよう」という気持ちにもなりましたね。

このように、料理教室感覚で利用してみるのも、いいと思いますよ。

CaSy(カジー)の料理代行を利用するときの注意点

CaSyを利用するときの注意点をまとめてみました。

基本的な用具や調味料は自分で用意しなければいけません

CaSyでお料理代行をお願いする場合、調理道具や調味料などは自分で用意する必要があります。

自宅に道具がない場合は、わざわざ用意する必要があるところは少し面倒に感じるかもしれません…。

だいたいのものは100均でも売っているので、そこで揃えるのもおすすめです。

どんなものが必要なのかは、ホームページで紹介されているので、事前に確認してみてくださいね。

参考:お料理代行に必要な道具

支払いはクレジットカード払いのみです

CaSyの支払い方法は、クレジットカードのみです。
現金払いはできないので、気をつけてくださいね。

利用できるカードは次の通り。

クレジットカードで支払いをすると、クレジットカード利用分のポイントがもらえるので、よりお得に利用したいのなら還元率の高いクレジットカードを活用するのがおすすめですよ。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

利用日前々日の18時までならキャンセル料・手数料等はかかりません

CaSyでは、サービス利用日の前々日の18時までならキャンセル料や手数料はかかりません

「前々日の18時以降」「利用開始予定時刻から30分連絡が取れなかった場合」は、利用金額全額を負担する必要があるので、気をつけてくださいね。

サービスの延長はできません

CaSyの料金の支払いは事前にクレジットカード決済をするため、訪問日当日に「ここもやってほしいので、延長してください」ということができません。

別のところを追加でやってもらいたいのなら、WEBで予約を取ってからになりますよ。

さいごに

CaSy料理代行セレクション写真

私は忙しいときに、スーパーの惣菜やコンビニ弁当などを買って夕食に出すこともあるんですが、「本当は手料理を食べさせてあげたいんだけど…」と思うときもあります。

基本的に「忙しいときは仕方ない」と思いつつも、栄養バランスなどのことを思うと、どこかで「ご飯をつくれなかった自分」に対して、罪悪感をもっている部分もあるんですよね。

とはいえ、家事に育児に仕事と、忙しい日々を送っていると、「そこまで手がまわらない!」というときが、あるのも事実です。

料理代行は、そんなモヤモヤを解消して、「手料理を食べさせてあげたい」「時間の節約になり、家族が余裕をもって食事ができる」を叶えてくれるサービスだなと感じました。

コストパフォーマンスを考えると気軽に利用できるサービスではありませんが、「お金を払ってでも時間がほしい」というときには、すごく助かりますよ!

共働き家庭以外にも、「栄養バランスのとれた手料理を食べたい」という一人暮らしの方や、「家事をやすんで自分の時間がほしい」という産後のママにもおすすめです。

はじめて利用するときには、少し面倒に思うかもしれませんが、事前の打ち合わせをしっかりとするのがポイント。

CaSyはスマホからかんたんに予約ができて、手続きも楽なので、興味があるという場合は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

参考:CaSy(カジー)で料理代行を使ってみるにはこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る