電球や蛍光灯の捨て方は?何ゴミで出せばいいのか処分方法や注意点について解説

スポンサーリンク

あまり捨てる機会がないものって、いざ捨てるとなると「どうやって捨てればいいんだろう」と気になることがあるかと思います。

電球や蛍光灯も頻繁に捨てるものではないので、何ゴミに出せばいいのかなど、わからないことがあるかもしれませんね。

そこで、このページでは電球や蛍光灯の捨て方について解説しています。

電球や蛍光灯の処分方法について知りたいときは、よかったら参考にしてみてくださいね。

電球や蛍光灯の捨て方・処分方法

電球写真

実は、電球の処分方法はとてもかんたんなんです。

覚えておいてほしいポイントは次の3点。

  • 基本的に「燃えないごみ」の日に出す
  • 割れた電球は新聞紙などに包んで捨てる
  • 蛍光灯を回収している自治体もある

それぞれの項目について、詳しく解説していきますね。

電球や蛍光灯は「燃えないごみ」の日に出しましょう

電球は区分でいうと、「燃えないごみ」に分別されます。

自治体によって「不燃ごみ」「燃やさないごみ」など、呼び方はいろいろあるみたいですね。

指定のごみ袋がある場合は、それに入れて捨てましょう。

一般的にごみとして回収された電球は、小さく砕かれたあと、金属くずはリサイクルされ、そのほかは埋め立てか焼却処分されるそうです。

とりあえず、「電球は『燃えないごみ』の日に出す」と覚えておけば大丈夫ですね!

割れた電球は新聞紙などで包んでおく

自治体のホームページを見ていると、「割れた電球は新聞紙などに包んでおく」という表記があるところが多いです。

ごみを回収する業者の方がケガをする恐れもあるので、割れている場合はきちんと処理しておきたいですね。

新聞紙がないときは、ノートやルーズリーフなどの紙やキッチンペーパーなどで代用してもいいかもしれません。

とにかく割れた破片が袋を突き破ってしまわないよう、なにかに包んでおいた方が安心ですよ。

蛍光灯は回収している自治体もあります

蛍光灯写真

蛍光灯の中には、微量の水銀が含んでいるものもあります。

その水銀やガラスなどの資源を有効活用するため、蛍光灯を回収している自治体もあるようです。

回収方法は「地域の環境事業センターが回収しにくる」「区役所やスーパーなどの回収ボックスに入れる」など、自治体によってさまざま。

蛍光灯に関しては、念のため自分が住んでいる自治体のホームページを確認して、処分方法をチェックしてみてくださいね。

さいごに

電球の基本的な捨て方は、「燃えないごみの日に出す」「割れた電球は新聞紙などで包んでおく」と覚えておけばOKです。

蛍光灯は住んでいる地域によって処分方法が変わるので、捨てる前に自治体のホームぺージで確認してみましょう。

処分方法がわからないものも、一度その方法を覚えてしまえば、今後の役に立つので知っておくと損はありませんよ。

捨て方がわかると、案外かんたんなことがわかったので、私もこれからは電球を家に溜めこまずに、その都度捨てていこうと思います。

もし「家に使いおわった電球がある」という場合は、紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!