使い捨てライターの捨て方は?ガス抜きして中身を使いきる方法も写真つきで紹介

スポンサーリンク

家をそうじしていたら、使い捨てライターが大量に出てきました。

夫がタバコを吸っていたときに、出先でライターがないと、コンビニで買っていたものが溜まりにたまっていたんですよね。

ところが、その夫も病気をきっかけに禁煙に成功!
それ以来、ライターをつかわなくなってしまったので、大そうじを機に捨ててしまうことにしました。

ただ、ライターを捨てるときに、「どうやって捨てればいいんだろう?」と捨て方や分別方法が気になりませんか?

実際に捨てる機会があったので、このページでは使い捨てライターの捨て方について解説していきます。

ガス抜きの方法も写真つきで紹介しているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

ライターの捨て方は?ガス抜きして使い切る方法

使い捨てライターを捨てる方法

使い捨てライター写真

使い捨てライターを捨てる方法は、次の通りです。

  • 中身を使いきって(ガス抜きをして)から捨てる
  • 自治体のゴミ出しルールにしたがって捨てる

ライターは火をつけるものなので、中身が残ったまま捨ててしまうと、発火事故が発生するおそれがあります

これはスプレー缶のときも同じなので、聞いたことがあるかもしれませんね。
捨てるときには、かならず中身を使いきることが大切です。

かりに、中身が残っている場合は、きちんとガス抜きをしてから捨てましょう。
ガス抜きの方法については、のちほど詳しく説明しますね。

また、使い捨てライターの捨て方については、自治体によってゴミ出しルールがことなります。

参考までに神戸市のホームページを確認してみると、次のようにかかれていました。

  • かならず中身は使いきる。なかにガスが残っている場合は、ガス抜きをする
  • ごみに出すときは、水に浸して着火しないか確認をする
  • プラスティック製の使い捨てライターは「燃えるごみ」に出す
  • 金属製のライターは「燃えないごみ」に出す
  • 一度に大量に出さない(1本~2本まで)

使い捨てライターの多くはプラスティック製のものなので、中身を使いきり、水に浸せば、生ごみなどと一緒に捨てることができますよ。

使い捨てライターのガス抜きをする方法・手順

では、つづいて使い捨てライターのガス抜きをする方法・手順を写真つきで紹介しますね。

ガス抜きをするときの手順は次の通りです。

▼レバー部分を押して、火がついたら消しましょう。

使い捨てライターガス抜き方法写真

▼ガムテープで固定して、そのまま火の気がない風通しのよいところで半日ほど置いておきます。

使い捨てライターガス抜き方法写真

▼着火してみて、火がつかなければガス抜き完了!

使い捨てライターガス抜き方法写真

手順としては、とてもかんたんです。

このあと、さらに水に浸しておくと、より安心なので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

中身が大量に残っているライターを大量に捨てたい場合は?

使い捨てライター写真

今回、自宅に中身が大量に残っている使い捨てライターが30本以上でてきたので、処分に困っていました。

これだけ数が多いと、「中身をすべてガス抜きして捨てる」という方法は、少し面倒に感じてしまいますよね。

そこで、住んでいる自治体の環境局事業所に問い合わせてみたところ、「その場合は水に浸してから、5本ずつくらいにわけて、『燃えるごみ』で出してくだされば大丈夫です」という回答をいただきました。

ガス抜きをしないものでも、水に浸せば発火の危険性は低くなるみたいです。

ただし、「もしも」の可能性に備えて、一気に何十本も出すのは避けていただきたいとのこと。

このような対処方法を教えてくれるところもあるので、捨てるライターが大量にある場合は、一度住んでいる自治体に尋ねてみるのもいいかもしれませんね。

さいごに

使い捨てライターは、「ほしいときに手元になかったから」と、つい新しいものを購入して、溜めこんでしまいがちです。

捨てる方法はかんたんなので、自宅に眠っているライターがあれば、思いきって捨ててみては、いかがでしょうか。

「捨てなくちゃ」と思っていたものがなくなると、部屋も片づきますし、気持ちもすっきりしますよ。

ライターを捨てるときには、ぜひ紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る