炊飯器の捨て方や処分方法まとめ。ごみの分別区分や買取・フリマで売る方法などを解説

スポンサーリンク

あつあつのご飯が食べられる炊飯器は、家庭でも重宝される家電製品のひとつかもしれません。
我が家でも毎日ご飯を炊くので、炊飯器にはとてもお世話になっています。

とはいえ、そんな炊飯器にも寿命があり、壊れてしまったときには捨てることになりますよね。

処分方法を知らないと、「炊飯器って何ゴミに分別されるんだろう」と気になることもあるでしょう。

そこで、このページでは炊飯器の捨て方について解説していきます。
「炊飯器の分別方法がわからない」というときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

炊飯器の捨て方やごみの分別区分まとめ

炊飯器の捨て方

炊飯器写真

炊飯器を捨てるときに、覚えておいてほしいの次の2点です。

  • 分別区分は「燃えないごみ」か「粗大ごみ」
  • 自治体のルールにしたがって捨てる

炊飯器を捨てるときの大前提として、「自治体のルールにしたがって捨てる」というのは、まず頭に入れておきたいところですね。

分別区分は一辺30cm以内だと「燃えないごみ」30cm以上なら「粗大ごみ」として捨てるところが多いようです。

呼び方は「不燃ごみ」「大型ごみ」など自治体によって異なります。

1人暮らし用の炊飯器だと30cmを越えないものもありますが、数人の家族で使うような炊飯器は一辺30cmを越えるものがほとんどとのこと。

捨てるときには、きちんとサイズを測って確かめてみてくださいね。

「燃えないごみ」として捨てる場合は、指定の収集日に、指定の袋に入れて出しましょう。
「粗大ごみ」として捨てるときは、事前申し込みが必要なので、住んでいる自治体に確認してみてください。

また、「粗大ごみ」は有料のところが多いので、料金がいくらになるかも合わせて聞いてみてくださいね。
ちなみに、私が住んでいる神戸市は300円でしたよ!

ごみとして捨てる以外の炊飯器の処分方法

ここまでは、ごみとして炊飯器を捨てる方法を紹介してきましたが、それ以外の捨て方も気になるかと思います。

処分方法はいくつかあるので、順に説明しますね。

人に譲る

まず、最初に考えてみてほしいのが「周りに炊飯器を欲しがっている人はいないか」です。

先ほども紹介したように、炊飯器を粗大ごみとして処分するときにはお金がかかります。
モノを捨てるのにお金がかかるというのは、もったいな気もしますよね。

そんなときは誰かに譲ってあげれば、処分費用の節約にもなりますし、相手にもよろこんでもらえます。

使える炊飯器を捨てるよりも、誰かの役に立っていると思ったほうが手放したときの気持ちも違ってきますよね。

とはいえ、これは処分したい炊飯器が壊れていないときに使える方法です。
壊れてしまった炊飯器を処分するときは別の方法を参考にしてくださいね。

メルカリやラクマなどフリマに出品する

身近に炊飯器を欲しがっている人がいないのなら、メルカリラクマなどに出品するのもおすすめです。

▼使用年数や保存状態にもよりますが、中古品でも数百円~数千円で購入されているようなので、ためしに出してみてはいかがでしょうか。

炊飯器メルカリ出品画像

運がよければ、炊飯器を処分することで臨時収入がゲットできる可能性もありますよ

出品するときには、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

買取専門店・リサイクルショップなどに売る

フリマ以外にも、買取専門店やリサイクルショップに売るという方法もあります。

お店によっては宅配買取を実施しているところもあるので、「持ち込むのが面倒」という場合は、そちらを利用するのもおすすめです。

買取業者は「炊飯器 買取」で調べると、見つかります。
売るときには買取実績などを見比べて、炊飯器の買取相場をきちんと調べてから決めるといいですよ。

製造から5年以内であれば、買取王子で買い取ってもらえます。

ちなみに、ネット宅配買取サービスについては、以下のページで詳しく紹介していますよ。
興味があれば、あわせてチェックしてみてくださいね。

さいごに

炊飯器写真

長い間炊飯器を使っていると、炊いたご飯の質が悪くなったり、臭いがしてきたりすることもあるかと思います。

ちゃんとご飯は炊けるけど、ご飯のおいしさに変化がみえてきたら、それは替え時のサインなのかもしれません。

もし処分したい炊飯器があるなら、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね!

新しく炊飯器を買おうとしているのであれば、なでしこ健康生活の炊飯器はかなりおすすめです。

玄米を炊くことを進めていますが、白米を炊いて食べても劇的に味が変わって感動しましたよ!

他の炊飯器も検討するなら、Amazon楽天市場をチェックしてみましょう。
参考:Amazonで炊飯器を探す

そのほかの捨て方はこちら

そのほかにも「捨てるときに、どうすればいいんだろう」と気になるものもあると思います。
興味があれば、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る