使い捨てカイロの捨て方や再利用方法は?発熱のしくみや処分するときの注意点を解説

スポンサーリンク

冬場の寒い時期になると、使い捨てカイロが手放せなくなります。

ポケットに入れて手先を温めたり、お腹や背中に貼って温めたりすると、それだけで体がポカポカになりますよね。

そんな便利な使い捨てカイロですが、熱が発生するモノなので、「普通に捨てても大丈夫かな」って気になりませんか?

このページでは、使い捨てカイロの捨て方や注意点をまとめています。

もし使い捨てカイロの捨て方に迷ったら、参考にしてみてくださいね。

使い捨てカイロの捨て方は?再利用方法や処分の注意点

使い捨てカイロの発熱のしくみ

カイロの捨て方を紹介する前に、まずカイロの発熱の仕組みから説明しますね。

使い捨てカイロの原材料は主に「鉄粉」というのは、知っていましたか?

カイロの発熱のしくみ図画像

この鉄が空気中の酸素とくっつくことによって、鉄が酸化すると酸化鉄(水酸化第二鉄)になります。

使い捨てカイロは「鉄が酸化する」という化学反応がおこったときに、発生する熱を利用してつくられたものです。

袋から取り出すと、カイロが温まるというのは、このようなしくみが理由だったんですね。

使い捨てカイロの捨て方

使い捨てカイロ写真

さて、使い捨てカイロのしくみがわかったところで、つぎは処分方法について説明していきましょう。

使用済みのカイロと、未使用のカイロの、それぞれの捨て方を解説します。

使用済みカイロの捨て方

使用済みのカイロは一度放熱しているので、発火するおそれは、ほとんどありません。

捨てるときに気をつけたいのは分別方法ですね。

私はいままで使用済みのカイロはゴミ箱にポイッと捨てて、生ゴミなどと一緒に「燃えるごみ」として処分していました。

ところが、調べてみると、「カイロは燃えないごみの日に出してください」との記載があって、びっくり!

住んでいる自治体によっては「燃えるごみ」に分類されるところもあるようなんですが、多くの自治体では「燃えないごみ」として処理するように表記されています。

念のため環境局にも電話で確認をしてみましたが、「今後は燃えないごみの日に出していただければ」とのことでした。

捨てるときには、ほかのごみと一緒にならないように、別のビニール袋に入れておくと、より安心ですよ。

未使用カイロの捨て方

未使用のカイロを捨てるときは、「もし発火したらどうしよう・・・」と心配になることもあるかと思います。

カイロのしくみのところでも紹介したように、カイロが発熱するのはカイロのなかにある鉄粉が空気中の酸素とくっついたときです。

つまり、未使用のカイロでも、なにかの拍子で袋が破れたら、ごみ袋のなかで発熱してしまう可能性はあるということですね。

カイロは発熱すると60度以上になることもあるので、ほかのゴミと一緒に出したときに発火してしまうことがないともいいきれません。

そのため、未使用のカイロを捨てるときにも、「一度封をあけて放熱させたあと、冷ましてから自治体の分別ルールに従って出す」ということが大切です。

少し手間はかかりますが、万が一の場合にそなえて、正しい方法で捨てるようにしましょう。

スポンサーリンク

使い捨てカイロの再利用方法

ここまで捨て方について紹介してきましたが、実は使用済みの使い捨てカイロを再利用する方法もあります。

使い捨てカイロの成分である鉄粉、活性炭、バーミキュライトには湿気を吸いとる効果があるため、くつ箱や押入れの除湿剤として活用するのもおすすめです。

使い捨てカイロ活用法写真

また、活性炭には消臭効果もあるので、くつの中に入れておくのも効果的ですよ。

▼ちなみに使い捨てカイロには有効期限があります。
期限は外袋の裏に記載されているので、確認してみてくださいね。

使い捨てカイロ有効期限表示場所写真

期限が切れたものでも温まりますが、使用するのが心配であれば、除湿剤や消臭剤としてつかってから捨ててみては、いかがでしょうか。

さいごに

使い捨てカイロ写真

使い捨てカイロを捨てるときは、「放熱させたあと、冷ましてからごみに出す」「自治体の分別区分にしたがう」ということが大切です。

分別方法さえ覚えておけば、使い捨てカイロの捨て方はとてもかんたんでしたね。

結局、捨てるときには袋から出して放熱させる必要があるので、未使用の使い捨てカイロも使ってから捨てるのがおすすめですよ。

使用後のカイロも除湿剤や防臭剤として有効活用すれば、節約やエコにもつながります。

使い捨てカイロをつかうときには、ぜひ覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る