テレビの捨て方や処分方法を徹底解説!家電量販店での引取や買取やフリマで売る方法などを解説

スポンサーリンク

引っ越しや買い替えで不要になったテレビを捨てるときに、「どうやって処分しよう」と迷うことってありませんか?

テレビは家電リサイクル法の対象商品の一つなので、実は処分するにもお金がかかるんですよね。

捨てるときには家電リサイクル券が必要なのですが、料金や購入場所などわからないこともあるかと思います。

そこで、このページではテレビの捨て方についてまとめて紹介していきますね。

「テレビの処分方法に困っている」「できるだけ安くテレビを処分したい」というときは、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも家電リサイクル法とは?

テレビを処分するときに、まず知っておきたいのが、「テレビは家電リサイクル法の対象商品である」ということです。

家電リサイクル法とは、つかえる部品や材料をリサイクルして、資源を有効活用しましょうという法律のこと。

テレビの捨て方は法律で決まっているので、このルールはきちんと守っておきたいところですね。

対象家電

家電リサイクル法の対象家電は、次の通りです。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

上記4点は資源を有効活用するため、処分するときにリサイクルする部品や材料を取り出さないといけません。

この分解作業をするには、「一般廃棄物収集運搬業許可」もしくは「産業廃棄物収集運搬業許可」が必要と法律で定められています。

許可をもっている業者しか取り扱いができないので、処分にもお金がかかるというわけです。

無許可で分解すると違法になるため、まちがっても「処分代を浮かせるために自分で分解して捨てよう」と考えないでくださいね。

家電リサイクル券の料金・購入場所

家電リサイクル券は、自分でテレビを指定引取場所へ持っていって処分するときに必要な券です。

家電リサイクル券の料金は次の通りです。

  • ブラウン管式テレビ、液晶・プラズマ式テレビ 小(15型以下):1,836円
  • ブラウン管式テレビ、液晶・プラズマ式テレビ 大(16型以上):2,916円

小さいテレビでも2,000円ほど、かかります。
ちなみに、家電リサイクル券は郵便局で購入できますよ。

残念ながらその他の場所では売っていないので、必要であれば郵便局に行ってみてくださいね。

用紙に必要事項を記入したあとは、処分にかかる費用を窓口かATMで支払えばOKです。

処分するテレビの回収方法は3通りあります

処分するテレビの回収方法は、「指定場所へ持ち込む」「家電量販店に持ち込む」「家電量販店に引き取りに来てもらう」の3通りあります。

それぞれの方法について、詳しく紹介しますね。

指定取引場所へ持ち込む場合

もし処分にかかるお金を安く済ませたいのなら、指定取引場所へ持っていくのが一番の方法です。

自分でテレビを持っていけば、運送費を浮かせることができるので、その分安くなりますからね。

お近くの指定取引場所は、ネットで検索できるので、下記を参考にしてみてください。

参考:一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター指定引取場所検索

家電量販店に持ち込む場合

近くに指定取引場所がないときは、家電量販店に持ち込むのも一つの方法です。

窓口で家電リサイクル券と回収料金をあわせて支払うので、わざわざ郵便局に家電リサイクル券を買いに行かなくていいというのが、この方法のメリットですよ。

家電量販店では、「店舗へ持ち込み」か「自宅に回収」の2通りありますが、安く済ませるなら店舗へ持ち込みがおすすめ。

参考までに主な家電量販店の処分料金を紹介しておきますね。

店名15型以下16型以上
ヤマダ電機2,916円3,996円
ケーズデンキ2,916円3,996円
エディオン2,916円~3,996円3,996円~5,076円
ビッグカメラ3,456円4,536円
ヨドバシカメラ4,536円5,616円

上記の料金は、家電リサイクル券と回収料金を合算した処分料金です。

一番安いヤマダ電機やケーズデンキでも、自分で指定取引場所へ持ち込むより1,000円以上高くなります。

「自分で郵便局に家電リサイクル券を買いに行かなくてもいい」という手間賃がかかっているわけですが、ヨドバシで15型以下のテレビを処分しようと思ったら2,700円余分にかかりますからね。

やはり節約したいなら、自分で家電リサイクル券を買って、指定取引場所に持ち込む方がよさそうです。

家電量販店に回収しにきてもらう場合

家電量販店では、処分するテレビを回収しに来てもらうこともできます。
料金一覧は次の通り。

店名15型以下16型以上
ヤマダ電機4,536円5,616円
ケーズデンキ6,156円7,236円
エディオン3,996円~5,076円5,076円~6,156円
ビッグカメラ4,860円5,940円
ヨドバシカメラ4,536円5,616円

かなり割高にはなりますが、「自分で処分するのが面倒」「指定取引場所や家電量販店へ持っていくことができない」という場合は、自宅までテレビを引き取りに来てもらうのが便利ですよ。

ちなみに、家電量販店によっては新しいテレビを購入したときに、格安で古いテレビを引き取ってもらえることがあります

もし、新しくテレビを買ったときには、お店の人に詳しく話を聞いてみてくださいね!

スポンサーリンク

家電リサイクル券を利用して捨てる以外のテレビの処分方法は?

テレビ写真

ここまでは、家電リサイクル券を利用してテレビを捨てる方法を紹介してきましたが、それ以外の捨て方も気になるかと思います。

処分方法はいくつかあるので、順に説明しますね。

人に譲る

まず、最初に考えてみてほしいのが「周りにテレビを欲しがっている人はいないか」です。

先ほども紹介したように、テレビを処分するときにはお金がかかります。

モノを捨てるのにお金がかかるというのは、ちょっと気持ち的にもイヤだなぁって思ってしまいますよね。

もし周りでテレビが欲しいという人に譲ってあげれば、処分費用もかかりませんし、相手も喜んでくれて一石二鳥です。

ただし、これは処分したいテレビがきちんと映るときしか使えない方法なので、壊れてしまったテレビを処分するときは別の方法を参考にしてくださいね。

メルカリやラクマなどフリマに出品する

身近にテレビを欲しがっている人がいないのなら、メルカリやラクマなどに出品するのもおすすめです。

▼使用年数や保存状態にもよりますが、中古品でも数千円~数万円で購入されているようなので、一度出してみる価値はありますよ。

メルカリ出品テレビ写真

運がよければ、テレビを処分することで臨時収入がゲットできる可能性もあります

出品するときには、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

買取専門店・リサイクルショップなどに売る

フリマ以外にも、買取専門店やリサイクルショップに売るという方法もあります。

お店によっては宅配買取を実施しているところもあるので、「持ち込むのが面倒」という場合は、そちらを利用するのもおすすめです。

買取業者を選ぶときには、買取実績などを見比べて、テレビの買取相場をきちんと調べてから決めるといいですよ。

ネットの宅配買取サービスであれば、買取王子だとテレビを送れます!(ブラウン管は不可)

ちなみに、テレビ以外のネット宅配買取サービスについては、こちらで詳しく紹介していますよ。

興味があれば、あわせてチェックしてみてくださいね。

テレビを捨てるときの注意点

テレビを捨てるときの注意点をまとめてみました。

無許可の回収業者に気をつける

自宅のポストに「不要品を回収します」というチラシが入っていることって、ありませんか?

ちょうど捨てたいものがあるときだと、「お願いしてみようかな」と思うこともありますが、この回収業者には注意が必要です。

最初に説明したように、テレビは家電リサイクル法の対象家電なので、処分するのにお金がかかります。

無料で回収すれば、処分費用を負担するのは回収業者となりますが、これだと業者側は赤字になるので仕事になりませんよね。

にもかかわらず、チラシで「無料で回収します」と書かれている場合は、ちょっと怪しいと疑ってみてください。

このように「無料」とうたってテレビを回収し、無許可で中の部品を取り除き、不法投棄をする悪徳業者もいます。

「無料」をえさに、そのほかのものも処分するようにいわれ、高額な請求をするというトラブルもあるのだとか。

くれぐれも、そんな不要品回収業者には気をつけてくださいね。

B-CASカードの処分も忘れずに

液晶・プラズマ式テレビには、B-CASカードが挿入されていると思います。

テレビを処分するときは、このB-CASカードも忘れずに処分しておきましょう。

B-CASカードを処分するときは、金色のICチップ部分をハサミで切断すればOKです。

なお、WOWOWなどの有料放送を契約しているB-CASカードを処分するときには、先に解約手続きをおこなう必要があります。

解約をし忘れていると、月額料金の支払いが発生してしまうので、気をつけてくださいね。

さいごに

テレビの処分にはお金がかかるので、捨てるときにはできるだけ安く済ませたいところです。

もし自宅に捨てようと思っているテレビがあるのなら、今回紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

ちなみに、ノマド的節約術の運営者である松本さんは、テレビなしの生活をされていますよ。

「テレビはあって当たり前」と思っているのなら、その固定観念を取っ払って「本当に必要かどうか」を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る