発泡スチロールの捨て方は?何ごみに捨てるかなど処分方法を解説

スポンサーリンク

冷凍された食べ物など商品を購入したり、送られてきたりするときに発泡スチロールがつかわれていることがありますよね。

そんな保冷ボックスとしても使用されている発泡スチロールですが、「なにゴミで捨てればいいんだろう?」と捨て方が気になることってありませんか?

そこで、このページでは発泡スチロールの処分方法について紹介していきます。

もし発泡スチロールの捨て方について知りたいなら、参考にしてみてくださいね。

発砲スチロールの処分方法

発泡スチロールの捨て方

発泡スチロール写真

発泡スチロールを捨てるときに覚えておきたいのは、次の2点です。

  • 分別は「容器包装プラスチック」か「燃えるごみ」
  • 大きいものは小さくしてから袋に入れる

基本的に発泡スチロールは「容器包装プラスチック」か「燃えるごみ」の日に出せば大丈夫です。(私は神戸市に住んでいます)

呼び方は「資源ごみ」や「燃やすごみ」など、自治体によってさまざまですよ。

どちらに分類されるかは、住んでいる地域によってちがうので、一度「発泡スチロール ◯◯(住んでいる市町村名)」で検索してみてください。

分類がわかったら自治体指定のゴミ袋に入れるなど、自治体のルールを守って捨てるだけ!

なお、捨てたい発泡スチロールのサイズが大きい場合は手で割ったり、カッターで切りわけたりして、袋に入るサイズにしておきましょう。

自治体によっては、袋からはみだしているものは回収できないところもあるので、きちんと処理しておきたいところですね。

大量の発泡スチロールを捨てたい場合

数個の発泡スチロールなら自分でなんとかできそうですが、大量にある場合はゴミ袋に入れたり、小さくつぶしたりするのも一苦労ですよね。

そんなときは、発泡スチロールの回収業者にまとめて引き取ってもらうのがおすすめです。

発泡スチロールはリサイクルして再資源化できるものなので、買取を行っている業者もいます。

とはいえ、これは発泡スチロールが大量に廃棄されるスーパーなどのお店向けでしょう。

一般家庭ででるゴミは、やっぱり自治体のルールにしたがって処分するのが一番だと思いますよ。

実は食品トレイも発泡スチロール

食品トレイ写真

スーパーなどで魚やお肉が入っている容器がありますよね。
実は、あの食品トレイも発泡スチロールの1種って知っていましたか?

私は「発泡スチロール」と聞くと、白や青の箱型のものしか思い浮かばなかったのでビックリしました。
ちなみに、食品トレイは「容器包装プラスチック」として捨てます

スーパーによっては、回収ボックスを設置して無料で引き取ってもらえるところもありますよ。

自治体指定のゴミ袋が有料のところもあるので、「少しでも節約したい」というときは回収ボックスに持っていくのがおすすめです。

さいごに

発泡スチロールの捨て方は、思っていたよりもかんたんで安心しました!

捨て方を覚えておくと、今後捨てようと思ったときに役に立ちますよ。

自宅の発泡スチロールの処分に困っているのなら、ぜひ紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る