油の捨て方はどうすればいい?紙パックや油処理凝固剤などを使って処分する方法を解説

スポンサーリンク

料理をするときに使った油は、使い終わったあとどうしていますか?

少量であれば、キッチンペーパーなどでサッと拭くだけでも大丈夫ですが、量が多いときには「どうやって捨てよう…」と迷うこともあるかと思います。

大量の油を排水口にそのまま流すのは環境にもよくないという話もありますし、正しい油の捨て方を覚えておきたいところですよね。

そこで、このページでは油の捨て方について紹介していきます。

油が入った容器の捨て方や、油を捨てるときの注意点もまとめているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

油はどう捨てればいい?紙パックや油処理凝固剤を使って処分するj方法

油の捨て方

油をキッチンペーパーで捨てる方法解説写真

油を捨てるときに、少量であればキッチンペーパーで拭くだけで大丈夫です。
拭き終わったキッチンペーパーは、そのままゴミ箱に捨てれば問題ありませんよ。

でも、揚げ物料理で多めの油を使うときは、「油があまってしまった…」ということもありますよね。

量が多くなると、キッチンペーパーを何枚も使わないといけなくなるため、別の方法を考えたいところです。

では、量の多い油はどうやって捨てればいいのか。
その方法をいまから紹介していきますね。

廃油処理パックや牛乳パックを利用する

廃油処理パック写真

まず、1つ目が廃油処理パックを使って捨てる方法です。

廃油処理パックは油を箱のなかに注いで、フタをしてゴミ箱に捨てるための容器。
セリアなどの100均でも売っているので、探してみてくださいね。

ちなみに、私がセリアで購入した廃油処理パックは、油の吸収にすぐれたレーヨン不織布の端財を再利用してつくられています。

油が入ったパックは「燃えるごみ」として捨てることができますよ。

ただし、廃油処理パックを買うとなると、油を捨てるのに108円がかかります。
108円とはいえ、油を捨てるたびにお金がかかってしまうのは経済的にもあまりよくないですよね。

そこで、おすすめしたいのが牛乳パックを活用する方法です。

牛乳パックで油を処分する方法解説写真
牛乳パックを開き、なかに新聞紙などを入れて、さました油を流しこみます。

あとは牛乳パックの口をガムテープなどでしっかりとめて、燃えるごみに捨てればOKですよ!
これなら自宅にあるものでできるので、経済的ですね。

ポリ袋を利用する

ポリ袋を使って油を捨てる方法解説写真

2つ目はポリ袋を利用する方法です。
これも要領は牛乳パックのときと同じで、袋の中に新聞紙などを入れ、そこに油を流しこみます。

そのあと袋の口をしばれば、「燃えるごみ」として捨てられますよ。
油が漏れると大変なので、袋は二重にしておくと安心です。

油凝固剤を利用する

油凝固剤写真

3つ目は、油凝固剤を利用する方法です。
使いおわった油が熱い内に油凝固剤を混ぜれば、1時間ほどで油が固まります。

固まった油は「燃えるごみ」として捨てられますよ。
油凝固剤は小麦粉や片栗粉でも代用できますが、紹介した方法のなかで一番手間がかかります。

油凝固剤を買うとなるとお金もかかるので、もし「節約したい」「もっと簡単なものがいい」という場合は、ほかの2つの方法を参考にしてみてくださいね!

油を捨てるときの注意点

つづいて、油を捨てるときの注意点をまとめてみました。

油を直接排水口に流さない

油を直接排水口に流すと、環境によくないという話は聞いたことがあるかもしれませんが、実は排水溝に油をそのまま流してはいけない理由はほかにもあります。

油が冷たい水と一緒に流れると、配水管の中で油が固まってしまい、配水管の詰まりの原因にもなるんです。

配水管が詰まれば、嫌なニオイが発生することもあるので、気をつけたいところ。
くれぐれも油はそのまま排水口に流さないように注意してくださいね。

大量の油を捨てるときは自治体に相談か不要品回収業者に依頼しましょう

使用期限が過ぎた未使用の油や、飲食店などで出た大量の油を捨てたいということもあるかと思います。

そんなときは、まずお住まいの自治体に相談して、どうやって捨てればいいか聞いてみましょう。
自治体によっては、その油を引き取ってもらえるところもありますよ。

もし自治体では対応できないという場合は、不要品回収業者に依頼して引き取ってもらうのがおすすめ。
「油 回収 業者」と検索すれば、いろいろな業者が出てきます。

場所によっては、無料の回収ボックスが設置されている地域もあるので、お金をかけずに捨てるなら回収ボックスも活用したいところですね。

容器の捨て方

油が入っている容器の捨て方は、商品本体のラベルを見てみましょう。

油プラスチック容器ラベル写真

プラスックタイプのものは、ペットボトルと一緒で「容器包装プラスチック」として捨てることができますよ。

油瓶容器ラベル写真

一方、瓶タイプの容器はキャップとラベルは「容器包装プラスチック」、瓶本体は「缶・ビン」として捨てます。

キャップとラベルは「容器包装プラスチック」になるので、瓶タイプの容器を捨てるときは覚えておいてくださいね。

さいごに

油写真

「油がもったいない」というときは、揚げ物も少量の油であげるようにしていることもあるかと思います。

大量の油を使うと後処理も面倒になるので、1回で使う油の量を調節するのも大切かもしれませんね。

とはいえ、たっぷりの油で揚げる揚げ物料理がおいしいのは確かです。

どの方法もそんなに難しくないので、「大量の油を捨てたい」というときには、ぜひ今回紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る