乾電池の捨て方は?充電式電池やボタン型・コイン型電池の処分方法についても解説

スポンサーリンク

ごみを捨てるときに、「これは何ゴミに分類されるんだろう?」とわからないものがあるかと思います。

私は、いつも電池を処分するときに、どうやって捨てればいいかわからなくて、つい引き出しの中に使い終わった電池を溜めてしまうんですよね。

部屋の大掃除をしているときに、大量の電池を見つけてしまったので、「思い切って全部捨てよう!」と思い、処分方法を調べてみました。

そこで、このページでは電池の捨て方について写真つきで紹介していきますね。

「自宅に眠っている電池を捨ててしまいたい」というときは、よかったら参考にしてみてくださいね。

乾電池の捨て方は?充電式やボタン型についても説明

まずは電池の種類をおさえておこう

電池の処分方法を紹介するまえに、電池の種類についてみてみましょう。
電池は大きくわけて、次の3つに分類されます。

  • 使い捨て電池
  • 充電式電池
  • ボタン型・コイン型電池

1つ目の「使い捨て電池」は、一般的に「単二」「単三」などとよばれる電池をさします。
テレビやエアコンのリモコン、置時計、おもちゃなどに、よくつかわれているものですね。

家庭にある電池のなかで、この使い捨て電池がいちばん使用頻度が高いと思います。

2つ目の充電式電池とは、その名の通り、充電すれば何度もつかえる電池のこと。

別名「二次電池」ともいわれていて、携帯電話やノートパソコンにつかわれているのが、この充電式電池ですよ。

3つ目の「ボタン型・コイン型電池」は、腕時計などによくつかわれています。

サイズがとても小さいので、乳幼児が誤飲してしまう事故もあり、保管場所には気をつけたい電池ですね。

電池を処分する方法

さて、つついて、それぞれの電池の処分方法について確認していきましょう。

使い捨て電池の場合

使い捨て電池の写真

使い捨て電池は、「燃えないごみ」「資源ごみ」などの各自治体のゴミ出し日に袋に入れて捨てましょう。

基本的に埋め立て処分されるので、「燃えないごみ」に分類されることが多いのですが、一部自治体では「燃えるごみ」に出して回収しているところもあるようです。

そもそも使い捨て電池を燃やさずに埋め立て処分をしているのは、「電池のなかに含まれる水銀が、環境を汚染する恐れがある」という理由から、「燃やさない」という処分方法をとっています。

とはいえ、それは昔の話で、電池メーカーの技術開発もすすみました。
1992年以降、国産の使い捨て電池では、有害物質である水銀を使用したものはありません。

このような理由から、「燃えるごみ」として処分をしてもOKな自治体がでてきたというわけですね。

思ったよりも簡単な方法で捨てられることがわかって、安心しました!

充電式電池の場合

「充電式電池」にはニッケルやカドミウムといった希少資源が使われています。

そのため、再資源化が法律でもきめられているので、家電量販店などにある回収ボックスに捨てましょう。

回収ボックスがある店舗は、JBRCのホームページで検索できます。
充電式電池を捨てるときには、近くのお店を探してみてくださいね。

参考:JBRCリサイクル協力拠点検索ページ

ボタン型・コイン型電池の場合

ボタン型電池の写真

「ボタン型・コイン型電池」には、いまでも微量の水銀がふくまれています。

そのため、この2点は、使い捨て電池と同じように捨てられないので、注意が必要です。

捨てるときは、近くの家電量販店などにある回収ボックスに入れてくださいね。

こちらも、回収ボックスがある店舗を一般社団法人 電池工業会のホームページで探すことができますよ。

参考:一般社団法人 電池工業会ボタン電池回収協力店の検索ページ

電池を捨てるときのポイント

さいごに、電池を捨てるときに気をつけるポイントをまとめてみました。
ポイントは次の2点です。

  • 自治体の分別方法にしたがって捨てる
  • 発火事故を防ぐため絶縁処理をしておくと安心

電池の捨て方は、自治体によってことなるので、まずは住んでいる市区町村のホームページで確認してみてください。

あと、電池を捨てるときは、絶縁処理をしておくと安心ですよ。

「絶縁処理」という名前だけ聞くと、たいそうなイメージがあるかもしれませんが、ようは「電流が流れないようにする」ということです。

というのも、電池が少しでもつかえる状態だと、ほかの電池や金属と接触したときにショートして、発熱してしまう恐れがあります。

その周辺になにか燃えやすいものがあると、発火事故につながる危険もあるので、この絶縁処理が必要になるということなんですね。

電池の絶縁処理写真

方法はとても簡単で、電池にセロハンテープなどをぐるぐる巻いて、端子がふれ合わないようにするだけ!

こういった処理は少し面倒に感じるかもしれませんが、事故にならないようにするためにも、きちんとやっておくと安心ですよ。

電池を捨てる方法については、次の2点を覚えておけば大丈夫です。

  • 使い捨て電池は「燃えないごみ」として捨てる
  • 充電式電池やボタン型・コイン型電池は家電量販店などの回収ボックスに捨てる

私が住んでいる神戸市では、使い捨て電池は「『燃えないごみ』に捨てる」となっていましたが、自治体によって「資源ごみ」や「危険ごみ」など、名称がちがうみたいです。

もしホームページに記載がなければ、市役所などに電話で尋ねてみてくださいね。

さいごに

使い捨て電池の写真

処分方法がわからないものって、つい家のなかに溜めこんでしまうこともあるかと思います。

でも、捨て方がわかれば、「案外かんたんに捨てられるんだな」と思えるので、知っておくと役に立ちますよ。

「そういえば、自宅に電池がたくさんある」というときは、ぜひ紹介した方法を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る