花祭りはいつ?イベント内容や由来・甘茶をかける理由について紹介

スポンサーリンク

花祭り(はなまつり)は、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事です。

でも「花祭り」という行事の名前を、あまり聞いたことがないかもしれませんよね。

ほかの季節の行事にくらべると知名度が低い花祭りですが、じつは日本人にとって大切な行事でもあるんですよ。

また地域によっては、花祭りがとても盛大に行われることもあります。

そこでこのページでは花祭りとはどんな行事なのか、意味や由来、ならわしなどについて詳しく紹介しますね。

花祭りはいつ?イベント内容・由来・甘茶をかける理由

花祭りとは?お釈迦様の誕生を祝う行事

花祭りのようす

まずは、花祭りがどんな行事なのかを紹介しますね。

花祭りというのは、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事です。
正式名称は「灌仏会(かんぶつえ)」といいます。

地域や宗派によっては、以下のような他の呼び方もあるんですよ。

  • 降誕会(ごうたんえ)
  • 仏生会(ぶっしょうえ)
  • 浴仏会(よくぶつえ)
  • 龍華会(りゅうげえ)
  • 花会式(はなえしき)

また宗派によっては、花祭りの行事自体がない場合もあります。

花祭りはいつ?お釈迦様の誕生日の4月8日に行われる

花祭りのようす
花祭りのようす

花祭りがどんな行事がわかったら、いつ行われるのかが気になります。

花祭りが行われるのは、4月8日が多いです。
お釈迦様の誕生日が4月8日だからですよ。

ただし、お釈迦様の誕生日は旧暦の4月8日です。
現在、日本では新暦を用いていますが、多くの地域では新暦の4月8日で花祭りを行っています。

いっぽうで、一部の地域や宗派では1ヶ月遅れの5月8日に行いますよ。
理由は、旧暦の4月8日に近い日に行うためです。

旧暦を新暦に換算すると、毎年日にちが変わってわかりにくいので、月のみを旧暦から新暦に換算して、日は8日で固定しているんですよ。

お釈迦様の生い立ちについて

花祭りはお釈迦様の誕生を祝う行事だと紹介しました。
そこで、お釈迦様の生い立ちについて紹介しますね。

お釈迦様こと仏陀(ブッダ、本名:ガウタマ・シッダールタ)は、紀元前7〜紀元前5世紀ごろにルンビニ園というところで生まれました。

お釈迦様が生まれるとき、9頭の竜がやってきて甘い水を吐いて、その水を産湯につかったという伝承があるんですよ。

▼さらに、お釈迦様は生まれたらすぐに起ち上がり、7歩あるいてから人差し指で天を指して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と言ったといわれています。

花祭り:花御堂の誕生仏

天上天下唯我独尊は「この世の全ての人は、誰もが尊い存在だ」という意味ですよ。

お釈迦様が生まれたルンビニ園は、たくさんの花が咲いていた場所といわれていて、「花祭り」の名前の由来になっています。

またルンビニ園は、現在のネパール南部にあり、仏教の4大聖地のひとつになっているんですよ。
ルンビニ園は世界遺産にも指定されていて、観光スポットとしても人気です。

花祭りでのならわしについて

ここからは、花祭りでは実際にどんなならわしがあるのかを紹介しますね。

花御堂の誕生仏に甘茶をかける

花祭りは、仏教行事だと紹介しました。

そのため多くの場合、花祭りはお寺で行われますので、花祭りに参加するにはお寺にお参りしますよ。
ただし、お寺によっては公園や広場などを借りて行う場合もあります。

▼花祭りのときにお寺や会場を訪れると、「花御堂(はなみどう)」という小さなお堂が置いてありますよ。

花祭り:花御堂

花御堂は屋根や柱など、まわりをたくさんの花で飾っています。
これは、お釈迦様が生まれたルンビニは、花がいっぱい咲いていたという伝承を表現したものなんですよ。

▼花御堂の中には、水盤(すいばん)という水をためる器が置いてあり、水盤の中は甘茶(あまちゃ)で満たされています。

花祭り:花御堂の甘茶

甘茶は、お釈迦様が生まれるときに竜が吐いた甘い水を表現していますよ。

なお、甘茶は「アマチャ」というユキノシタ科の植物の葉を乾燥させ、発酵させたものを煎じたお茶です。
甘茶は独特の甘みがありますよ。

▼そして、水盤の中央には「誕生仏(たんじょうぶつ)」という小さな仏像が置かれていますよ。

花祭り:花御堂の誕生仏

誕生仏は、お釈迦様の誕生したときの姿を現していて、人差し指を天に向けています。
お釈迦様が誕生したときに、天を指さして「天上天下唯我独尊」と言ったという説話を表現したものですね。

▼花祭りに訪れたとき、参拝者は花御堂の水盤の甘茶を柄杓(ひしゃく)ですくい、誕生仏にかけることで、お釈迦様の誕生日をお祝いするんですよ。

花祭りのようす:甘茶を誕生仏にかける

甘茶は3回誕生仏にかける場合が多いです。

▼また、参拝者に甘茶がふるまわるところもありますよ。

花祭りのようす:甘茶がふるまわれる

▼お寺や地域によっては、子供にお菓子を配るところも。

花祭りのようす

▼花御堂を飾るのに使っている花を配る場合もあります。

花祭りのようす:花の配布

稚児行列が行われる

地域やお寺によっては、花祭りのときに「稚児行列(ちごぎょうれつ)」が行われます。

稚児とは子供のことで、稚児行列では昔の衣装を着た子供の行列が、地域をねり歩きますよ。

このときに、白いゾウの像を引きながら歩くこともあります。
お釈迦様の母親が、お釈迦様を産む前に、白いゾウが現れたのを見たという伝説があるからです。

稚児行列には、あらかじめ決められた子供のみが参加できるものと、一般の子供でも飛び入りで参加できるものとがあります。

また、参加料が必要な場合や、年齢制限がある場合もありますよ。
参加を希望する場合は、事前に調べてくださいね。

有名な稚児行列には、以下のような寺・地域で行われるものがあります。

  • 高岩寺(こうがんじ):東京都豊島区(巣鴨とげぬき地蔵)
  • 浅草寺(せんそうじ):東京都台東区
  • 善光寺(ぜんこうじ):長野県長野市
  • 華厳寺(けごんじ):京都府京都市(鈴虫寺)
  • 鎮国寺(ちんこくじ):福岡県宗像市

全日本仏教会の公式サイトでは、ほかにも紹介されていますよ。

地域によっては、稚児行列を花祭りのメインイベントのようにあつかっていることがあります。

なぜなら花祭りという行事は、お釈迦様の誕生日を祝うと同時に、子供が健やかに育つようにお釈迦様にあやかるという意味があるためですよ。

花祭りの歴史について

花祭りの意味やならわしがわかったあとは、いつから日本で花祭りが行われているのか、花祭りの歴史も気になってきます。
ここからは、花祭りの歴史について紹介していきますね。

花祭りは、7世紀ごろに中国から日本に伝わってきました。

ただし、花祭りという呼び名が生まれたのは、ずっとあとの時代です。
「灌仏会(かんぶつえ)」という正式名称が生まれたのも平安時代前期といわれています。

室町時代に、現在でも行われている「花御堂(はなみどう)」をつくるならわしが生まれました。
そして江戸時代に、甘茶(あまちゃ)をかける現在に近い形式になったとされています。

なお7世紀に灌仏会が伝わって以降、長いあいだ灌仏会は宮中行事として行われていました。

明治時代になると、灌仏会を「花祭り」と呼ぶようになります。
その後、大正時代に日比谷公園で大きな花祭りが開催されるようになりました。

これがきっかけで、花祭りが民間行事として広く親しまれるようになったといわれています。

ちなみに、花祭りの呼び名や、花御堂・稚児行列などのならわしは日本独自のものです。
海外の仏教が盛んな国・地域では行われていません。

お釈迦様の誕生を祝う行事自体はありますが、内容は国・地域によって異なりますよ。

また、暦の数え方も異なることもあるので、お釈迦様の誕生を祝う行事の時季も国・地域でちがっています。

さいごに

日本の風習の多くは仏教の影響を受けています。
そのため仏教の開祖であるお釈迦様の誕生日は、とても大切な日です。

クリスマスも楽しいですが、一度花祭りに出かけてみるのもおすすめですよ。

花祭りの時期は、ちょうど気候が暖かくなり始めるころです。
お散歩がてら、花祭りに寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る