2019天神祭奉納花火の日程・時間は?最寄り駅からのアクセスや観覧場所についても解説

スポンサーリンク

天神祭奉納花火」は、日本三大祭りのひとつ「天神祭」のフィナーレを飾るイベントです。

打ち上げ数は5,000発と少なめですが、例年、130万人以上が訪れるといわれている関西屈指の一大イベント。

梅鉢の形に開くオリジナル花火や、文字が浮かび上がる花火など、一風変わった花火が打ち上げられる点も見どころですよ。

このページでは、そんな天神祭奉納花火の日程や最寄駅からのアクセス、有料席などについて紹介しています。

行ってみようかと検討しているなら、ぜひ参考にしてみてください!

天神祭奉納花火の基本情報(2019年)

まずは、天神祭の基本情報を確認していきましょう。

天神祭は毎年宵宮が24日に、本宮が25日に行われると決まっていて、2019年の宵宮は7月24日(水)、本宮は7月25日(木)に行われる予定です。

天神祭奉納花火は、例年25日の夜に打ち上げられます。

花火の打ち上げ時間については、まだ詳細がわからないので、参考までに2018年の情報を紹介しておきますね。

  • 開催日:2018年7月25日(水)
  • 打ち上げ時間:19:30~20:50
  • 小雨決行、荒天時は中止

花火大会といえば、土日に開催されるところが多いイメージがありますが、天神祭は毎年日にちが決まっているので、平日に開催されることもありますよ。

天神祭ってどんなお祭り?

天神祭奉納花火が行われる天神祭は、1000年以上の歴史がある伝統的なお祭り。

ご祭神である菅原道真の命日にちなんだ縁日で、日本各地の天満宮や天神社で行われています。

そのなかでも、大阪天満宮で行われる天神祭は江戸時代から「日本三大祭のひとつ」といわれるようになり、いまでは全国的に有名なお祭りになりました。

諸行事は6月下旬から約1ヶ月間行われますが、7月24日の宵宮と7月25日の本宮は、その集大成ともいうべきイベントです。

ギャルみこしや船渡御の乗船場までの神輿渡御につき、約4Kmの道のりを3000人で練り歩く「陸渡御」、大川にたくさんの船が行き交う「船渡御」をはじめ、花火以外にも見どころがたっぷりあるので、関西でもイチオシのお祭りですよ。

天神祭奉納花火の場所・最寄駅・アクセス方法

天神祭奉納花火の打ち上げ会場は、毛馬桜宮公園と川崎公園です。

会場が2ヶ所にわかれていますし、当日は大勢の人が集まってくるので、観覧場所は前もってある程度決めておいた方がいいかもしれませんね。

最寄り駅から会場までのアクセスは次の通りです。

  • JR片町線「大阪城北詰」駅より徒歩約15分
  • JR大阪環状線「桜宮」駅より徒歩約15分
  • JR片町線「京橋」駅より徒歩約20分

当日の混雑度によって、多少時間は前後するかと思いますが、最寄り駅からは15~20分ほどですね。

なお、花火大会当日は交通規制がかかるため、車で行くのは避けて、公共交通機関を利用するのがおすすめ。

臨時駐車場などもありませんから、「駐車場を探していたら花火が始まってしまった」なんてことがないよう、電車やバスで行った方が確実ですよ。

17:00になると通行禁止になる場所もでてくるので、当日はそれ以前に会場へ着くように計画を立てておくと安心です。

当日は人の数がかなり多いので、お子さんと一緒に行く場合は迷子にならないように気をつけてくださいね。

天神祭奉納花火の有料席について

天神祭の会場には有料席もあります。

「ゆっくりと花火を見たい」「場所取りに時間をかけたくない」という場合は、有料席のチケットを購入するのがおすすめ。

130万人もの人が訪れる天神祭ですから、混雑は必至です。

そのうえ、お祭りのフィナーレを飾る花火ともなれば、混み具合もハンパないので、お金を払って席を確保しておくのもありだと思いますよ。

参考までに2018年に販売された有料席の情報を紹介します。
チケットの購入場所や料金は次の通りです。

【なにわ橋 陸渡御観覧席】

  • 観覧場所:大阪市中央公会堂前
  • 観覧席数:200席
  • 販売価格(税込):5,000円(ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブックつき)

【天満橋 船渡御観覧席(SS席・S席・A席)】

  • 観覧場所:天満橋南詰大川河川敷公園(OMM北側)
  • 観覧席数:SS席320席、S席380席、A席400席
  • 販売価格(税込):SS席10,000円、S席8,500円、A席6,000円※大阪名物を詰め込んだ「ビリケン弁当」と売店利用券300円つきもしくはSS席11,500円、S席10,000円、A席7,500円※渡御解説書、虫除けグッズ、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブックつき

【OMM21階屋上観覧席(奉納花火)】

  • 観覧場所:OMM 21階屋上
  • 観覧席数:150席
  • 販売価格(税込):18,000円(特製弁当、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブックつき)

【桜之宮 船渡御観覧席】

  • 観覧場所:毛馬桜之宮公園
  • 観覧席数:300席
  • 販売価格(税込):16,000円(特製弁当、天神祭うちわ、渡御解説書、虫除けグッズ、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付)

お値段はどれも高めですが、デートなど特別なときには有料席を検討してみてもいいですね。

それぞれのチケットは、次の場所で販売されています。

毎年、天神祭の時期が近づくと、各社でチケット販売に関する情報が公開されるので、定期的に公式サイトなどをチェックしてみてくださいね。

花火が見られるホテルの宿泊プランもあります

天神祭の会場周辺にあるホテルでは、「ホテルの客室から花火を見たい」という方向けの宿泊プランやディナープランを用意しているところもあります。

「人混みが苦手」「記念日だから特別な1日にしたい」という方は、ホテルから花火を見るというのも、ひとつの方法です。

花火大会鑑賞プランがあるホテルの一部を紹介しますね。

  • 帝国ホテル
  • ヒルトン大阪
  • ホテルモントレ ラ・スール大阪
  • KKRホテル大阪
  • 大阪キャッスルホテル<天満橋>
  • ホテルユーナス
  • 大阪リバーサイドホテル ・・・など

2019年のプラン内容は、どのホテルも未発表です。

日程などが詳しく決まれば、ホテルからの発表もあると思いますので、予約を検討しているなら定期的に公式サイトや宿泊予約サイトをチェックしておくといいですよ。

浴衣はレンタルするのもおすすめ

花火大会の時期になると、浴衣姿の人をよく見かけますよね。

浴衣姿はいつもと雰囲気が変わるので、花火大会に行くとなると、「浴衣を着てみようかな」と考えることもあると思います。

いまはユニクロなど安く浴衣を購入できるお店もありますが、「保管場所の確保や、クリーニングに出すのが面倒」「毎年ちがう浴衣が着たい」という場合は、浴衣のレンタルサービスを利用するのもおすすめです。

きものレンタルwargoなど、宅配レンタルで浴衣を借りられるところもあるので、興味があれば検討してみては、いかがでしょうか。

「ヘアセットもしたい」というときは、クーポンがあるホットペッパービューティーなどで美容院を探せば、安く利用できるお店が見つかりますよ。

肌の露出が気になるなら肌のお手入れをはじめよう

花火大会がある夏は、肌の露出が多くなる季節です。

デートなどのときには、ムダ毛が気になってしまうこともあるかと思います。

「自己処理が大変」と思っているのなら、脱毛サロンなどに通って、脱毛を始めてみるのもいいですよ。

キャンペーンで安いものを探しているのならミュゼ、なるべく痛くないのを選びたいならSHR脱毛のストラッシュラココがおすすめです。

さいごに

天神祭は、毎年130万人が訪れるという関西屈指の一大イベントです。

混雑具合だけが気になりますが、陸渡御や船渡御など花火以外にも見どころがたっぷりあるので、お祭りムードを満喫できると思いますよ。

天神祭へ行かれるときには、ぜひ楽しんできてくださいね!

参考:大阪天満宮「天神祭」紹介ページ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る