2019なにわ淀川花火大会の日程・時間はいつ?有料席チケットの買い方・最寄り駅からのアクセス方法・近くのホテルについて解説

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会」は、毎年43万人以上が訪れる大阪の花火大会です。

打ち上げ数は非公開ですが、フィナーレで打ち上げられる大量の花火には圧巻の一言。

関西屈指の花火大会といわれるだけあって、大迫力の花火が見られるので、「花火をたっぷり堪能したい」というときに、おすすめですよ。

このページでは、そんななにわ淀川花火大会の日程やアクセス、有料席などについて紹介しています。

行ってみようかと検討しているなら、ぜひ参考にしてみてください!

なにわ淀川花火大会の基本情報(2019年)

まずは、なにわ淀川花火大会の基本情報を確認していきましょう。

  • 開催日:2019年8月10日(土)
  • 時間:19:40~20:40
  • 雨天決行、荒天中止

なにわ淀川花火大会は毎年8月の第一土曜日に開催されることが多いのですが、2019年は第二土曜日開催になりましたね。

どんな雰囲気なのかは、過去の花火大会のダイジェスト映像を見れば、なんとなくイメージできますよ。

なにわ淀川花火大会の場所・最寄駅・アクセス方法

なにわ淀川花火大会の打ち上げ会場は、新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷です。

会場は「十三側」と「梅田側」にわかれています。

花火大会当日は交通規制がかかるので、車で行くのは避けて、公共交通機関を利用するのがおすすめ。

最寄駅への到着が18:00を過ぎてしまうと、打ち上げ時間までに会場に辿りつかない場合があるようなので、当日は18:00になる前に駅へ着くように計画を立てておくと安心ですね。

十三側会場の最寄駅は、次の通り。

  • JR:御幣島駅、塚本駅
  • 大阪メトロ:西中島南方駅
  • 阪急:南方駅、十三駅
  • 阪神:姫島駅

十三側だと最寄駅から徒歩で、だいたい15分~30分ほどかかります。

梅田側会場の最寄駅は、次の通りです。

  • JR:大阪駅、海老江駅
  • 大阪メトロ:梅田駅、野田阪神駅
  • 阪急:梅田駅
  • 阪神:野田駅

梅田側からだと最寄駅から徒歩で、約25~30分くらい。

当日の混雑状況によって変わると思いますが、喋りながら歩いていると、意外と長時間歩くのも気になりません。

ただし、人の数はかなり多いので、お子さんと一緒に行く場合は迷子にならないように気をつけてくださいね。

なにわ淀川花火大会の有料席について

なにわ淀川花火大会には「花火サポーター協賛席」という名の有料席があります。

無料観覧席でも、もちろん花火は見られるのですが、デートなど特別なときやお子さんを連れて行くときには、ゆっくりと花火を見られる方がいいですよね。

「場所取りのために長時間待ちたくない」「イスに座って観覧したい」という方は、有料席のチケットを購入するのがおすすめ。

チケットの購入場所や料金は次の通りです。

<十三側>

  • エキサイティングシート
  • 前売料金:大人9,000円、子ども5,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:エリア指定自由席
  • アリーナシート
  • 前売料金:大人7,000円、子ども4,000円
  • 当日料金:大人8,000円、子ども5,000円
  • 区分:エリア指定自由席
  • 団体
  • 前売料金:大人8,000円、子ども5,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:団体指定席
  • ステージシート
  • 前売料金:大人9,000円、子ども5,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • 納涼船
  • 前売料金:大人18,000円、子ども10,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • ライトスタンド1
  • 前売料金:大人3,500円、子ども2,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:エリア指定自由席
  • ライトスタンド2
  • 前売料金:大人3,500円、子ども2,000円
  • 当日料金:大人4,000円、子ども2,500円
  • 区分:エリア指定自由席
  • ライトスタンド3
  • 前売料金:未定
  • 当日料金:大人4,000円、子ども2,500円
  • 区分:エリア指定自由席
  • レフトスタンド1
  • 前売料金:大人3,500円、子ども2,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:エリア指定自由席
  • レフトスタンド2
  • 前売料金:大人3,500円、子ども2,000円
  • 当日料金:大人4,000円、子ども2,500円
  • 区分:エリア指定自由席
  • レフトスタンド3
  • 前売料金:大人3,500円、子ども2,000円
  • 当日料金:大人4,000円、子ども2,500円
  • 区分:エリア指定自由席
  • 夏ぴあシート
  • 前売料金:S席5,000円、おふたり様テーブル席10,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • e+(イープラス)VIPペアシート
  • 前売料金:12,000円※2枚1組単位での発券。1セット24,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席(弁当、お茶付き)
  • e+(イープラス)シート
  • 前売料金:5,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • e+(イープラス)サマーベッドエリア
  • 前売料金:12,000円※2枚1組単位での発券。1セット24,000円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • e+(イープラス)桟敷エリア
  • 前売料金:16,000円※1枚で4名まで入場可能
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:完全指定席
  • JTBシート
  • 前売料金:4,500円
  • 当日料金:販売なし
  • 区分:エリア指定自由席

<梅田会場>

  • 梅田会場
  • 前売料金:大人4,500円、子ども2,500円
  • 当日料金:大人5,000円、子ども3,000円
  • 区分:自由席
  • ダイナミックシート
  • 前売料金:大人2,500円、子ども1,500円
  • 当日料金:大人3,000円、子ども2,000円
  • 区分:自由席

▼有料席の座席位置はこちら。

なにわ淀川花火大会2019有料席マップ画像

なお、チケットは以下の場所で購入可能です。

  • 運営事務局
  • チケットセンター
  • ローソンチケット
  • チケットぴあ
  • イープラス
  • セブンチケット
  • チケ探

公式サイトには座席の位置マップや写真も掲載されているので、そちらを参考にどのシートを購入するか決めてみては、いかがでしょうか。

参考:なにわ淀川花火大会公式サイト

花火が見られるホテルの宿泊プランもあります

なにわ淀川花火大会の会場周辺にあるホテルでは、「ホテルの客室から花火を見たい」という方向けの宿泊プランやディナープランを用意しているところもあります。

「人混みが苦手」「記念日だから特別な1日にしたい」という方は、ホテルから花火を見るというのも、ひとつの方法です。

花火大会鑑賞プランがあるホテルの一部を紹介しますね。

ホテルによっては完売しているプランもあります。
もし鑑賞プランつきのホテルを予約しようと検討しているなら、早めにチェックしておいた方がよさそうです。

最安値でホテルの予約をするなら、以下の宿泊予約サイトを参考にしてみてくださいね。

浴衣を着るならレンタルもおすすめ

花火大会の時期になると、浴衣姿の人をよく見かけますよね。

やはり浴衣は風情があるので、花火大会に行くとなると、「着てみようかな」と思うこともあると思います。

いまはユニクロなど安く浴衣を購入できるお店もありますが、「毎年ちがう浴衣を着たい」「保管場所に困る」というときは、レンタル浴衣を利用してみるのも、おすすめです。

きものレンタルwargoなど、宅配レンタルで浴衣を借りられるところもあるので、興味があれば検討してみては、いかがでしょうか。

「ヘアセットもしたい」というときは、クーポンがあるホットペッパービューティーなどで美容院を探せば、安く利用できるお店が見つかりますよ。

肌の露出が気になるなら脱毛がおすすめ

花火大会がある夏は、肌の露出が多くなる季節です。
そうなってくると、どうしてもムダ毛が気になってしまいますよね。

「自己処理が大変」と思っているのなら、脱毛サロンなどに通って、脱毛を始めてみるのもいいですよ。

キャンペーンで安いものを探しているのならミュゼ、なるべく痛くないのを選びたいならSHR脱毛のストラッシュラココがおすすめです。

さいごに

私も過去に行ったことがあるのですが、なにわ淀川花火大会は打ち上げ数が多くて、大迫力の花火が楽しめる花火大会です。

フィナーレにかけて打ち上げられる大輪の花火は、見ていて何度も「すごい!」と声をあげてしまうほど感動しました。

ただし、花火の打ち上げが終わると会場はかなり混雑して、駅にたどり着くのにも結構時間がかかります。

小さなお子さんを連れていくときは、どっと疲れも増すでしょうから、そのあたりは気をつけてくださいね。

十三、梅田周辺はどこも人で溢れかえっているので、花火が終わってから食事をする予定があるなら、会場周辺ではなく、自宅近辺のお店で食べるのがおすすめ。

混雑具合だけが気になりますが、花火は圧巻のパフォーマンスなので、ぜひ楽しみましょう!

おまけ:関西の花火大会情報まとめ

関西には、ほかにもいろいろな花火大会があります。

どこの花火を見に行こうか検討しているなら、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る