ひな祭りはいつ?ひな祭りの由来や意味・風習について徹底解説

スポンサーリンク

毎年3月3日は、ひな祭りですね。

ひな祭りは女の子のお祭りの日で、日本を代表する伝統行事です。
ひな人形をかざったり、ひなあられを食べたり、楽しいことがたくさんあります。

しかし、なぜ3月3日が女の子をお祝いする日になったのか気になりませんか。
またなぜひな人形やひなあられなどの風習ができたのかも知りたいですよね。

そこでこのページでは、ひな祭りの時期や、ひな祭りの由来と意味・風習などについて詳しく解説していきますね。

ひな祭りはいつ?

ひな祭りとは?女の子が健康に育つように願う行事

ひな祭りは、女の子が健やかに成長するように願うための行事です。

別名「桃の節句(もものせっく)」といい、正式名称は「上巳の節句(じょうし、じょうみのせっく)」といいますよ。

ひな祭りは、日本の年間行事の中でも代表的なものです。

ひな祭りになると、女の子がいる家庭ではひな人形が飾られ、お店ではひなあられや菱餅(ひしもち)などが売られるようになります。

じつは、ひな祭りは平安時代にまでさかのぼる古い行事です。
しかし、現在のような形式になったのは江戸時代からといわれています。

なお節句は、かつて節供とも書いていましたよ。

ひな祭りの時期について

ひな祭りは毎年3月3日におこなわれます。

上巳の節句の「上巳」は「上旬の巳の日」という意味で、3月上旬の巳の日におこなわれていましたが、やがて3月3日に固定されました。

古い時代には、奇数が並ぶ日は縁起がよいとする考えがあったためと考えられています。

明治時代初期に暦が旧暦から新暦に変わりましたが、現在では新暦での3月3日、つまりカレンダーどおりの3月3日にひな祭りをおこないます。

しかし一部の地域では、旧暦の3月3日にあたる日におこないますよ。

旧暦を新暦に換算すると毎年日にちが変わって分かりにくいため、1ヶ月遅れの4月3日に固定しておこなう地域も存在します。

こんにちは😊まどかです❗️ いつもいいね👍ありがとうございます😊 . 3月3日はひな祭り🎎🌸ですね❗️ . ひな祭りは女の子のお祭りの日で、日本を代表する伝統行事です😊 . ひな祭りには欠かせない、「ひなあられ」や「ひし餅」などを食べる風習にも意味がありますよね🎎🌸 . 「ひな祭りの風習ってそんな意味もあったんだなぁ〜」ということも描いていますので、ぜひ参考にしてみて下さい😉🌸 . 詳しくはプロフィール( @nomadsaving_manga )から「ノマド的節約術」の記事に行けます😉 ——————— . フォローとか、いいね!してもらえるとうれしいです! . 応援が次の漫画描くエネルギーになります😊✨🙌 . #ノマド的節約術 #漫画#お金の話#お金#節約#節約術#やりくり#やりくり上手になりたい#ひな祭り#ひな祭りごはん#ひな祭り飾り#ひな祭り料理#ひな祭り🎎#ひな祭りだから#雛人形#お雛様#桃の節句#ひなあられ#はまぐり#3月3日#おひなさま#桃の花#ひし餅#晴れの日#桜もち#節句#ひな人形

まどかマンガ@ノマド的節約術さん(@nomadsaving_manga)がシェアした投稿 –

ひな祭りは五節句のひとつ

そもそも、ひな祭り=上巳の節句は「五節句(ごせっく)」と呼ばれる節句のひとつなんですよ。つまり節句は年に5回あるのです。

五節句は以下のようになります。

月日節句別名象徴する植物
1月7日人日
(じんじつ)
七草の節句春の七草
3月3日上巳
(じょうし、じょうみ)
桃の節句
5月5日端午
(たんご)
菖蒲(しょうぶ)の節句菖蒲
7月7日七夕
(しちせき)
竹の節句
七夕(たなばた)
竹(笹)
9月9日重陽
(ちょうよう)
菊の節句菊、栗

重陽以外は、どれもなじみのある行事ではないでしょうか。
七草や七夕も節句のひとつなんですよ。

じつは節句は、もともと古代の中国にあった風習で、奈良時代ごろ遣唐使によって日本伝来。
節句は日本流にアレンジされて、宮中行事として取り入れられました。

なお、1月1日は元旦と重なるため、1月7日にずらされていますよ。

もともと節句は二十四節気(にじゅうしせっき)という考えを元にしているので、1年に節句がたくさんありました。

しかし江戸時代になって、幕府が節句は5つ(五節句)のみに定めます。
江戸幕府の定めた五節句は式日(しきじつ)、いまでいう祝日として決めたものです。

五節句は、忙しい日常を離れてリフレッシュすることが目的でした。

栄養のある食べ物を食べて滋養強壮をはかったり、家族や友人などと世代を超えたコミュニケーションをとったりして過ごしていたのです。

五節句は、稲作を中心とした日本人の文化とマッチしたために定着したともいわれていますよ。

また、節句の時期には、その時期を象徴する植物を飾ったり食べたりして祝いました。

そのため、五節句はそれぞれ象徴する植物の名を別名としています。
上巳の節句の別名「桃の節句」も、桃の花が咲く時期だからなんですよ。

なお古来より桃は、邪気払いの力がある植物といわれていたことも理由です。

スポンサーリンク

ひな祭りの歴史

ここからは、ひな祭りがどのようにして現在のような行事なったのかを紹介しますね。

起源は古代中国の「上巳祭」

節句は古代の中国に起源があると紹介しました。

ひな祭り=上巳の節句は、もともと古代中国でおこなわれていた「上巳節(じょうしせつ、じょうみせつ)」という行事。

上巳節は女の子の成長を願うものではなく、春の訪れを喜ぶと同時に、無病息災などを祈願して厄払いをしていました。

季節の変わり目は邪気におかされやすいという考えがあったためです。

このころは、上巳節のときには水辺で厄払いの儀式をおこなっていました。

その後、「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」という川に盃(さかずき)を流す行事に変化します。

水辺での厄払いが人形を川に流すように変化

奈良時代、遣唐使が日本に節句を伝えると、宮中行事として日本でも上巳の節句の曲水の宴がおこなわれるようになりました。

いっぽう、平安時代になると宮中の貴族の女の子のあいだで人形遊びがはやるように。
小さな人形だったので、小さいという意味の「ひいな遊び」「ひな遊び」と呼ばれていました。

やがて、上巳の節句はひいな遊びと結びつき、自分の身代わりとして人形を船に乗せて、自らの穢(けがれ)とともに川に流す行事に変化しました。

そして、いつしか上巳の節句は「ひな祭り」の別名でも呼ばれるようになります。

なお、このころの上巳の節句は、男女の区別なくおこなわれていました。

また人形を流す行事は、現在でも一部地域で「流しびな」という形で残っていますよ。

江戸時代にひな祭りは女の子の成長を願う行事に

江戸時代になると、江戸幕府が五節句を式日(祝日)として定めます。
それまで、ひな祭りでは男女関係なくひな祭りをおこなっていました。

やがて武家のあいだで、上巳の節句は女の子の成長を願う行事に変わっていきます。
これは、幕府が5月5日に制定した端午の節句が、武家の間で男の成長を願う行事になった影響です。

男の子の成長を願う行事に対して、女の子の成長を願う行事を上巳の節句におこなうようになり、上巳の節句であるひな祭りが女の子の行事となったのです。

人形を流していたものが人形を飾るように変化

ひな人形 二段飾り

江戸時代、皇族や武家などの上流階級では、しだいにひな祭りの人形が豪華になっていきました。

やがて人形を川に流す代わりに、男女一対の人形を飾るように。
これが現在のひな人形の起源です。

しだいにひな人形は、三人官女などの人形や飾りが増えていき、規模や豪華さが増していきました。

また、武家以外の庶民にも広まっていき、現在に至っています。

スポンサーリンク

ひな祭りのときにおこなう、よくある風習6つ

ひな祭りにはいろんな風習がおこなわれます。

ひな祭りの代表的な風習は以下の通りです。

  • ひな人形を飾る
  • 桃の花を飾る
  • 菱餅を食べる
  • ひなあられを食べる
  • ハマグリ料理を食べる
  • 桃花酒・白酒・甘酒を飲む

ひな人形を飾る

ひな人形 七段飾り

ひな人形は江戸時代の武家のあいだで、流しびなが変化したものが起源です。
現在でも、ひな祭りといえばひな人形のイメージですね。

以前は7段や5段などの豪華で人形・飾りが多いものが好まれました。

いまは、マンション暮らしの増加や費用を抑えたい家庭が増えたため、「親王飾り(しんのうかざり)」という一段のみのひな人形も多いですよ。

さらに、掛け軸にひな人形が描かれたタイプもあります。
飾ったり片付けたりする手間が省けるので人気です。

桃の花を飾る

ひな祭り:桃の花

ひな祭りである上巳の節句は、桃の花が咲く時期であるので桃の節句と呼ばれています。

名前だけでなく、じっさいにひな祭りのときに桃の花を飾るのも昔からある風習です。

むかし、上巳の節句は厄除けの行事でした。
桃という植物には古くから邪気払いの力があると信じられていたのも、桃を飾るようになった理由です。

桃の花は、ひな人形の横やひな壇の上に置くことが多いですが、決まりはありません。
床の間や玄関など、どこに飾っても大丈夫ですよ。

なおひな祭りが近くなると、花屋やホームセンターなどで観賞用の桃が販売されています。

菱餅を食べる

ひな祭り:ひし餅

ひな人形や桃の花とならび、菱餅(ひしもち)もひな祭りを代表するものですね。

菱餅は菱形の形をした3段重ねの餅です。
3段の餅は桃色・白色・緑色の3色になっています。

この色には意味には、以下のような意味がありますよ。

  • 桃色=桃の花
  • 白色=残雪
  • 緑色=新芽

さらに、それぞれの色をつける材料にも以下の意味があります。

  • 桃色はクチナシを使い、魔除けの効果
  • 白色は菱(ひし)の実を使い、清浄の意味
  • 緑色はヨモギを使い、厄除けの効果や長寿・健康の祈願

菱餅の形の起源については、ひじょうにたくさんの説があり、詳細はわかっていません。

なお、菱餅の形や色、重ねる順序、意味などには地域差があります。

菱餅は、ひな祭りが近くなるとスーパーなどで販売されますよ。

ひなあられを食べる

ひな祭りが近くなると、スーパーなどでひなあられが売られるようになります。
ひなあられも、ひな祭りを象徴するものですよね。

じつは、ひなあられの起源も古いんですよ。

江戸時代、飾っているひな人形を天気のよい日に持ち出し、野山や海辺へ出かける風習がありました。
これを「ひなの国見せ」といいます。

このときに、おやつとして持っていったのが、ひなあられなんですよ。

いまでは、ひなの国見せの風習はなくなりましたが、ひなあられだけが形を変えて現在に残されました。

なお一説では、ひなあられは菱餅を砕いて持ちだしたものが起源ともいわれているんですよ。

またひなの国見せの風習は、いつの時代からはじまったのか詳細は分かっていません。

ひなあられには関東風と関西風がある

ひなあられには、じつは関東風と関西風の2種類があるんですよ。

▼関東風は、米粒状で甘い味付けです。

ひな祭り:ひなあられ(関東風)

米でつくられた「ポン菓子」と呼ばれる菓子に、砂糖で甘くしたものですよ。

▼いっぽう関西風は、直径1cm程度のあられで、塩味です。

ひな祭り:ひなあられ(関西風)

米でつくった球状のせんべい(おかき)で、醤油や塩などで味付けしています。

関東風・関西風とも桃色・白色・緑色の色づけがされていますよ。
色の意味は菱餅と同じです。

なお3色に加えて、関東風では黄色、関西風では色付けなしの生地の色(茶色)のものが混じることがあります。

ハマグリ料理を食べる

古くから、ひな祭りのときにハマグリを食べる習慣があります。
なかでも定番はハマグリのお吸い物です。

ひな祭りにハマグリを食べるのは、いつ頃からはじまった習慣なのかわかっていません。

ハマグリを食べる理由のひとつに、貝殻が左右一対にであることから、女の子が将来よい伴侶を得られるように願って食べるようになったとも。

くわえて、ひな祭りの時期はハマグリが産卵前で栄養価が高く、旬であることも理由とされていますよ。

桃花酒・白酒・甘酒を飲む

古くからひな祭りでは、桃花酒(とうかしゅ)や白酒(しろざけ)、甘酒(あまざけ)などを飲む習慣があります。

桃花酒は、盃(さかずき)に桃の花を浮かべた清酒です。

まだひな祭りが「曲水の宴」をおこなっていたときから、すでに桃花酒は飲まれていたんですよ。
桃に邪気払いの力があるとされていたからです。

いっぽうで白酒は、もち米を蒸してみりんや米麹・焼酎などを混ぜ込んで熟成させ、すりつぶしたお酒ですよ。
甘みが強いのが特徴で、リキュールの仲間になります。

江戸時代に白酒を考えた酒屋が、夢におひな様が現れたことがきっかけで、ひな祭りに白酒を売り出すようになりました。

甘くて飲みやすいので女性からも好評で、江戸の町中に人気が広がり、全国で白酒が定着し、現在に至っています。

そして甘酒は、米こうじと米・酒粕などでつくられた飲み物です。

桃花酒や白酒は、酒類なので大人しか飲むことができません。

そこで子どもでも飲めるように、桃花酒や白酒の代わりに甘酒を出すようになりました。

甘酒はアルコール成分が1%未満ですので、子どもでも飲むことが可能ですよ。

「晴れの日の料理」を食べる

ひな祭り特有の風習ではありませんが、お祭りなどの「晴れの日」に食べる料理もひな祭りで食べることが多いですよ。

代表的なものに、ちらし寿司がありますね。

ちらし寿司は、もともと「晴れの日」に食べる料理。
そのため、ひな祭り特有の風習ではないんですよ。

ひな祭りは「晴れの日」なので、ちらし寿司などの晴れの日の料理が食べられます。

ほかに晴れの日の料理として赤飯や鯛料理などがありますよ。
赤飯も鯛料理もひな祭りの日に食べることがあります。

また地域によって特有の料理が食べられることもありますよ。

さいごに

ひな祭りは、とても古い時代からある行事で、形を変えながらも今も残っています。

女の子の健やかな成長を祈るのももちろんですが、意味や由来も考えながら過ごすと、いっそう女の子の成長が楽しみになりますよ。

おまけ:ほかの五節句もみてみよう

重陽の節句は、五節句のひとつです。
あとの4つも気になりませんか?

ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る