クオ(Quo)カードを格安購入や無料で入手する方法と販売店まとめ。コンビニ利用が魅力的!

スポンサーリンク

最近、クオカード(Quocard)を使って買い物する機会が何度かあり、改めてクオカードって便利だな〜と思っています。

私はクオカードを株主優待でもらうことが多いのですが、一般的にクオカードはお店で買いますよね。

そんなクオカード、株主優待も含めて、どうやって安く取得できるのかをまとめてみました。

クオカードを格安もしくは無料で手に入れる方法

このページは前編で、以下のページが続編です。

クオカード(Quoカード)とは?

クオカードとは、額面が決まったプリペイドカードで、使い切りのカードになります。

例えば、1,000円分のクオカードであれば、1,000円まで使えるという仕組みです。

使い切りタイプですので、お釣りはありません。
クオカードの金額よりも支払額が多くなった場合は、他の支払い方法で差額を払えます。

また、有効期限がないギフトカードですので、一度手に入れたら好きなタイミングで使えますよ。

クオカードってどこのお店で使えるの?

そもそも、クオカードを安く手に入れる以前の話で、クオカードを手に入れた時に、どこのお店で使えばいいのかが気になりますよね。

以下のページで、クオカードが使える主な店の一覧を紹介しています。

クオカードが使えるコンビニは、以下のページが詳しいですよ。

株主優待でクオカードを取得する

さて、ここからはクオカードを安く手に入れる方法を紹介していきましょう!

いきなりですが、一番ローコストでクオカードを手に入れることができる方法が、株主優待で手に入れることです。

株を買うというハードルがありますが、一度クオカードがもらえる銘柄を保有してしまえば、優待がなくならない限りは毎年クオカードがもらえますよ!

私が過去にクオカードをもらった銘柄は、明光ネットワークジャパンやJSPなどがあります。

下の写真が、実際にもらったクオカードです。

株主優待でもらったクオカード

株を持ち続けるのはさすがにできないわ〜という方も大丈夫!

証券会社の口座で信用取引ができるようになれば、証券会社の手数料だけで株主優待(クオカード)を取得できるようになりますよ!

わずか数百円で1,000円以上のクオカードが手に入るのも普通にありえる話です。
実際、上で紹介したクオカードは、数百円の手数料しか使わずに入手してものですからね。

ただ、逆日歩のリスクがあるので、必ずしもうまくいくとは限りませんが・・・。

分かりづらかったであろう専門用語の説明も含めて、具体的なやり方を以下のページで説明しています。

完全ガイドなので、必見ですよ!

節約家の私が選ぶ、おすすめのネット証券会社も合わせてチェックしてみてください。

ちなみに、もらったクオカードは、物販の仕入れに使ってましたよ。
仕入値が下がり、その分だけ利益が増えるので重宝してました!

株主優待でクオカードを提供している企業の一覧は、以下のページから探せます。
参考:クオカードが株主優待になっている企業一覧

スポンサーリンク

nanacoカードとの合わせ技で安く買う方法

株主優待の場合は、証券会社への口座開設が必要になりますが、普通にクオカードを買う場合はそんなことをしなくても大丈夫です。

普通に買う場合は、もちろんお金を払って買うのですが、やり方を少し知っているだけでちょっぴり節約できます。

クオカードが使えるお店は、コンビニをはじめ、かなり多いので、小さな割引が複利のようになって効いてきますよ!

セブンイレブンでは、電子マネーのnanacoが使えて、nanacoでクオカードを買えます。

nanacoの残高には、クレジットカードでチャージすることができ、クレジットカードのポイントも貯まるので、その分だけお得になるという仕組み。

クレジットカードを使うことで、ポイント還元率分が戻ってくる計算になります。

詳しいやり方は、以下のページに全部書かれていますよ。

10,000円分のクオカードを買うと、クオカードの残高は10,180円。
現金で買ったとしても180円分は上乗せになるので、工夫しなくても1.8%は節約になりますよ。

1.8%に加えて、クレジットカードのポイント還元率ということで、結構節約になるクオカード節約術です。

次からは、カード別に事例を見ていきましょう。

リクルートカードで3.0%OFF

最強なのは、リクルートカードを使うこと。
還元率が1.2%なので、合計で3.0%節約することができます。

リクルートカードを使ってクオカードを安く買うのはいいですが、Pontaポイントでしか還元されないのが欠点。

あとは、リクルートカードからnanacoにチャージするのは月3万円が限度となるため、月に3枚までしかクオカードが買えません。

それでも十分といえば十分ですけどね。

リクルートカードでクオカードを買った場合に得する内訳は以下の通りです。

  • カード支払い:10,000円
  • Pontaポイント還元:120円分
  • クオカードお得分:180円

リクルートカードVISA

Yahoo! JAPANカード(JCB・VISA)なら2.3%OFF

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)でも、JCBやVISAブランドのクレジットカードであれば、nanacoチャージでポイントが貯まりますので、クオカードを2.3%安く買えます。

Masterではヤフーカードからnanacoチャージでポイントが貯まらないので注意してくださいね。

ヤフーカードの還元率自体は1%ですが、nanacoへのチャージに限り、0.5%と低くなっています。

ヤフーカードは、楽天スーパーポイントより使いやすいTポイントが貯まりますよ。

ヤフーカードでクオカードを買った場合の内訳は以下の通りです。

  • カード支払い:10,000円
  • Tポイント還元:50円分
  • クオカードお得分:180円

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

セブンカード・プラスで2.3%OFF

nanacoチャージでお得にしてルールの変更に左右されないようにするのであれば、セブンカード・プラスがもっともおすすめだと思います。

セブンカード・プラスだとnanacoと同じセブン&アイグループのサービスになるため、サービス内容が変わるリスクがもっとも低いのではないでしょうか。

貯まるポイントもnanacoポイントとなるため、他のポイントとの使い分けを考える必要がなくなります。

  • カード支払い:10,000円
  • nanacoポイント還元:50円分
  • クオカードお得分:180円

チケットショップ(金券ショップ)で買う

ここまでは、クレジットカードを使った方法でした。
次はもっと単純な方法で安く買う方法を紹介しますね。

ある程度の規模の町に住んでいる方は、チケットショップ(金券ショップ)を見かけると思います。

チケットショップでもクオカードが売られているのを見たことありませんか?
チケットショップで売られているクオカードは1,000円分が多いです。

それ以上の金額のものはあまり見たことがありません。
あればラッキー!ぐらいで思っておくのがいいでしょうね。

私は一度、3年ほど前に10,000円分のクオカードが9,800円(だったかな?)で売られているのを見て、これはお得!と思って飛びついて買ったことがあります。

この頃はヤフオクでいろいろと出品してたので、当時は現役だったクロネコメール便を使ってたんですよね。

セブンイレブンファミリーマートなら、クロネコメール便の支払いにクオカードが使えてたので、安く買ったクオカードで送料を払ってました。

クロネコメール便がなくなった今は遠い過去のことになりましたが^^;
めっちゃ地味ですが、この頃はお金に困ってたので必死でしたね。

オークションで買って安く手に入れる

クオカードって、大量に流通していることもあって、ヤフオク!などのオークションサイトでも多く販売されています。

定価よりも安く買えるクオカードがあればラッキーですよね。

送料も含めて計算した結果、定価よりも安くなるのであれば、オークションから買うのも確実に安くできる方法です。

ただ、振込手数料は必ず無料にしておきましょう!

ヤフオクを使って買う場合は、安くするためのテクニックを身につけておくと、他でも役立ちますよ。

デイリーPlusで買えるけど、割引率は低い

月額540円かかるデイリーPlusを使うと、クオカードを買うことができます。

  • 2,000円分 → 1,980円
  • 3,000円分 → 2,970円

2,000円・3,000円のクオカードがそれぞれ1%引きで買えますよ。

それほど大きな割引率ではありませんが、クレジットカードで買えるのは大きなメリットなので、大量に買いまくる場合には、結構おすすめです。

クレジットカードを使うなら、ポイント還元率の高いカードを使いましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

期間限定の楽天スーパーポイント・Tポイント消化でクオカードを買う

楽天市場Yahoo!ショッピングでもクオカードが販売されているのをご存知ですか?

これらのネットショップだと決して安く売っているわけではありません。

ただ、楽天スーパーポイントTポイントなどを使って買い物できますので、有効期限が近いポイントがあればクオカードを買うことでポイントをムダに失効させずに済みますよ。

クオカードは有効期限がありませんので、ポイント有効期限の先延ばしに使ってみましょう。

参考:楽天スーパーポイントの期間限定ポイントの消化方法
参考:Tポイントの期間固定ポイントの消化方法

懸賞に応募してクオカードを当てる!

クオカードは、いろいろな懸賞の景品になっていることがあります。
いつも当たることはないでしょうけど、ネットで応募するのであれば、タダです。

懸賞が好きな方はチャレンジしてみるのもいいと思います。
私がお世話になっている方の奥さんは懸賞によく応募してて、年に何度か当たるそうです。

続けてると当たることもあるでしょうね!

私は学生時代によく懸賞に応募してて、1万円ぐらいするような体重計が当たったことがあります。

あとはツマガリの洋菓子セットが当たったかな。
今となっては懐かしい思い出です。

過去には、クオカードがもらえる懸賞もありました。

アンケートに答えてクオカードをもらう

私の家は太陽光発電を導入中。

ソーラーフロンティアというメーカーを使っていますが、年に1回ぐらいアンケートに答えてください、というので、アンケート依頼が届きます。

それに回答するとクオカードがもらえました。
過去に2回ほどあったので、ありがたいな〜と思います。

お金をかけずにクオカードがもらえるのはありがたい限り!

今回は太陽光発電を例にして紹介しましたが、こういうケースって案外あるあるな話だと思います。もらえるものはもらっておきましょう!

普通のクオカード

かもめーるで当選する

暑中お見舞いハガキの「かもめーる」をもらったときに右下に番号が書かれていますよね。

後日当選番号が発表されたときに番号が一致していたら、クオカードが景品にもなっています。

スポンサーリンク

一般的なクオカードの買い方と販売店

これまでは、定価よりも安くクオカードを買う方法や入手方法を紹介してきましたが、一般的なクオカードの買い方ってどうなってるのか気になりますよね。

一般的な買い方は主に以下の通りです。

  • 販売窓口で購入
  • 加盟店で購入
  • ネットで購入(QUO GIFT SHOP)
  • FAXで購入
  • Loppi
  • おみせdeツーハン

普通の買い方は窓口での購入になりますね。
クオカードを販売しているお店に行って、購入しましょう。

その場合は安くなることはありません。
クオカードの販売店は、公式サイトから探せますよ。

主にジュンク堂書店などの本屋さんで売っていることが多いです。

ネットからだとQUO GIFT SHOPでクオカードを購入できます。
普通に購入するだけでなく、オリジナルデザインで作ったりもできますよ。

絵柄もいろいろとありますので、コレクションするのも楽しくなりそうです。

使う時の注意点

ここまでは、クオカードを安く手に入れる方法を紹介してきました。

でも、いくら安く手に入れたとしても、ムダ使いしては全く意味がありません。
本当に必要なところだけ使っていけば、クオカードを安く手に入れた意味があります。

コンビニではクオカードが使えますが、そもそもコンビニで買い物する必要がありますか?

せっかく安く手に入れたクオカードをどう使うか。
ムダ使いにならない使い方を考えてみました。

続きは以下のページで。
このページの続編にあたります!

おまけ:その他ギフトカード類の活用法

クオカード以外にもいろんなギフトカードがありますよね。
何かしら手にする機会はあると思います。

いろいろな金券は、定価よりも安く手に入れる方法が多いので、使い方次第では現金払いしているのと比べて節約できますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る