厄年とは?意味や年齢の数え方・厄年の過ごし方について解説

スポンサーリンク

日本には古くから厄年(やくどし)という考え方がありますよね。

厄年を気にする人もいれば気にしない人もいます。

でも、厄年の意味を知っていますか?
また実際に厄年になったときにどう過ごせばいいか気になりますよね。

そこで、このページでは厄年の意味や年齢の数え方、厄年のときの過ごし方、厄払いの時期について紹介していきます。

厄年とは?意味や年齢の数え方・厄年の過ごし方について解説

厄年とは「災厄のおこりやすい年齢」

まず、厄年の意味について説明しますね。

厄年は、「一生の中で特に災厄のおこりやすい年齢」のことです。

厄年に科学的な根拠はありません。

古くから日本にある民間信仰で、いつからあるのはわかっていませんが、少なくとも平安時代には厄年の考えがありました。

厄年とされる年齢は、環境的にも肉体的にも人生の転機となる年代となることから、ほかの年齢のときより気を引き締めて生活する意味で生まれたという説もあります。

なお、厄年の年齢・回数は男女で違いますよ

男性は、25・42・61歳の3回厄年があります。

女性の場合は、19・33・37・61歳の4回です。

厄年の種類について

各厄年のうち、もっとも災厄が起こりやすい厄年を「大厄(おおやく)」といいますよ。

男性は42歳のとき、女性は37歳のときの厄年が大厄です。

また、厄年の前後1年も注意が必要とされていて、厄年の前年を「前厄(まえやく)」、次の年を「後厄(あとやく)」と呼びます。

前厄・後厄に対して、厄年となる年を「本厄(ほんやく)」ともいいますよ。

さらに、本厄と前厄・後厄を合わせた3年間を厄年とする考え方もあります。

この場合、男性は一生のうち3年×3回の合計9年、女性は3年×4回の合計12年の厄年があることになりますね。

厄年は数え年が基本

厄年の年齢ですが、数え年で計算するのが基本ですよ。

数え年とは、生まれた年を1歳とし、以降は年が変わるタイミングで1歳加算していく数え方です。

これに対して、生まれた年を0歳とし、以降は誕生日を迎えるタイミングで1歳加算していく数え方を満年齢といいます。

ふだん使っている年齢は、満年齢ですね。

▼筆者の年齢を例に、数え年と満年齢の数え方を比較してみました。

数え年・満年齢の数え方の比較【令和対応版】

なお、満年齢を数え年に変換する簡単な方法は、以下の通りです。

誕生日がまだきていない場合満年齢にプラス2歳
誕生日が過ぎている場合満年齢にプラス1歳

もともと日本では数え年で年齢を計算していました。

厄年は昔からの風習であるので、年齢も昔からある数え年で考えますよ。

七五三や還暦など、現在は満年齢で計算されることが定着した祝い事・風習もありますが、厄年は数え年が一般的です。

ただし、一部の地域や社寺によっては、厄年を満年齢で計算するところもあります。

また、旧暦で誕生年を計算する地域もあるんですよ。

旧暦で誕生年を計算すると、数え年や満年齢と年齢がずれる場合もありますよ。

地域や社寺によってさまざまな慣習がありますので、事前に確認してくださいね。

なお、神社や仏閣などをはじめ、厄年に関係するものは誕生年を和暦(元号表記)を使用するのが一般的です。

西暦と和暦を換算がわからない場合は、事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

厄年の過ごし方

健康に気をつけて慎重に暮らす

厄年とされる年齢は肉体的におとろえたり、公私で重要なポストを任されたりするなど、人生の転機となる時期です。

そのため、ほかの年齢のときより気を引き締めて生活するために厄年が生まれたともいわれています。

ですから厄年の年齢のときは、より健康面や生活面で気をつけて暮らしましょう。

たとえば、生活上で気をつける点として以下のものがあります。

  • 栄養バランスに気をつけた食事をする
  • 規則正しい生活をする
  • 人間ドックなどの検診を受ける
  • 派手な遊びや浪費をしない
  • 転職・起業・結婚・離婚などの環境を大きく変える行動を慎重にする
  • 家族・親族や友人と楽しく過ごす
  • 不倫や人間関係のトラブルをおこさないようにする

どれもふだんから気をつけていることかもしれませんね。

厄年のときには、よりいっそう意識をして生活してみてくださいね。

厄年を気にしすぎない

厄年は、ふだんより健康面や生活面に注意しようと紹介しました。

しかし、厄年を気にしすぎるのもよくありません。

厄年を意識しすぎて重大な判断ができなかったり、チャンスを逃したりしては本末転倒ですね。

厄年は「はめを外しすぎないようにするための戒め」と考えて、深く気にしないのも手です。

また、厄年に悪いことが発生してしまっても、厄年のせいにしないようにしましょう。

「人生は良いこともあれば悪いこともあり、たまたま厄年の時期に悪いことが発生しただけなのだ」と考えるのがいいですよ。

厄払いに行く

厄年を気にしすぎないようにと紹介しましたが、どうしても意識してしまうこともあると思います。

そんなときには、神社や寺に厄払いに行ってみましょう。
それで気持ちがすっきりするなら有用ですね。

厄払いの時期に決まりはない

厄払いに行く時期は、決まりはありません。
しかし、1月から2月上旬に行く人が多いです。

早めに厄払いをして、快適な気分で1年を過ごしたいためですよ。

2月3日の節分や2月4日の立春は、旧暦の正月にあたるのも、1月から2月上旬に厄払いが多い理由です。

ほかにも誕生日に厄払いをする人もいます。

厄払いは神社と寺のどちらに行ってもいい

厄払いに行くのに、神社と寺のどちらに行こうか迷いますね。

じつは厄払いは神社・寺どっちに行ってもいいんですよ。

小規模の神社や寺でなければ、どの神社・寺でも厄払いをおこなってもらえます。

事前に神社や寺で、厄払いをしているかを確認してみてくださいね。

全国各地に厄払いで有名な社寺や、厄払いを積極的におこなっている社寺もありますので、こういった社寺で厄払いをしてもらうのもよいでしょう。

また、地域の氏神となる神社や、自宅が檀家となっている寺(檀那寺)で厄払いをする方法もありますよ。

厄払いの仕方ですが、神社でも寺でも祈祷(きとう)をおこなって厄払いをします。

▼神社の祈祷は「お祓い」になりますよ。

神社での厄払いの玉串
神社の祈祷で納める玉串

いっぽう、寺の祈祷は「護摩(ごま)」という祈祷です。

厄払いをするには、神社の場合は社務所(しゃむしょ)、寺の場合は寺務所(じむしょ)または庫裏(くり)という建物を訪ねましょう。

厄払いのときに準備するもの

神社や寺に厄払いに行くときに必要なものを紹介しますね。

神社に厄払いに行くときは「初穂料(はつほりょう)」または「祈祷料(きとうりょう)」「玉串料(たまぐしりょう)」が必要です。

寺に厄払いに行くときには「御布施(おふせ)」または「納経料(のうきょうりょう)」が必要ですよ。

どちらも社寺に納めるお金です。
多くの場合は、金額に決まりはありません。

また、金額の大小によって、祈祷の効果に差が出ることもありませんよ。
自分の気持ち次第で大丈夫です。

なお、神社や寺によっては初穂料・御布施などを定めているところもあります。

初穂料・御布施が複数の段階に分かれている場合もありますが、祈祷の効果の差ではなく、授与品などの差ですよ。

何を準備すればいいのか気になるのであれば、事前に社寺に確認しておきましょう。

初穂料・御布施以外に用意するものはありませんが、服装はラフすぎたり派手すぎたりしないように気をつけてくださいね。

さいごに

厄年となる時期は、人生の大切な時期になります。

あくまで、ふだんよりいろんなことに気をつけて暮らすための注意喚起です。

厄払いも、厄年の嫌な気持ちを払拭するためのもの。

厄年を必要以上に気にしたりせず、今後の人生をよくするために生活を見直す期間としましょうね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る