長良川花火大会2019年の日程・時間は?会場や穴場スポット・花火が見えるホテルを紹介

スポンサーリンク

岐阜県岐阜市の長良川河畔では、「長良川の花火」として知られる花火大会が毎年開催されます。

東海地区でも最大規模の花火大会のため、県外から多くの人が観覧に訪れますね。

このページでは、長良川の花火「全国選抜長良川中日花火大会・長良川全国花火大会」について、2019年の開催日程や時間、穴場スポットなどを紹介していきます。(更新:2019年8月)

「長良川花火大会」日程・時間は?会場・穴場・ホテルを紹介

長良川の花火大会の基本情報(2019年)

地元では長良川の花火というと、長良川河畔で毎年行われている2つの花火大会を合わせて呼びます。

  • 全国選抜長良川中日花火大会
  • 長良川全国花火大会

いずれも、岐阜県岐阜市の長良川河畔が打ち上げ場所です。

それぞれの花火大会について日程や時間を見ていきましょう。

全国選抜長良川中日花火大会は、例年7月の最終土曜日に開催されます。

2019年の開催日は7月27日(土)でしたが、台風接近により8月17日(土)に延期となりました。(2019年7月追記)

▼2019年の日程・時間はこちらです。

  • 日程:8月17日(土) ※7月27日(土)より順延
  • 時間:正午~20時35分(夜花火の開始:19時20分)

つづいて長良川全国花火大会は、例年8月の第一土曜日に開催されます。

▼2019年の日程・時間はこちらです。

  • 日程:8月3日(土)
  • 時間:19時30分~20時40分

なお雨天の場合は決行ですが、荒天気・河川増水の場合は8月31日(土)に延期開催となります。

長良川の花火大会の様子(2019年)

まずは全国選抜長良川中日花火大会です。
8月17日(土)に順延となりましたが、多くの人出で賑わいましたよ。

▼つづいて長良川全国花火大会の様子です。

花火大会の場所・最寄駅・アクセス方法

全国選抜長良川中日花火大会・長良川全国花火大会の打ち上げ会場は、いずれも岐阜県岐阜市の長良川河畔 長良橋~金華橋間です。

▼最寄駅・アクセス方法はこちら。

  • 名鉄岐阜駅またはJR岐阜駅 → 路線バス → 鵜飼屋バス停
  • 名鉄岐阜駅またはJR岐阜駅 → 臨時バス → 花火会場付近の臨時バス停

臨時バスの料金は、片道おとな210円・こども110円で16:00頃から運行予定です。

なお花火大会当日は、会場は大変混雑するため、手荷物は駅のコインロッカーを利用すると便利ですよ。

長良川花火が見える4つのホテル・旅館

花火会場に近い長良川河畔には、温泉や料理など特徴あるサービスを提供しているホテルや旅館があります。

花火大会を施設内から見ることができるホテルや旅館もありますので確認していきましょう。

ホテルの予約は、比較サイトのトリバゴからすると安いところが見つかりますよ。

ポイントを貯めていて、それを使いたいのであれば、楽天トラベルじゃらんもおすすめです。

長良川温泉 十八楼

1つ目は、創業150年をこえる老舗旅館「長良川温泉 十八楼(じゅうはちろ)」です。

美味しい料理と長良川温泉の赤いお湯を風情のある大浴場が特徴で、夏には長良川の鵜飼がセットになった屋形船プランが登場します。

長良川温泉 十八楼の部屋や大浴場での花火を見ることはできませんが、宿泊者のみ屋上の花火観覧席を利用することができます。

岐阜都ホテル

2つ目は、長良川に面した展望の良さが魅力の「岐阜都ホテル」です。

長良川の花火大会を、部屋から観覧できる部屋もあり、花火が見える部屋で宿泊できるプランも登場するので早めに予約をするとよさそうです。

また岐阜城のライトアップを眺めることもできるので、お部屋でゆったりした滞在ができますね。

長良川観光ホテル 石金

3つ目は、長良川北側にある料理旅館「長良川観光ホテル 石金」です。

岐阜城や金華山、長良川を一望できる施設と、さまざまな宴会プランが用意されているのが特徴です。

屋上のビアガーデンでは、食事をしながら花火を見ることができます。

ビアガーデンだけの利用もできるのがうれしいですね。

鵜匠の家 すぎ山

4つ目の「鵜匠の家 すぎ山」は、天然鮎を用いた鮎料理、展望露天風呂が魅力の旅館です。

宿泊者は、屋上でお料理を楽しみながら花火を見ることができます。

長良川の花火大会2つの穴場スポット

全国選抜長良川中日花火大会・長良川全国花火大会の会場は、例年大変混雑するため、穴場スポットを事前にチェックしておくと便利ですよ。

穴場1:金華山の山頂

まずは、岐阜市にある金華山です。

岐阜城やリス園などがある金華山の山頂から眺める花火は、夜景とのコラボが絶景です。

山頂までは金華山ロープウェイで行きます。

▼のりばまでのアクセス方法はこちら。

  • JR岐阜駅、名鉄岐阜駅 → バス → 岐阜公園・歴史博物館前バス停

バス停からは徒歩3分ほどで、金華山ロープウェイ乗り場に到着します。

金華山ロープウェイの往復料金は、おとな1,100円、こども550円です。

なお山頂に自動車で行くことはできません。

穴場2:岐阜メモリアルセンター

二つ目は長良川北側にある、岐阜メモリアルセンターです。

花火大会の日は、長良球場内野席とサンサンデッキ、芝生広場が無料開放されます。

場所取りは早めに行って、ひろびろとした公園ですごしながら花火大会のスタートを待ってみてはいかがでしょうか。

浴衣を着ていくならレンタルしてみよう

せっかくの花火大会、どうせなら浴衣を着てみたいのではないでしょうか。
でも、浴衣をわざわざ買うのは大変ですよね。

そんなときは、浴衣をレンタルして花火大会を楽しみましょう!
きものレンタルwargoなどの宅配レンタルで浴衣を借りることができます。

浴衣を着たらヘアセットもしておきたいですね。
行きつけの美容院がなければ、ホットペッパービューティーなどで探してみましょう。

肌が気になるなら脱毛して備えよう

花火大会がある夏は、どうしても肌の露出が多くなってしまいます。
そのときにムダ毛が見られてしまうのが気になるのではないでしょうか。

もし、デートで花火大会に行くとなると、その後のことも気になりますし、自分自身の肌の状態もよくしておきたいですよね。

そんなときのために、脱毛サロンなどに通って、脱毛を始めてみるのもいいですよ。

キャンペーンで安いのならミュゼ、なるべく痛くないのを選びたいならSHR脱毛のストラッシュラココを選んでみましょう。

さいごに

全国選抜長良川中日花火大会・長良川全国花火大会いずれも、打ち上げ花火数が約3万発となっていて、大規模な花火大会です。

そんな大規模な花火大会を2週連続で楽しめるのは見ごたえがありますね。

長良川の花火大会の日程に合わせて、岐阜市内の観光も楽しんでみてはどうでしょうか。

おまけ:無料の臨時駐車場があります

花火大会当日は、無料の臨時駐車場が用意され、会場までのシャトルバスも運行します。

▼無料の臨時駐車場はこちら。

  • 北岸一日市場・臨時駐車場(岐阜市西中島)
  • 岐阜県庁・臨時駐車場(岐阜市薮田南2)

なお花火大会当日は、会場を中心に午後から大幅な交通規制が敷かれます。

そのため道路が大変混雑しますので、可能な限り公共交通機関を利用したいですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

愛知県在住のWEBライター・ラジオパーソナリティ。講師業も時々しています。財布の紐が緩めの節約初心者。貯めたポイントで行く家族旅行や買い物に、とても幸せを感じるタイプです。執筆では、分かりやすさを大切にしています。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!