確定申告をスマホやタブレットから済ませる準備のやり方を解説。ID・パスワード方式を税務署で申込む手順と所用時間も紹介

スポンサーリンク

毎年2月16日から3月15日の間に行う必要がある確定申告
税務署や特設会場へ出向いて、必要なデータの入力や書類の印刷、そして提出をするのは結構な手間です。

自宅のパソコンからの入力もできますが、結局のところ出向いて提出するか、郵送の必要があります。

そこで便利なのは、自宅にいながらにしてデータの入力から申告までできてしまうe-Tax方式。
しかしながらe-Tax方式であっても、個人番号カード(マイナンバーカード)が必要であったり、専用のICカードリーダライタが必要なんです。

なんだかんだといって、すべての提出方式において「めんどうだなぁ」と思ってしまいますよね…。

でも、安心してください!
2019年(平成31年)の確定申告から、なんとスマートフォン(スマホ)やタブレットから確定申告ができるようになるんです。

ただ、それには準備が必要で、最初はどうやっていいのかわからなくて不安に思いますよね。

このページでは、スマホで確定申告をするための準備について、制度や違いなどを紹介しています。

確定申告をスマホやタブレットから済ませる準備のやり方

確定申告におけるe-Taxの種類

【確定申告:ID・パスワード方式】マイナンバー方式とID・パスワード方式の違い
引用元:e-Tax利用の簡便化の概要について

まずは、確定申告で利用できるe-Taxの種類について、紹介します。
一体どんな方法があるのか気になりますよね。

▼e-Taxは以下の2種類です。

  • マイナンバーカード方式
  • ID・パスワード方式

スマホやタブレットから確定申告ができる方法は、ID・パスワード方式

▼ぞれぞれの特徴は以下のとおり。

マイナンバー方式・マイナンバーカードおよびICカードリーダライタを利用する
・ICカードリーダライタの代わりに、マイナンバーカード対応のスマートフォンも利用できる
ID・パスワード方式・税務署で発行されたID・パスワード方式の届出完了通知を利用する
・マイナンバーカードおよびICカードリーダライタは不要

なんといっても特徴は、今までe-Taxを利用する際に必要だった、専用のICカードリーダライタが不要なことです。
IDとパスワードを発行してしまえば、スマホやタブレットから簡単に確定申告が行えます。

確定申告のID・パスワード方式とは?

スマホやタブレットからの確定申告が、ID・パスワード方式だとわかったあとは、そもそもどういった方式なのか気になるところ。

ID・パスワード方式とは、税務署などで職員と対面による本人確認を行った後に発行する、IDとパスワードを利用したe-Taxを行う方式です。

税務署で手続きしたあとに、「ID・パスワード方式の届出完了通知」がもらえますよ。

ID・パスワード方式専用のページがあるわけではなく、従来の「確定申告等作成コーナー」を利用しましょう。

ID・パスワード方式を利用するための手順

【確定申告いつからいつまで】税務署

ID・パスワード方式を利用したいと思った場合には、あらかじめ税務署で手続きをしておく必要があります。
その場合、どんな手順で進んでいくのか気になりますよね。

▼僕が体験した手順は以下のとおりです。

  1. 近くの税務署まで出向く
  2. 受付窓口で「ID・パスワード方式」の手続きに来たことを伝える
  3. ID・パスワード方式の手続きをするデスクに案内される
  4. 税務署職員に本人確認書類(運転免許証など)を見せる
  5. 税務署職員立ち合いのもと、ID・パスワード方式手続き専用のノートパソコンに、必要事項を入力する
  6. すべての入力が終わったあと、税務署職員に内容確認してもらう
  7. 「ID・パスワード方式の届出完了通知」を印刷してもらう
  8. 「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取る

手続きの手順自体は、とてもシンプルな流れですよ。
入力内容に困った場合は、税務署職員に聞くとていねいに教えてくれます。

ID・パスワード方式の申し込みで入力した項目

ID・パスワード方式の申し込みをするときは、税務署職員が付きっ切りだったため、画面の撮影ができませんでした。
ただ、入力した項目は覚えています!

▼入力した項目は以下のとおりです。

  • フリガナ
  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅住所の郵便番号
  • 自宅住所の番地
  • マンション・アパート名
  • 職業
  • 屋号
  • パスワード

たったこれだけで大丈夫です。
郵便番号を入力すると、番地の前まで自動で住所が反映されるので、手間がかかりませんでしたよ。

すべてが1画面ではなく、合計で3画面の構成でした。
次の画面に進むときは、税務署職員がノートパソコンにつながっているマウスを操作します。

質問にも、キチンとこたえてくれますよ。
たとえば、以下のような質問したとしましょう。

職業の欄はどう入力すればいいですか?職種ですか?

すると、親切に教えてくれましたよ。

自営業のかたですと、小売業だとか製造業など、わかりやすいものでいいですよ

僕は『文筆業(ライター)』としました。
特に、開業届けのときに記入したものと一致する必要はありません。

あとは入力した情報と、本人確認書類に載っている情報を確認してもらいます。

手続きにかかった所要時間

簡単そうに思えるID・パスワード方式の手続きですが、どのくらい所要時間がかかったのか気になりますよね。

▼僕の場合ですが、かかった時間は以下のとおりです。

時間出来事
午前9時3分税務署到着
午前9時4分ID・パスワード方式の申込に来たことを伝える
午前9時5分税務署職員と一緒に専用ノートパソコンを使って、申込フォームに入力
午前9時15分申込完了

とても簡単な申込フォームのため、所要時間は約10分でした。
また、朝早くから税務署に行ったことや、混雑時ではなかったことで早く手続きできたのかな、と思います。

パソコンのタイピングに慣れている場合も、より早く手続きを終わらせることができますね。

ID・パスワード方式の届出完了通知ってどんなもの?

手続きが完了すると、ID・パスワード方式の届出完了通知を印刷してもらい、手渡されます。
どんなものなのか気になるところ。

▼実物はこちら!

【確定申告:ID・パスワード方式】ID・パスワード方式の届出完了通知

特別感があるものではなく、普通のA4用紙です…。
でもとても大切なものなので、厳重に保管しましょう。

スポンサーリンク

ID・パスワード方式のメリットとデメリット

ID・パスワード方式で確定申告を行うとした場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
利用しようと考えたときには、とても気になりますよね。

▼メリットは以下のとおりです。

  • スマホやタブレットで手軽に確定申告ができる
  • パソコンがなくてもe-Tax申告ができる
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)がなくてもe-Tax申告ができる
  • e-Taxで送信すれば、源泉徴収票など書面で提出が必要な添付書類も提出不要。(自宅で保管する必要あり)

▼デメリットは以下のとおり。

  • ID・パスワード方式を利用するために、最初に税務署まで出向かなければならない
  • スマホは画面が小さいので見づらい
  • スマホのOSやブラウザのバージョンが古いと利用できない
  • マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまで、3年間の暫定措置

スマホのOSやブラウザは普段から更新を心掛けているのであれば、問題がありません。

スマホ等の推奨利用環境

スマホで確定申告ができるといっても、古いタイプのスマホやOSでは利用ができません。
ID・パスワード方式を利用しようと思った場合、スマホ等の環境も確認しておく必要がありますよ。

▼国税庁が発信しているスマートフォン等の利用環境は、以下の推奨環境を満たす必要があります。

iOS(iPhone)
OS10.3
11.4
12.0
ブラウザSafari 10.0
Safari 11.0
Safari 12.0
PDF閲覧Safari PDF Viewer
Android
OS6.0
7.0
7.1
8.0
8.1
ブラウザGoogle Chrome 70
PDF閲覧Adobe Acrobat Reader DC

さいごに

確定申告の作業がラクになるのであれば、スマホからやってみたいですよね。
僕も今から手続きするのが、少しだけ楽しみです。

ID・パスワード方式は、申請するときに税務署へ行くのが手間ですが、たったそれだけで後の作業が効率よく進むのであれば、時間の節約にもつながりますよね。

▼ノマド的節約術では、通常の確定申告の流れについても紹介しているページがありますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る