トイレを流す時にお風呂の水を使うと水道代節約になる件。オール電化のトイレだと停電時に活躍!

松本 博樹の画像

2014年8月10日、台風11号が私の住んでいる兵庫県を通過していきました。それはそれはものすごい雨風でした。

台風の影響で、私の家が停電するという事件もありました。私の家はオール電化なので、かなり困りました。停電になって何が一番困るってトイレなんですよね。

トイレまでボタンを押して流れる仕組みになっていたので、ボタンではどうしようもない。さて困った。

トイレに水を流せば解決

この時初めて知ったのですが、トイレはトイレの仕組みを使わずとも水を流せば、普通に流れていくことです。妻がそのことを祖母から聞いていたことで、私の一番の不安は取り除かれました。

妻の話によると、妻の祖母は超がつくほど節約家で、トイレを流す時はお風呂の水を使っていたそうです。これは水道代を徹底的に節約したい方であれば、使える節約テクニックです。

停電中の私の家もこの方法でトイレの難を逃れました。何度かお風呂の水を流せば、全部流れていきますので、安心です。

トイレ

節約よりも非常時の知恵として知って欲しい

今回の停電をきっかけに得た教訓は、トイレに余ってる水を流すことで難を逃れることです。これは節約よりも非常時のテクニックとして知っておくべきことだと思いました。

節約という視点で捉えても大して節約にはなりません。私の家は普通に生活してても水道料金が基本料金内か、プラス5立方メートルの範囲内に収まるので、この方法をするだけ時間のムダになります。

実践するのはともかく、頭の片隅にでもこの方法を置いておくと、いざという時に役立ちます。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール