ハワイ旅行の食費を格安に!滞在中に試したい安くて美味しい”部屋食”5選

スポンサーリンク

こんにちは!
ハワイ旅行を満喫してきた小林敏徳です。

ハワイに行ったときの最重要課題!
それが「食事と食費」だと思います。

毎回外食だと出費がかさみますし、お腹も疲れますからね。

そこでおすすめなのが、定期的に「部屋食」を取り入れることです。
テイクアウトなら食べる量を調整でき、コスト的にもリーズナブルですよ。

このページでは、ハワイ旅行のときに取り入れたい部屋食について紹介していきますね。

ハワイ・ワイキキエリアの飲食代(物価)は超高い

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキにあるアロハテーブルの盛り合わせ)

ハワイ・ワイキキ周辺は、飲食代がめっちゃ高いって知ってましたか?

現地で最もお金がかかるのは、渡航費と宿泊費を除けば、おそらく食費になるでしょう。

ガイドさんに聞いたワイキキエリアの飲食代の目安は、以下のとおりです。

  • 朝食:1人1,500円
  • 昼食:1人2,000円
  • 夕食:1人3,000円
  • サービス料(チップ):別途飲食代の15%〜20%

もちろんどのお店に行くか、何を食べるか、お酒を飲むかによって料金は左右されますが、この金額がひとつの目安になるでしょう。

そうなんです。
めっちゃお金がかかるんです!

ただでさえ飲食代が高いのに、そこにサービス料(チップ)もかかりますからね。

お財布にも胃袋にもやさしいのが「部屋食」

というわけで、ハワイで毎度毎度外食していると、出費がとんでもないことになりますよ。

胃袋も疲れてきて、胃もたれが・・・肌荒れが・・・なんてことにもなりかねません。

そこでおすすめなのが「部屋食」です。
テイクアウトなら食べる量を調整できますし、コストも抑えられます!

スポンサーリンク

ハワイ旅行の合間に取り入れたい部屋食の実例まとめ

さて、ここからはハワイ旅行の合間に取り入れたい部屋食の実例を紹介します。

朝食、昼食、間食、夕食、デザートに分けて紹介していきますね。

朝食のおすすめはスーパーマーケットの「おにぎり」

朝食を買うなら、できるだけスーパーマーケットに行きましょう。

ワイキキのあちこちにある「ABC STORE」はたしかに便利ですが、結局のところはコンビニなので、値段が高いですからね。

できるだけスーパーに足を運んだほうが安上がりですよ。

▼たとえばアラモアナ・ショッピングセンターの中に、「フードランド ファームズ(Foodland farms)」というお店があります。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(スーパーマーケットのフードランド)

▼こちらには野菜やフルーツ、お惣菜からお弁当まで、なんでもありますよ。
(*このカリフォルニアロールは、7ドルくらいでした。)

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(スーパーマーケットで買ったカリフォルニアロール)

お買い物ついでに寄ってみてください。

▼また、ワイキキエリアには、こんな感じのおにぎり屋さんが沢山あります。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキエリアにあるおにぎり屋さん)

▼おにぎりは、2ドル〜5ドルくらいです。
日本の相場からすれば十分高いのですが、ワイキキで考えれば安いですね。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキエリアにあるおにぎり屋さんのおにぎり)

▼お弁当も5ドル〜7ドルくらいで売っています。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキエリアにあるおにぎり屋さんのお弁当)

日本人が経営しているお店もあり、とても美味しいですよ!

昼食のおすすめはフードコートの「ランチプレート」

昼食のおすすめは、フードコートのテイクアウトです。

フードコートはやっぱり手軽ですし、コスパもいいですからね。

先日は「パンダエキスプレス」という中華料理のお店に行きました。
(*個人的にめっちゃ好きで、滞在中に最低2回は食べます。)

▼こちらのランチプレートは、好きなものを3つ選べて7ドルくらい。
すごいボリュームなので、2人でいただきました。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(フードコートにあるパンダエキスプレスのランチプレート)

こんなのを2つ3つ買っていって部屋で食べれば、1人あたりの食費はグッと安くなりますよ。

ちなみにぼくがよく利用するフードコートは、ロイヤルハワイアンセンターにある「パイナ・ラナイ」です。

間食のおすすめは名物の「揚げパン」

「あぁ・・・小腹が空いたなぁ・・・」
そう思ってワイキキのレストランやカフェを調べると、高くてげんなりするでしょう。

そのへんでパンやおにぎりを買うのもいいですが、せっかくなら名物を食べたいですよね。

▼そこでおすすめなのが、この「レナーズベーカリー(Leonard’s Bakery)」です。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(マラサダが人気のレナーズ)

▼ここの人気商品は、このマサラダ。
日本でいうところの「揚げパン」が名物なんです。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(レナーズのマラサダ)

値段的にも1個あたり1.25ドルと、とてもリーズナブルです。

好き嫌いの少ない味ですし、いろんなテイストもあるので、観光がてら買いに行くといいでしょう。

ただし、いつ行っても混んでいますよ!

夕食のおすすめはテイクアウトの「ステーキ」

夕食のおすすめは、なんと言ってもお肉!
「レストランじゃなきゃ美味しいステーキは食べられない」と思っていませんか?

安くていいお店がちゃんとあるんです。

▼たとえばワイキキビーチ沿いにある、「ステーキ・シャック(The Steak Shack)」はいいですよ。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキビーチ沿いにあるステーキシャック)

▼約400gのステーキにサラダとライスがついて、なんと18ドルです。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキビーチ沿いにあるステーキシャックのステーキプレート)

お肉が柔らかくて美味しかったですよ!
ほったて小屋(失礼!)のようなお店に行列ができている理由がよくわかりました。

店員さんが「オリジナルソースをたっぷりかけてね!」とのことだったので、そのとおりにしましたが、もう最高でした。

次回も絶対に行きます。

▼こちらの「ハイステーキ(HI Steaks)」も美味しかったですよ。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(スーパーマーケットの中にあるハイステーキ)

▼こちらのオリジナルステーキコンボは、15ドルくらい。
ご多分に漏れずすごいボリュームだったため、2人でいただきました。

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(スーパーマーケットの中にあるハイステーキのオリジナルステーキコンボ)

噂には聞いていましたが、たしかに美味しかったです。

ハワイ名物のガーリックシュリンプやハンバーガーなんかもありますよ。

デザートのおすすめは大人気の「ソルベ」

さて、最後はデザートです。
濃ゆいものをたくさん食べると、甘いスイーツが食べたくなりますよね。

▼そんなときにおすすめなのが、「ヘンリーズプレイス(高橋果実店)」です。
こちらも超人気店なんですよ、ちょっと怪しい雰囲気ですが。笑

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキビーチの近くにあるヘンリーズプレイス)

▼人気商品は、このソルベです。
ストロベリー、マンゴー、コーヒーを買いましたが、どれも美味しくて、量もめっちゃ多かったです。(*写真はストロベリーです。)

ハワイ旅行のときにおすすめの部屋食(ワイキキビーチの近くにあるヘンリーズプレイスのソルベ)

人工甘味料を駆使したようなものではなく、とても自然なお味がしました。

1個あたり5,25ドルと決して安くはないのですが、レストランでデザートを注文するよりは断然安いですね。

滞在中にぜひ一度寄ってみてください!

さいごに

ハワイの難点は、物価が高いことです。

毎回外食していると、1ヶ月分の食費が飛んでいくでしょう。

お財布のためにも、胃袋のためにも、定期的に「部屋食」を取り入れてくださいね。

部屋食のお店を選ぶのも楽しいですよ!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る