【トラベルポーチの使い方】旅行前のパッキング時間を短縮する収納方法を紹介

スポンサーリンク

こんにちは、トラベルライターのich(いち)です。

私は地方を転々と旅しているため、いつもキャリーバックとリュックサックに1ヶ月全ての荷物を入れて移動しています。

いつものパッキング(荷物の準備)だと、通常2時間ほどかかってしまうのが悩みだったのですが、トラベルポーチを手に入れることでその悩みが緩和されました…!

どれぐらい荷物の準備がラクになったのか、このページで画像も交えつつ紹介していきますね。

Amazonで売ってたトラベルポーチが便利!

ちなみにトラベルポーチとは、旅行やお泊まりの際に使える収納袋のことです。
入れるものに合わせてサイズも変えられるので、パッキング際にはとても役立つんですよね。

荷物の準備を少しでもラクにしたいと思って、Amazonを探していたら「DOKEHOM DKA3002G 8/9 点セット」という商品に惹かれたので購入してみました。

▼選んだ理由は、見た目のかわいらしさと小分けしやすいセット内容です。

トラベルポーチの画像

ちなみに、購入したトラベルポーチは以下のものが入っていました。

  • 衣類収納袋3枚
  • ポーチ3枚
  • 靴バッグ1つ
  • 下着ケース1つ

これで2,000円以内で買えたので、個人的にはお得だと思いましたよ!

▼トラベルポーチに入っているそれぞれのセット内容はこんな感じでした。
細かく分けることができそうで、パッキングするのが楽しみになってきました!

トラベルポーチセット内容

トラベルポーチを使ってパッキングする方法

まずはどうしても量の多くなりがちな洋服から、パッキングしていきます。

衣類収納ケースの使い方

衣類収納ケースは、S・M・Lサイズがセットになっていて、入れる洋服に合わせて使い分けられますよ。

トラベルポーチ(衣類用)

目安はだいたいLサイズで厚手のニット類が4枚〜5枚。
Mサイズで薄手のニット類が6枚、Sサイズで4枚ほど収納できる大きさです。

マチが広いので、洋服を丸めるのではなく、テトリスのように上に積み上げてたたむ方が入りやすく感じました。

小物類をトラベルポーチに入れる

続いて、化粧品やお風呂グッズなどの小物類はこちらのポーチ類へ全て詰め込むことに。

こちらもS・M・Lサイズがそれぞれセットで付いてくるので、用途ごとに収納ができます。

トラベルポーチ(小物用)

靴入れには、少しゴツめのブーツなどもしっかり収納することができました。

薄手のサンダルなどであれば2足ほど入れることも可能です。

下着ケースにショーツ・ブラジャーを収納できる

▼また、感動したのがこちらの下着ケースです。

トラベルポーチ(下着用)

ショーツが全部で4枚入れられる収納ポケット内蔵で、それぞれ丸めて収納することができます。

型崩れしやすいブラジャーも、重ねて5枚入れても押しつぶされることがありませんでした。

これなら、一週間以上の長期旅行でも十分な枚数の下着を持っていくことができるので、海外旅行するときにも使えそう!

過去のパッキングとの比較

パッキングが終わったので、トラベルケースを実際にキャリーバックの中に収納してみることに!

すると、一目瞭然!
ぐちゃぐちゃだったキャリーの中が、スッキリ綺麗にまとまりました。

▼過去のパッキングと比較してみたのがこちら。

キャリーバックにトラベルポーチを入れた画像

これなら、万が一キャリーの中を見られてしまっても、恥ずかしくありませんよね。

さいごに:実際にトラベルポーチを使って収納した感想

トラベルポーチに収納しただけなのに、キャリーの中がこんなにもスッキリするなんて驚きました。

また、今までは2時間以上かかっていたパッキングの時間も、トラベルポーチがあれば1時間弱で終了…。

畳み方や入れ方を気にすることなく、収納ポーチにどんどん詰め込むだけなので手間もかからず、とってもラクでしたよ。

また、頻繁に旅行やお泊まりに行くのであれば、事前に旅行用グッズをポーチに入れておくと、そのまますぐ外出できて便利だなと感じました。

パッキングに便利なトラベルポーチ、気になったら活用してみてはいかがでしょうか?

参考:今回購入したトラベルポーチの商品ページはこちら

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

ich(いち)

鳥取県出身(25)【地方を旅するWEBライター】として様々なWEBメディアで執筆・特定の家を持たずキャリーひとつで地方を渡り歩く生活を送っている。恋愛・旅・女性の健康に関する記事や自由なライフスタイルについて綴った記事が得意。

執筆メンバの一覧を見る