REX CARD(レックスカード)からSuicaチャージでポイントは貯まるか?

スポンサーリンク

私が愛用しているクレジットカードの1つ「REX CARD(レックスカード)」。この前にSuicaを使いたいと思って、Suica専用のカード(ビックカメラSuicaカード)を申し込みました。

そういえば、知り合いがレックスカードでSuicaを使ってるという話を聞き、ポイントが貯まってお得に使えるのか調べてみました。

モバイルSuicaでチャージできる

結論から言うと、レックスカードはモバイルSuicaへチャージできます。しかも、ポイントが付与されます。1.75%の高還元率なので、チャージされればされるほど、お得になります。

1,000円チャージで17.5円、2,000円チャージで35円も節約できる計算です。

モバイルSuicaを使うと、手持ちの携帯をタッチするだけで改札が通れるし、自動でチャージされるので、乗り越し精算機に向かう必要もありません。時間も節約になります。

モバイルSuica

ただし、年会費が必要

めちゃくちゃお得なように思えますが、モバイルSuicaを使うために年会費が必要になります。無料なら良かったんですけどね・・・。

モバイルSuicaの年会費は1,030円です。いくらレックスカードの還元率が1.75%もあるとはいえ、1,030円も年会費が掛かってしまうと、あまり得した気分にはならないですよね。

でも、私の知り合いはこれを理解した上でモバイルSuicaを使っていました。カードを別々にするのが面倒に思う方もいますからね。

ちなみに、モバイルSuicaの年会費を無料にするためには、ビューカード系列のクレジットカードを持つ必要があります。

レックスカードの方がお得になるには年間いくらチャージすればいいのか?

レックスカードでモバイルSuicaを使い続けると仮定した場合、年間いくらをSuicaにチャージすれば元が取れるのか計算してみました。

ちなみに、ビューカード(ビュー・スイカ、ルミネカード、ビックカメラSuicaカード)はオートチャージすると、ポイント還元率が1.5%になります。レックスカードの1.75%に近い数字になります。

この0.25%の差で元を取ろうと思うと、計算式は以下の通りになります。

1,030 ÷ 0.25% = 412,000円

なんと年間で412,000円もSuicaにチャージしないと元がとれません!

お金の節約面だけを見た場合、レックスカードでモバイルSuicaを使うのはベストな選択肢ではないですね。徹底的に節約したいなら、1回でも使えばカード年会費無料になるビックカメラSuicaカードを使う方が節約になります。

時間とお金を天秤にかけてみる

お金のことだけを考えるなら、ビックカメラSuicaカードの方がいいですが、管理の面を考えると、1枚のカードで全部おさめたいと思います。

ビックカメラSuicaカードは、普段使いだと還元率が0.5%しかないので、お世辞にもお得なカードとはいえません。

お金の節約を第一に考えるなら、レックスカードとビックカメラSuicaカードの2枚持ちで、Suicaチャージ専用にビックカメラSuicaカードを使うのがいいです。

一元管理して手間を省きたいけど、それなりに節約したいなら、レックスカード1枚でモバイルSuicaと併用すると管理の手間も省けて、結構いい感じに節約できます。

どちらを選ぶかは、自分自身の性格と家の経済状況を見て判断すればいいと思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る