女子旅でも使える!国内旅行におすすめの持ち物チェックリストを16個厳選しました

スポンサーリンク

こんにちは、地方を旅するフリーライターのich(いち)です。

これから国内旅行することになったけど、旅行に慣れていないと何を持っていけばいいのかがわからないのではないでしょうか。

どんなものがあれば便利なのかも気になるところだと思います。

私はこれまで全47都道府県の様々な地方を渡り歩きながら仕事をしているのですが、その中でだんだんと「これさえあれば国内旅行は乗り切れる!」というアイテムが残っていくようになりました。

そこでこのページでは、地方を旅する私が国内旅行するときに必要な持ち物をまとめて紹介していきますね。

4泊ほどであればこのリュック一つに収まるほど、国内旅行の荷物は厳選しています

(写真:Kanki Matsuyama)

旅行はまず「どこに泊まるのか」で荷物を決めよう

国内旅行の持ち物を紹介する前に一つ注意しておきたいのが、同じ国内でも「宿泊先をどこにするのか」で持っていくものがいくつか変わるという点です。

例えば、超高級なホテルに泊まる場合は「ボディソープやシャンプー、ドライヤー」などの洗面アイテムは、備え付けのものがあるため持っていく必要はありません。

ただし、ゲストハウスやAirbnbを利用する場合、これらは備え付けられていないことがあるので、自分で用意する必要があります。

ということで、今回は「ホテルに泊まる」と仮定して、持ち物を紹介していきたいと思います。

【移動編】

アイマスク

アイマスクは、移動の際の日光の日差しなどをシャットダウンしてくれるので、移動の際には欠かせないアイテムです。

夜行バスなどでの夜間の移動中は、途中のパーキングなどに停車するときに一時的につく灯りで目覚めてしまうこともあるのですが、アイマスクがあれば大丈夫ですよ。

目覚めることなく、最後までぐっすり眠れます。

アイマスクは無印良品などで売っていますので、そちらがおすすめです。

綿天竺携帯用アイマスク/杢ネイビー・約8.5×21.5cm

ネックピロー

どこでも快適に眠れるためのネックピローですが、以前は荷物としてかさばるので持っていませんでした。

ですが、最近ではワンプッシュで折りたたみができるものもあります。
専用ポーチに入れて小さく持ち運びできるものもあるため、便利だと思って携帯していますよ。

移動の際は頭に挟んだり、腰に挟んだりして、移動の疲れを軽減させるのに重宝します。

2時間以上の移動のときには用意しておくのがおすすめです。

イヤホン

イヤホンは音楽を聞くこともでき、耳栓代わりにもなるので、いつも携帯しています。

おすすめは、コードが服などに引っかからないコードレスタイプです。

ただデメリットもあって、充電が切れてしまうと使えません。
このあとガジェット編でも紹介するコンセント型充電器「ANKER」と一緒に持ち歩けば充電の不安も解消できますよ。

スポンサーリンク

【服装編】

Tシャツ

暑い場所では一枚で、寒い場所ではインナー代わりに着込めるTシャツは、2〜3枚丸めて入れておくと重宝します。

羽織もの

温度調節の際に便利になる羽織もの。
どれだけ温かい地域に行く時でも、必ず一枚は持つようにしてます。

夜になるとぐっと冷え込んだり、冷房がききすぎた車内などでも使えるため、意外と重宝するアイテムですよ。

何にでも合うデニム生地の羽織ものか、薄手のパーカーが、くるくるまるめて持ち運びもできるのでおすすめです。

ダウン

ダウンはできるだけ軽いもの、コンパクトにたためるものを選んで、寒い地域に行く時には羽織として使っています。

ユニクロでいえば「ウルトラライトダウン」は、値段も手頃で使いやすいですね。

最近はひざかけ代わりとして使ったり、腰に巻いてアクセントにもしています。

【ガジェット編】

携帯充電器

携帯充電器は、1年ほど前から「ANKER」のものをずっと愛用しています。

コンセント付きなので、このバッテリーひとつでANKER本体の充電、携帯への充電、どちらもできるのがとても便利です。

参考:ANKERのモバイルバッテリーはこちらから

iPad

iPhoneよりも画面が大きい分、操作しやすいiPadはいつもカバンに忍ばせておきたいアイテムのひとつです。

私はAmazonプライム・ビデオに登録しているので、移動中に映画を数本見たり、Appleペンシルと持ち合わせて息抜きにイラストを描く際に使用しています。

Kindle

いつでもどこでも、スキマ時間で読書がしたいときにおすすめなのがKindleです。

先ほど紹介したAmazonプライムと合わせて利用すると、Kindleオーナーライブラリーが使えるようになり、毎月一冊は好きな本を借りて読めるようになるんです。

これってすごくお得ですよね!

また、Kindle Unlimitedに登録しておけば、小説・雑誌・漫画など、様々なジャンルの本が読み放題!

こちらも移動の際や、ちょっと疲れたホテルでの休憩の時などに利用しています。

ポケットWi-Fi

iPadやKindleを最大限利用するためにも、ポケットWi-Fiは欠かせません。

これさえあればどこでもギガ数を気にすることなく、YouTubeや映画、音楽や読書など、様々なコンテンツを楽しむことができます。

【その他(あると便利)】

免許証

普段車に乗らない人でも、免許証があるならば、旅行には持っていくことをおすすめしています。

交通のアクセスが悪いなどの、旅先での想定外の事態にも、免許証があればレンタカーを借りることもできますよね。

もちろん、身分証明書替わりとしても、一枚あると大変便利です。

ミニポシェット

大きな荷物を宿に預けて、さて観光・・・というタイミングで活躍するのが、ミニポシェット。

使わない時はたたんでキャリーやリュックの中に入れておけば、かさばらないですよ。

携帯や財布など利用頻度の高いものだけ入れて、移動の際も手元に持っておけば安心ですよね。

肩から下げられるようなショルダータイプにしておけば両手があくため、地図を持ったり、ショッピングで買いすぎた荷物を両手に収めたりするときにも便利です。

圧縮袋兼任ポーチ

最近お気に入りのアイテムがこちらの圧縮袋兼任のポーチです。

参考:

4泊ほどであればこのリュック一つに収まるほど、国内旅行の荷物は厳選しています
Gonexアレンジケース 防水 衣類収納 小物入れ 旅行バッグ 収納ポーチ インナーバッグ トラベルバッグ 圧縮でき 3点セット

本体自体も薄く、服を数着いれてもしっかり圧縮してくれるので助かっています。

私は、下着・トップス・ボトムスのように、同じ服でもアイテムごとに細かく分けて使っていますよ。

こうすることで、ぐちゃっと丸めて入れても取り出すときはジャンルごとにポーチを抜き取るだけで大丈夫です。

準備にかかる時間が圧倒的に減って、とても助かっています。

キャリーを開いても、見た目が綺麗なので周りの視線も気にならないのがうれしいですね。

わたしはこれを買ってから、100円ショップの圧縮袋は使わなくなりました。本当におすすめです。

水筒

旅先への移動中は喉が乾くので、水筒を持ち歩いています。

マイボトルをカフェで使うと値引きになりますし、買ったペットボトルを捨てるためのゴミ箱を探す手間がないので、意外と便利なんですよ。

使っているのは、タイガー魔法瓶から生まれた新しい形の水筒「&bottle(アンドボトル)」です。

タイガー魔法瓶の特徴である「保温性」はそのままに、ステンレス製でより軽くなっているので持ち運びも楽チン。

スタイリッシュなデザインも気に入っているポイントです。

アクセサリー入れ

アクセサリーってどうしても多くなりがちなのですが、私は常に「ピアス3つ、口紅、目薬のみ」を携帯して持ち運ぶようにしています。

これだけカバンの中に入れておけば、どこでも取り出せるので便利ですよ。

服装などが同じでもアクセサリーだけ変えることで気分も上がるので、私の中では必需アイテムです。

ストレートアイロン

旅の必需アイテムとなっているストレートアイロンはヘアビューロンを使っています。

もう4年近く愛用しているアイテムで、熱を入れなくとも髪の毛をさらさらにしてくれる効果があり、旅先のみならずお出かけの際は必ず持ち歩くアイテムです。

また、本体がとてもスリムなのでキャリーなどの隙間にすっぽりと収まります。

お値段はかなり高額ですが、長く愛用していることもあり、買ってよかったアイテムのひとつです。

国内旅行であれば、大体のものは現地のコンビニで買える

海外旅行と違い、国内の旅はほぼすべて、足りないものがあれば現地のコンビニで買うことができます。

なのでそこまで「用意周到に!」と思わず、厳選アイテムのみ用意して旅に出るようにしましょう。

これだけはしっかり用意しよう!というものだけ、事前リストをつくってネットで買うのがお得ですね。

国内旅行に持っていく持ち物リスト
チェック持ち物重要度
アイマスク☆☆☆
ネックピロー☆☆☆
イヤホン☆☆☆
Tシャツ☆☆
羽織もの☆☆☆
ダウン☆☆
携帯充電器☆☆☆
iPad☆☆
Kindle☆☆
ポケットWi-Fi☆☆☆
免許証☆☆
ミニポシェット☆☆☆
圧縮袋兼任ポーチ☆☆
水筒☆☆
アクセサリー入れ☆☆
アイロン☆☆

さいごに

どんな地方でも、国内であればこの厳選アイテムがあれば乗り切れます!

(写真:Kanki Matsuyama)

今回は47都道府県を旅する私がおすすめする国内旅行におすすめのアイテムを紹介していきました。

このアイテム一覧は私のおすすめですが、これをヒントに自分なりにアレンジして使っていただけたらうれしいです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

ich(いち)

鳥取県出身(25)【地方を旅するWEBライター】として様々なWEBメディアで執筆・特定の家を持たずキャリーひとつで地方を渡り歩く生活を送っている。恋愛・旅・女性の健康に関する記事や自由なライフスタイルについて綴った記事が得意。

執筆メンバの一覧を見る