ソーシャルレンディングとは?メリットとデメリットを投資経験者が解説

スポンサーリンク

こんにちは!
ソーシャルレンディングを利用して資産運用をしている野本です。

ソーシャルレンディングは簡単に始めることができて、安定した利回りを得ることができる投資方法として注目されています。

でも、どのようなサービスかわからなくて、投資になかなか踏み切れないのではないでしょうか。

私自身もソーシャルレンディングへの投資を迷っていました。

ですが、ソーシャルレンディングは投資に関する難しい知識もいりませんし、ほったらかしでお金が増えるので、今ではもっと早く始めるべきだったと後悔しています。

そこでこのページでは、ソーシャルレンディングの仕組みやメリット、デメリットを紹介していきますね。

ソーシャルレディングとは?メリットとデメリット

ソーシャルレンディングとは?

はじめに、ソーシャルレンディングの基本的な仕組みを紹介しますね。

簡単に言うと、ソーシャルレンディングはお金を借りたい企業と、お金を増やしたい投資家をマッチングさせるサービスになります。

もう少し詳しく説明していきますね。

企業が不動産や再生エネルギー事業などの新しい事業を行いたいときは、たくさんのお金が必要になります。

一般的に企業が新しい事業を行いたいときは、銀行などの金融機関からお金を借りることが多いです。

しかし、実績のないベンチャー企業(新しいサービスや製品を提供する企業)だと、お金を借りれなかったり、時間がかかりすぎてしまうことがありますよね。

ソーシャルレンディングの審査基準は会社の実績や創業年数よりも、投資家が事業内容に魅力を感じることが重要です。

ソーシャルレンディング事業所はインターネット上で各サイトを運営しているので、企業が行おうとしている事業内容を多くの人に広めることができます。

そして、投資家が事業内容に魅力を感じると、すぐにお金を集めることができるというのがソーシャルレンディングを利用する企業にとっての大きなメリットですね。

投資家が利益を得るには?

つぎに投資家がどのように利益を得るのか説明しますね。

まず、ソーシャルレンディングのサービスを運営している事業所が投資家からお金を集めて、そのお金を企業に貸し出します。

そして、企業は毎月決まった利率の利息をつけて投資家に返済を行わないといけません。

この利息を投資家とソーシャルレンディング事業所が分け合うことで、投資家はお金を増やすことができますよ。

このように、ソーシャルレンディングは新しい事業を行いたい企業と、お金を増やしたい投資家をつなげる架け渡しの役割を担っています。

ソーシャルレンディングのメリット4つ

ソーシャルレンディングには以下のようなメリットがあります。

  • 難しい知識がいらない
  • 投資経験に関係なく安定した利回りを得られる
  • ほったらかしで良い
  • 少額から投資を始めることができる

難しい知識がいらない

投資は難しいというイメージを持ちますよね。

株やFXだと投資方法や用語などの最低限の知識が必要になりますが、ソーシャルレンディングは特別な知識がいりません。

口座開設をしてお金を入金すれば、すぐに投資を始めることができますよ。

投資経験に関係なく安定した利回りを得られる

ソーシャルレンディングは他の金融商品と違い、価格変動がありません。

したがって、投資を長い間、経験している上級者と、投資をやったことがない初心者でも成績の差が出にくいです。

安定した高い利回り(投資したお金に対しての収益の割合)を得られるのもソーシャルレンディングの魅力ですね。

平均利回りは8%を超えており、他の投資商品と比べてもかなり高い利回りとなっています。

ほったらかしで良い

ソーシャルレンディングは一度、投資を始めると運用期間が終了するまで特にすることがありません。
普段の仕事で忙しくて、投資のことに時間を割けない人におすすめです。

株のように日々の値動きをチェックしなくてもいいので、余計なストレスもたまりませんよ。

小額から投資を始めることができる

ソーシャルレンディングでは最低1万円から投資を始めることができます。
1万円なら飲み会を2〜3回我慢すれば、貯められる金額ですよね。

まずは少額から投資を始めてみて、ソーシャルレンディングへの投資に慣れてきたら、まとまった金額を投資するのもいいですよ。

ソーシャルレンディングのデメリット4つ

ソーシャルレンディングは魅力的な投資方法ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 預けたお金がすぐに引き出せない
  • 短期的にお金が増えない
  • 運用期間が変更になる場合がある
  • 貸し倒れや元本割れをするリスクがある

預けたお金がすぐに引き出せない

一度、ソーシャルレンディングで投資を始めると、運用期間が終了するまでは預けたお金は引き出せません。

運用期間は長いもので36ヶ月間、運用する案件もあるので、しばらく使うことのないお金で投資をすることをおすすめします。

運用期間が変更になる場合がある

ソーシャルレンディングは、投資したお金が予定通りに返ってこない場合もあります。

お金を貸した企業側の返済が遅れたら、当然、運用期間も長くなりますよね。
逆に返済が早まれば、運用期間も短くなります。

ソーシャルレンディングでは運用期間の変更が発生しやすいので注意が必要です。

短期的にお金が増えない

元本の価格変動がないため、FXや仮想通貨投資のように急にお金が増えたりはしません。

ソーシャルレンディングは安定した利回りでコツコツと運用する投資方法だと考えたほうがいいですよ。

貸し倒れや元本割れをするリスクがある

お金を貸し出している企業が借りたお金の返済ができなくなったり、ソーシャルレンディングを運営している事業所が倒産してしまうと、貸したお金が返ってこなくなるリスクがあります。

また、予定通りの運用が行われずに、預けたお金が減ってしまうこともありますよ。

ソーシャルレンディングに初めて投資する場合は、大手のソーシャルレンディング事業所を利用することをおすすめしますね。

私が実際に利用しことがあるソーシャルレンディング事業所だと、おすすめは以下のとおりです。

  • maneo
  • クラウドバンク
  • クラウドクレジット

ソーシャルレンディングへ投資をしてみて感じたこと

ここまでソーシャルレンディングのメリット・デメリットを紹介してきましたが、実際に投資をしてみた経験談が気になるのではないでしょうか。

ここからは、私自身がソーシャルレンディングに投資をしてみて感じたことを紹介していきますね。

ソーシャルレンディングは気楽に投資ができる

私は仮想通貨への投資経験がありますが、ついつい毎日の値動きが気になってしまいました。

価格が日々、変動しているため投資するタイミングも難しいです。

利益が出ていればもちろんうれしいですが、損失が出ると大事なお金もなくなってしまい、気分が落ち込んでしまうことも…。

銘柄選びに費やした時間も無駄になってしまうため、私には株や仮想通貨などの値動きが激しい投資方法は私には合わないと感じましたね。

投資に時間をかけずに、しかも安定的に利益を得られ投資先を探していたところ、「ソーシャルレンディング」を見つけました。

まだ新しい投資方法なので、不安はありましたが、1万円から投資できるので、もし失敗しても勉強代だと割り切って投資をしてみたことがきっかけです。

結果的に、ソーシャルレンディングは投資に時間をあまり使わずできて、しかも安定的に利益を得られるので私にピッタリの投資方法でしたね。

投資の勉強に時間を割けない場合や、短期トレードが苦手に感じる場合にもおすすめできますよ。

投資を行っている感覚がなくなる

運用期間が終了するまでは何もする必要がないため、投資を行っている感覚もなくなりました。

私の場合は、ストレスを感じなくて良いのですが、株やFXのようにチャートをみながら、自分の判断で投資を行いたいなら物足りなく感じると思います。

そういった方にはおすすめできない投資になりますね。

投資をする事業所を分けたほうが良い

ソーシャルレンディングは1つの事業所ではなくて、複数の事業所に分けて投資することをおすすめします。

私はまだ経験がありませんが、投資している事業所が倒産してしまったら、せっかく預けた大事なお金が戻ってこなくなりますよ。

分散させることで、そういったリスクを抑えることができますね。

おすすめの事業所は以下のとおりです。

私も実際にこれらの事業所にも投資をしていますし、運用実績があるので、安心して投資ができますよ。

ファンドを分けて投資したほうが良い

続いて、ファンドに投資をするときにもリスクを分散させる投資方法を紹介しますね。

私はもし、5万円を投資するのなら、1つのファンドに5万円を投資するのではなくて、5つのファンドに1万円ずつを投資するようにしていますよ。

5万円をまとめて1つのファンドに投資をした場合に、そのファンドの運営がうまくいかないと、利益が出なくなるのは当然のこと、5万円全部が戻ってこない場合もあります。

5つのファンドに1万円を分けて投資すれば、こういったリスクを分散させることができますよ。

さらに言えば、不動産、新興国、太陽光発電など、投資先のジャンルも分けるようにしていますね。

このように「事業所とファンドのどちらも分散させて投資をする」

これがソーシャルレンディングに投資をするときのポイントだと私は思いますね。

もちろん、ソーシャルレンディングだけでなくロボアドバイザーも手間がかからず、おすすめできる投資先になります。

自分の運用スタイルに合った投資方法を組み合わせて、なるべくリスクを分散させて資産運用を行いましょう。

さいごに

今の時代、銀行にお金を預けてもほんのわずかしか増えません。

自分自身で資産運用を始めてお金を増やすことのほうが、これから大事になっていくと思います。

ソーシャルレンディングへの投資を始めることで、資産運用に対するハードルも低くなりますよ。

ここで紹介したメリット、デメリットをしっかりと理解して、ソーシャルレンディングへの投資を始めてみましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

Webライター。1990年生まれ、福岡県北九州市出身。元寿司職人。田舎フリーランス養成講座を受講してWebライターの道へ。得意ジャンルはソーシャルレンディングやキャッシュレスなどのお金についてです。好きな食べものはイワシの握り。

執筆メンバの一覧を見る